official memos

個人記録



外国出張

 7. 9. 2 -  9.24 アメリカ,スペイン(AVIOS 95, EuroSpeech 95マドリッド)
 8.10. 2 - 10. 9 アメリカ (ICSLP 96 フィラデルフィア)
 8.12. 1 - 12. 8 アメリカ (ASA-ASJ Joint Meeting, ホノルル)
 9. 9.20 -  9.28 ギリシャ (EuroSpeech 97)
 9.12.13 - 12.19 アメリカ (IEEE Workshop ASRU サンタバーバラ)
10. 5. 9 -  5.17 アメリカ (ICASSP 98 シアトル)
10.11.28 - 12. 5 オーストラリア(ICSLP 98 研修)
11. 3.16 -  3.27 アメリカ (ICASSP 99 フェニックス, MIT, BU, Microsoft)
11. 5.23 -  5.29 フィンランド(Robust Speech Recogniton Workshop)
11. 9.05 -  9.12 ハンガリー(EuroSpeech 99 ブタペスト工科大,COCOSDA,研修)
11. 11.29 - 12.03 中華人民共和国(科学院声学研究所)
11. 12.11 - 12.17 アメリカ合州国(ASRU1999出席, スノーバード)
12.  3.15 -  3.19 アメリカ合州国(LDC訪問, フィラデルフィア,研修)
12.  6. 3 -  6.10 トルコ共和国(ICASSP出席,出張(科研))
12. 10. 3 -  6.10 中華人民共和国(ICSLP出席,出張(科研))
13.  アメリカ合州国(ICASSP2001 出席,出張(科研))
13.   オランダ(EuroSpeech2001,オールボー,出張(科研))
13. 12.08 - 12.14 イタリア(ASRU出席,出張(科研))
14. 05.10 - 05.11 韓国(ICSS出席, ソウル,研修)
14. 05.12 - 05.19 米国(ICASSP2002, オーランド,出張(委任経理金))
14. 09.14 - 09.22 米国(ICSLP2002, Denver,出張(科研))
15. 07.06 - 07.09 米国(ICME2003, バルチモア,出張(産学))
15. 08.31 - 09.05 スイス(EuroSpeech2003, ジュネーブ,出張(産学))
15. 11.02 - 11.06 米国(研究打ち合わせ,ボストン,出張(産学))
16. 01.10 - 01.16 米国(SWIM,MAUI,出張(科研))
16. 02.19 - 02.22 米国(研究打ち合わせ,ボウルダー,出張(産学))
16. 05.16 - 05.21 カナダ・米国(ICASSP出席(モントリオール),研究打ち合わせ(ボストン),出張 (産学))
16. 10.07  -10.08  韓国(ICSLP出席(済州島),出張(産学))
17. 03.16  -03.25  米国(HSCMA出席(Piscataway),ICASSP出席(Phiradelphia)出張(産学))
17. 09.01  -09.09  ポルトガル(DSPinMobile出席(Sesimbra),InterSpeech出席(Lisbon)出張(産学))
17. 10.07  -10.10  米国(Saint Fransico NEDO国際共同研究打ち合わせ,出張(NEDO-grant))
17. 10.30  -11.01  中国(杭州 Microsoft Faculty Summit,出張(校費))
18. 05.16  -05.24  フランス・トルコ(ICASSP,プロジェクト打ち合わせ)
18. 08.29  -09.02  中国(北京 ICICIC発表,座長)
18. 09.18  -09.23  米国(ピッツバーグ,ICASSP発表)
18. 10.19  -10.22  米国(ダラス,NEDO共同研究打ち合わせ)
18. 11.28  -12.04  米国(ホノルル,日米ジョイントミーティング)
19. 01.    -02.    シンガポール(NEDO共同研究打ち合わせ)
19. 04.    -04.    韓国(研究打ち合わせ)
19. 06.            トルコ(イスタンブール,IV, DSPinCar)
19. 09.23  -09.28  オーストリア(ウイーン, ISMIR)
20. 01.17  -01.22  イタリア(トリノ,NEDO共同研究打ち合わせ)
20. 03.30  -04.04  米国(ラスベガス, ICASSP発表)
20. 05.28  -06.06  米国(サンディエゴ,共同研究打ち合わせ,デトロイト,研究訪問,サンアントニオISOワークショップ出席)オランダ(アインホーヘンン,IV2008参加)
20. 06.17  -06.19  中国(大連, ICICIC2008参加)
20. 09.20  -09.26 米国(コロンバス,ICVES出席)
21. 02.26  -03.01 米国(ホノルル,NEDO終了会議)
21. 03.03  -03.07 スエーデン(エーテボリ,ボルボテクノロジー研究打ち合わせ)
21. 04.21  -04.23 台湾(台北,ICASSP2010参加)
21. 06.24  -06.29 米国(ダラス,DSPinVehicle参加)
21. 08.24  -09.02 英国・仏国(グラスゴー,EUSIPCO参加,モンンテビエールUTBM訪問)
21. 09.24  -09.29 スエーデン(エーテボリ,SAFERプロジェクト打ち合わせ)
21. 11.09  -11.14 インド(プネ―,ICVES参加)
戻る

