フィルム写真の魅力


立花幹彦の風景写真展へようこそ



 20代の後半、写真家の前田真三氏と竹内敏信氏の作品に魅了され、本格的に写真を始めました。身近な北海道を再発見したく、25歳から30歳までの6年間に、全道各地で約2万枚の風景を撮影しました。その中からお気に入りの16点をご紹介します。  

 

 当時はまだデジタルカメラがない時代。高級なフィルムカメラには手が届かず、中古の一眼レフカメラを購入し、レンズは50ミリと135ミリの2本に限定しました。ただフィルムだけは一級品にこだわり、鮮やかな色が出せるプロ仕様の製品を使いました。高価なフィルムをムダにしないよう被写体と真剣勝負で向き合うのですが、満足のいく写真はなかなか撮れませんでした。  

 

 年に数回、シャッターチャンスが巡ってきます。いい被写体に出会うと、自分の足を使って絵になる場所をひたすら探し求めます。望遠やズームレンズを持たないため、被写体の大小は自分の立ち位置で調整するしかありません。「ここだ」という場所を見つけ、三脚を立ててカメラをセッティング。ファインダーの構図(フレーミング)に全神経を集中し、そして最後に気合を入れてシャッターを切ります。今のデジタル写真と違い、あとからトリミングや色調整ができない「一発撮り」。こういう撮影スタイルのため、私にとって風景写真の撮影とは、集中力と体力勝負といっても過言ではありません。若い時だからこそ、できたのでしょう。  

 

 こうして撮影した作品の数々は、大きくプリントして額に入れ自宅のリビングに飾っています。十数年を経ても、見るたびに撮影時の風の匂いや空気感がよみがえるのを感じます。デジタル全盛の時代においても、フィルム写真の魅力は変わることなく、これからも私を魅了し続けることでしょう。  

 

 (2011年 たちばな・みきひこ)





- 1 -   ラベンダー色の街       


 夕暮れの小樽で撮影した私の一番のお気に入り。全体が紫色がかっているのはフィルターによるものではなく、シャッタースピードを遅くしたときの、このフィルムの発色特性による。そういうテクニカルなことは抜きにしても、雪の紫色と街灯の青緑が幻想的で最高に美しい仕上がりだ。

<メモ>
撮影年月:1995.01 小樽市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 2 -  黄金の利尻富士       


 オロロンラインをひたすら北上。サロベツ原野の稚咲内海岸で、利尻富士に沈む夕日を狙った。蛇行する河口をアクセントにした会心の一枚。余談ですが、この写真をぜひ買いたいという知人に、実費(プリント代と額縁の5千円)でお分けしました。

<メモ>
撮影年月:1994.08 豊富町
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF135mm F2.8
フィルム:フジクローム RDP-II


- 3 -  紫香るラベンダー       


 ラベンダーの香りや空気感を伝えたいと思い、さわやかな香りに誘われて蜜をすうチョウをとらえてみた。ラベンダーの香りには気持ちを沈静させる効果があるというが、写真の淡い紫色にも同じ効果があるのではないかと思う。

<メモ>
撮影年月:1996.08 中富良野町
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF135mm F2.8
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 4 -  羊蹄の春       


 5月、晴天の羊蹄山。山麓は雪もすっかり解けているが、4合目以上は残雪の反射で白く輝いている。青い空とのコントラストが美しい。流れるひとつかみの雲が帽子のように山頂にかかった瞬間をとらえてみた。

<メモ>
撮影年月:1993.05 倶知安町
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム RD


- 5 -   網走港の朝       


 私の故郷・網走で撮影した一枚。早朝5時ごろの網走港では、日の出を合図に漁船たちが一斉に出漁していく。アーチ型クレーンを大胆に使った構図が、結果として力強い表現となった。

<メモ>
撮影年月:1997.05 網走市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 6 -   私の暮らす街・星置       


 今度は現在私が住んでいる星置駅周辺。JRの跨線(こせん)橋から撮影した。鉄路に夕日が反射して美しい金線が優雅な弧を描いている。そこに通過する列車にシャッターをあわせた。ジャストタイミングだ!

