09:改装後の武雄市図書館への感想など

※スターバックスの話題に関しては、こちらです。
 

  
LOOK!
※神奈川新聞の論説より。
 

 
※TVでの「この図書館が嫌だったら他所の図書館に行きゃあいいんですよ。ほんとに」という樋渡啓祐の信じられない発言。
 
※視察をした人物のブログの内容について、おかしな部分を指摘しています。
 

 
※改修前のアンケートが酷かったので、当然懸念はあります。
 
※そして、どうやら懸念どおりという状況のようです。
 

 
※不用意な発言をする理由は、そういう考え方が中に存在しているからなのではないでしょうか?
 

 
※実際に施設を訪れた方の感想やレポート。そして、それに対しての所感など諸々。
 
※問題点の整理として。
 
※問題点のおさらい・本問題の初見の方に。
 
※開示請求の提出、そして前回開示された書類の実物確認などを兼ねての訪問。
 
※オープンから間もなく半年。改善は見えません。
 
粕屋町の本田よしえ議員のブログ「かすや通信」より。様々な視点からの感想。
 
※地元学生のストレートな意見。
 
※レポートではなく感想文だそうです。内容もそんなレベルです。
 
※かなり詳細なレポート。4シリーズあります。
 
 
※ご夫婦で拷問された方の感想です。
 
※「何故地元に税収のあがらない方法を選択したか」という疑問の回答はどこにあるのでしょうか?
 

 
※書架整理にボランティアを募るという話があり、その考え方に違和感があります。
 
※ボランティアの件と並行して考察されていますが、バリアフリーなどの対処が図書館に足りないようです。
 
 
※公共施設について「気に入らなければ利用するな」と言っておきながら、狂信的な支持者ナオカゲがボランティアについて語っています。
 
 

 
LOOK!
 
 
※この学生さんからの意見に対して、樋渡啓祐の支持者からこんな言葉が浴びせられました。
 
◆そのキャプチャ
 
※子供に対してこんな発言をして許されるのでしょうか?
 
※当サイトをまとめている私がこの発言を見て怒りのまま発言し、そしてそれに対して他の支持者が私の発言の一部を切り出し、更に印象操作を仕掛けた経緯がこちらになります。
 
※そして、更にその件を樋渡啓祐にはブロックされているので、武雄市のFacebookに書き込みましたが、「個人を中傷する内容」ということで非表示にされました。
 
 
 
※そのため、違う内容を書き込みましたが、また削除される可能性があるため新たに魚拓してあります。
 
※樋渡啓祐や市は都合が悪いことに関してはこのような対応をします。
 
 
※どこの政党を支持しようと、誰を支持しようともちろん自由ですが、大人達の都合によって子供を蔑ろにして良いはずがありません。
 

 
※この報告の中で席に座っていた時にスタバ店員に「注文はお済みでしょうか?」と聞かれたという話があります。
※最初の段階でスターバックスの店舗検索で見た時には、武雄市図書館のスタバの座席数は6席でしたが、現在は102席になっています。
スターバックス店舗検索:佐賀県 また変更される可能性があるため[魚拓]
※しかし、開示請求をかけたところ、許可申請を行なっているのは6席のようです。
※それをまとめたブログがこちらになります。
 
※更に、開示請求資料からの考察もあります。
 
※上記の経緯が諸々とまとまっています。
 
※市長もニュースになったこともあり、謝罪のようなことをしたわけですが、どう見ても謝罪している気持ちは伝わってきません。
 
※上記の経緯の中でも考察されていますが、席数が変わり「共有席」という名称が新たに出てきたわけですが、その席の扱いはどうなるのか?という考察を含め、市民の声を反映したまとめがこちらになります。
 
※実際の運用がどうなっているのか試した方もいらっしゃいます。
 

 
※このように色々な経緯があるにも関わらず「スタバエリア」「スタバスペース」などという造語を駆使して、粘着してデマ情報を流し市民を誤読させようと暗躍するナオカゲという人物もいます。
 

 
武雄市図書館を訪れた方のレポートと反応 togetterより
 

 
※そして、それらのレポートを見て「写真撮影」のルールについての考察されたもの。
 

 
 

 
※ちなみにこちらは、正式オープン直前の記録です。
 
 

 
日本Facebook学会理事さんのところに、図書館の内覧会のお知らせが届いたようです。
武雄市図書館内覧会のお知らせ [※問題があったのか、該当記事は既に削除されているため魚拓です] 自由奔放すぎ「ねぼ」の備忘録 より
※31日が一般市民開放デー。市民を後回しにして関係者のみに招待のお知らせが届いているようです。「誰のための図書館」なのでしょうか?
「開館」ではなく「開業」だそうです。公共図書館ではないものが作られたということでしょうか?
市長Facebookへのコメント [※問題があったのか、コメントは既に削除されているため魚拓です] 樋渡啓祐Facebook
※かなり広い範囲、大勢の方々に内覧会の案内が出ていたようです。市民は置き去りです。 
 
 3/28(木)16時~17時半 招待者のみ?
 3/29(金)13時~14時 報道関係者と招待者?
 3/30(土)10時~17時 招待者のみ?
 3/31(日)14時~17時 一般市民開放デー
 
 
※こちらが実際の様子がニュースになったものです。
※市長はこれを「政治集会」などと評し揶揄しています。
 
※この件に関して市長がブログを書いています。
※ブログ内では「賛否両論あって当たり前」と書いていますが、実際の言動はこんな感じです。
 
※意図的なのか「武雄市図書館に対して主に反対されている皆さん」というような書き方をしています。
※「是非館内を見てもらいたかった」という主旨のことを書いていますが、「一般の方の入館はNG」ということで拒否しています。
 

 
※ですが、市民ボランティアは入館可能のようです。
※ブログの中で「入館のための所要手続き」と書かれており、それに身分証明が必要なようですが、どのような手続きかはわかりませんでした。
 
※職員の発言によると、手続きとは「安全管理に関わる手続き」だそうです。
小松政氏の発言[魚拓]Twitterより
※では、市民の会に対しての内覧に関しても、手続きを経れば可能だったのではないでしょうか?
 
※ちなみに写真撮影は禁止だそうです。
※最初にとった魚拓1と後からとった魚拓2を比べると「事前入会の特典として、スターバックスのコーヒー引換券を頂きました」という記述が消えています。
※また、T-POINTのジャケットを着た人がいる写真も削除されています。
 
※Facebookはそのままのようです。
※Facebook上で意見を提言している人々に対しての印象操作が活発です。
※正論の意見も書かれていますが、削除される可能性が高いので新たに魚拓をとりました
 
※市役所のFacebookにもボランティアに関しての情報が掲載されました。
※こちらには「保険適用のため」と書かれています。
※「最初から保険が適用される」と決まっていたのであれば、大事なことですので市長がブログに書く際も掲載すべきだっと感じます。
※保険をかけてもらえるようで一安心ですが、ボランティア活動保険への加入に身分証明は不要ですので、何か違うタイプの保険なのでしょうか?
2chの見解がなかなか興味深かったです。
 

 
※しかし、市議さんは「ちょっくら」などと軽い感じで見学して写真を撮影した上でブログに載せるのもOKなようです。
※ブログから写真を消したようですね。