学会活動

1985 S60 86 S61 87 S62 88 S63 89 H01
1990 H02 91 H03 92 H04 93 H05 94 H06
1995 H07 96 H08 97 H09 98 H10 99 H11
2000 H12 01 H13 02 H14 03 H15 04 H16
2005 H17 06 H18 07 H19 08 H20 09 H21
2010 H22

○ 電子情報通信学会 8713178
 音声研究会  幹事補佐 1994.5 -- 1996.4
 音声研究会  幹事     2000.5 -- 2002.4 
 論文誌編集委員       2004.5 -- 2006.5
 論文誌編集委員会幹事 2006.5 -- 2008.5
 論文誌特集号編集長   2007.? -- 2008.8
 ISS和文論文誌(D)編集長 2008.5 -- 2010.5
 音声研究会研究専門委員 2009.4 --
 功績賞  2011
 フェロー 2013
○ 情報処理学会 9404282
 音声言語情報処理研究会 大規模連続音声データベースWG 幹事 1996.4 -- 1998.3
 音声言語情報処理研究会 研究連絡委員 1996.4 - 2000.3
 音声言語情報処理研究会 音声認識コンソーシアム 実行幹事 2001.1 -- 2003.10
 音声言語情報処理研究会 幹事 2004.4 - 2006.3
 音声言語情報処理研究会 主査 2006.4 - 2008.3
 論文誌特集号編集委員 2007.05.09-2008.08.15 (産学連携論文)
 論文誌特集号編集委員 2007.09.03-2009.02.15 (音声ドキュメント処理)
 音声言語情報処理研究会 研究連絡委員 2008.4 - 
 代表会員 2007.4 - 2009.3

○日本音響学会 6102
 データベース技術委員会 委員 1996.5 - 2001.4
 東海支部 庶務幹事 1998.5 - 2001.4
 編集委員(会誌部会) 1999.5 - 2003.4
 東海支部 評議員   2005.5 - 
 理事 2005.5-2009.4
 理事 2011.5-

○映像情報メディア学会 

 マルチメディア情報処理研究委員会委員 1999.5 - 2001.4

○GSK(言語資源コンソーシアム)

 運営委員 1999.5 - 2001.4

○自動車技術会 0812133
アクティブセイフティ委員会委員 2013.4-2014.3
○科研費研究者番号 20273295

○IEEE 40231734
ITS Society
Bord of GOverners 2014.01-
Signal Processing Society Tokyo Chapter
Secretary 2007.01 -2008.12

Nagoya Section
Student Activity Committee Chair 2005.01-2006.12

Conference Organizing Activities

Second IEEE Workshop on Interactive Voice Technology for
Telecommunications Applications (IVTTA 94)
Publication Committee Chair
1993.5 -- 1994.10

WESTPRAC VII
Techinical Program Committee Member
1998.4 -- 2000.10

2004 International Congress on Acoustics
Program Committee Secretary
1998.10 -- 2004.10

IEEE Workshop on Hands-Free Speech Communication
Organizing Committee Member
2000.7 -- 2001.4

CIAIR & IEEE Workshop on DSP in Mobile and Vehicular Systems 
Co-Chair
2002.6 -- 2003.4

ISCA & IEEE Workshop on Spontaneous Speech Processing and Recognition
(SSPR)
International Scientific Committee member
2002.10 -- 2003.4

International Coordinating Committee on Speech Databases and Speech
I/O System Assessment (O-COCOSDA2003)
Organizing Committee member
2002.10 - 2003.06

8th European Conference on Speech Communication and Technology
Scienctific Committee member
2003.01 - 2003.09

IEEE Special Workshop in Maui 
Program & Finace Chair (2004.01)

International Congress on Acoustics
Program Comittee Secretary (-2004.04)

Workshop on Real World Corpora in Mobile Environment (RWCinME)
Organizing Comittee Member (Secretary General) (2004.04-2005.04)
Sponsored by 21st Century COE at Nagoya University
Co-Sponsored by IEEE Computer Society, IEICE

Biennial on DSP for in-Vehicle and Mobile Systems
Co-chair of the workshop (2004.04-2005.09)
Sponsored by National Science Foundation, Intelligent Media
Integration for Social Infrastructure, 21st Century COE at Nagoya
University, International Speech Communication Association (ISCA),
College of Engineering at San Diego State University, Graduate School
of Engineering and Information Science, SLHS-Speech, Lang&Hearing
Science at University of Colorado at Boulder
2006
The 6th IEEE International Symposium on Signal Processing and
Information Technology, August 27-30, 2006, Vancouver,
Technical Program Committee member 
2007

Biennial on DSP for in-Vehicle and Mobile Systems,
June 2007, Istanbul
Workshop co-chair