<メモ>
撮影年月:1997.04 札幌市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF135mm F2.8
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 7 -   秀峰斜里岳       


 故郷の網走で撮影した斜里岳。残雪が夕日で美しく輝いている。鱒浦港の灯台を手前に配してワンポイントとした。ここから見る斜里岳はいつ見ても本当に美しい。左右に均整のとれた、なだらかな稜線(りょうせん)は絶品。まさしく秀峰といえる。

<メモ>
撮影年月:1996.05 網走市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF135mm F2.8
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 8 -   静寂の湖       


 夕暮れの裏摩周で撮影した一枚。この湖が持つ独特の「摩周ブルー」に夕焼け空の「オレンジ」が調和して絶妙の配色だ。湖の輪郭や木々はシルエットとして処理した。「神秘の湖」の一日がひっそりと終わろうとしている。

<メモ>
撮影年月:1996.08 清里町
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 9 -  夜明けの摩周湖       


 摩周湖の撮影は難しい。濃霧もさることながら、晴れても「絵はがき的」な写真が多くなる。必然的に夜明けか夕暮れを狙うことになる。No.8の「静寂の湖」も、そうして撮った一枚。この湖のこういう性格が、私を引き付けてやまないのだろう。

<メモ>
撮影年月:1996.01 弟子屈町
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 10 -  25歳「デビュー作」       


 風景写真を始めてから、初めて自分で満足のいく仕上がりとなった私の思い出の作品。この過程で「風景写真は引き算」(不要なものをフレームからはずす、シャドーでつぶす、ハイライトで飛ばす)という基本を習得した。25歳の頃です。

<メモ>
撮影年月:1992.08 石狩市
カメラ :Canon EOS100
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:コダック Ektar 25


- 11 -  轟音(ごうおん)       


 荒れ狂う日本海の波が、防波堤に容赦なくたたきつける。自然のなかでは、人間は何てちっぽけな存在だと思い知らされる瞬間だ。

<メモ>
撮影年月:1996.08 浜益町
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 12 -  羽ばたくとき       


 故郷の濤沸(とうふつ)湖・白鳥公園で撮影した。雄大な斜里岳に向かって白鳥たちが一斉に旅立つ。渡り鳥は地磁気を頼りに飛行するというが、なんとコンパクトなレーダー、そして高性能なナビゲーションなんだろう!「次の目的地へ仲間たちと、いざテ-クオフ!」

<メモ>
撮影年月:1997.01 網走市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 13 -  グラマーな貴婦人       


 小樽港に寄港する日本丸。その優雅で均整のとれたプロポーションは「海の貴婦人」にふさわしい。最高の芸術作品といえる。

<メモ>
撮影年月:1995.05 小樽市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF135mm F2.8
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 14 -  蒼(あお)い岬       


 厳寒の祝津岬。蒼(あお)い色が「寒さ、静けさ、寂しさ」を物語っている。私の最近のお気に入りの一枚。

<メモ>
撮影年月:1998.01 小樽市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 15 -  落日の港       


 夏の夕暮れ、小樽埠頭(ふとう)で撮影。水面のゆったりとした、おだなかな波のリズムと柔らかい潮騒は、都会の喧騒(けんそう)を忘れさせ私をリラックスへと導く。

<メモ>
撮影年月:1997.08 小樽市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF135mm F2.8
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional


- 16 -  無音の街       


 音もなく降り続いた雪がやみ、マチ全体がパウダースノーに包まれている。実に静かな夜。時間もゆっくり流れているようだ。

<メモ>
撮影年月:1995.01 小樽市
カメラ :Canon EOS630
レンズ :EF50mm F1.4
フィルム:フジクローム Velvia50 Professional



 


ご鑑賞ありがとうございました



ご感想など

mtatibana@yahoo.co.jp

までメールをお寄せください