Income Apporoach-MC(Monte Carlo method)

無形資産の価値評価-モンテカルロ・シミュレーションを用いた評価
インカムアプローチに動的な性質を持たせた評価方法である。具体的には、インカムアプローチでは将来利益の不確実性の問題は避けられない。また、研究開発投資をはじめとして無形資産に対する投資の成功確率はそれほど高くないことが知られている。

動的な性質はモンテカルロ法(Wikipedia)による。

こうした課題に対して、将来利益に影響を与えるファクターを識別した上で、当該ファクターの変動の影響に確率論的な要素を取り込むことである。具体的には、その名のとおり、乱数を発生させて検証したい事象と擬似的な状況を作り出すことにより、実際には起こっていない種々の現象を検証する方法である。

一方で、確率分布に基づくことから、無形資産をテコに企業価値を創造しようとする経営者やマネージャーに適切な動機付けとならない可能性があることが懸念されている。

  • 分析のイメージ

 

*関連するアプローチはこちら(本サイト)
*関連する書籍はこちら(本サイト)

用語集TOPへ戻る

 
  • モンテカルロ・シミュレーションには”Crystal Ball”というソフトウェアを使用することが一般的です。下の書籍はその参考書になります。 

  •  

  • Crystal Ball の日本語版は構造計画研究所にて取り扱っています。