The 9th ACM International Conference on Multimodal Interfaces (ICMI’07), 
October, 2007, Nagoya, Japan
Technical Program Co-Chair
2008

The 10th ACM International Conference on Multimodal Interfaces (ICMI’08), 
October, 2008, Chania, Greece
Technical Program Committee member

2007 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop 
December, 2007, Kyoto, Japan
Organizing Committee member, Demo Session Chair

Second International Symposium on Universal Communication
December 15-16, 2008, Osaka, Japan
Technical Program Committee member
2009
IEEE International Conference on Vehicular Electronics System,
(ICVES 2009)
November, 2009, Puna, India
Technical Program Committee, co-chair
Biennial on DSP for in-Vehicle and Mobile Systems,
June 2009, Dallas
Workshop co-chair
2009 IEEE Workshop on Computational Intelligence in Vehicles and
Vehicular Systems (IEEE CIVVS 2009)
Program Committee member
ICMI-MLMI (International Conference on Multimodal Interfaces and
Workshop on Machine Learning for Multimodal Interaction) 2009, 
Cambridge, MA, USA
Technical Program Committee, member 
The 3rd Internatinal Universal Communication Symposium,
IUCS 2009, Tokyo Japan
Technical Program Committee, member
June 22, 2009 - December 4, 2009
The 1st Europe-Asia Spoken Dialogue Systems Technology Workshop 2009,
eaSDS 2009, Germany
Technical Program Committee member
2010

ISCA Interspeech 2010
September 26-30, 2010, Makuhari, Japan
Organizing Committee member, 
Industrial Exhibision co-chair

IEEE International Conference on Information and Automation
ICIA 2010, Harbin, China,
Technical Program Committee member
7th International Conference on Informatics in Control, Automation and Robotic
ICINCO 2010, Madeira, Portugal,
International Program Committee member
International Conference on Pattern Recognition 2010,
ICPR 2010, Istanbul, Turky
Track Co-chair (Editor)
IEEE Intelligent Vehicle Sympsium 2010
IV'10, San Diego, USA
TPC member (Associate Editor)
The 4th Internatinal Universal Communication Symposium,
IUCS 2010, Beijing China
Technical Program Committee, member
October 18, 2010 - October 19, 2010
The 12th International Conference on Multimodal Interfaces and 7th Workshop on 
Machine Learning for Multimodal Interaction(ICMI-MLMI 2010)
Technical Program Committee Member
November 8-12th, Beijing, China
INTERNATIONAL WORKSHOP SERIES ON SPOKEN DIALOGUE SYSTEMS TECHNOLOGY
IWSDS 2010,

Scientific Committee Member October 1-2, 2010, Gotemba Kogen Resort, Japan
2011
2011 IEEE Symposium on Computational Intelligence in Vehicles and Transportation Systems (CIVTS)

Program Committee member, April 11-15, 2011, Paris, France
First International Conference on Future Active Safety Technology
fast-ZERO'11

Organizing Committee member, September 6-9, 2011 Tokyo Japan
The 5th Biennal Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems
Co-Chair,
September 4-7, 2011, Kiel, Germany
ICINCO 
Program Committee member,
International Conference on Informatics in Control Automation and Robotics
July 28-31, Noordwijkerhout, Netherlands
2012
IEEE International Conference on Acoustic Speech and Signal Processing
(ICASSP 2012)

March 25-30, 2012, Kyoto, Japan
Organizing Committee member, Special Session co-chair
International Conference on Pattern Recognition (ICPR 2012)
November 11-15, 2012 at the Tsukuba International Congress Center, Tsukuba, Japan

Area Chair (AC) in the Signal, Speech and Video Processing Track.
2013
2nd International Symposium 
of Future Active Safety Technologies toward zero accident 
(FAST-zero '13, Nagoya Japan)
Local Committee Chair
The workshop on digital signal processing (DSP) for in-vehicle system (DSP in-car 2013, Seoul Korea)
Organizing Committee member

International Joint Workshop on Advanced Sensing/Visual Attention and Interaction –Toward Creation of Human-Harmonized Information Technology- Advaisory Commitee member

2014
IEEE IV14, Intelligent Vehicle Symposium,Program Committee Associate Editor 
IEEE ITSC 2014, , Financial Committee co-Chair
APSIPA-ACS 2014, Panel Session Committee co-Chair
2015
FAST-zero'15
International Scientific Comittee member
2016
Universal Village Conference 2016, IEEE ITSS technical sponsorship, general co-chair
2017
Fast-zero 2017, general chair 
戻る

客員・非常勤・社会活動

非常勤講師 「メディア情報処理論1」 中京大学 14.04-09,15.04-09
非常勤講師 「音声情報処理論」 愛知県立大 情報学部 情報メディア学科 12.04-09,13.04-09,14.04-09,15.04-09
客員研究員 (財団法人)イメージ情報科学研究所 12.4-13.3 (2000.4-2001.3)
客員研究員 (株式会社) ATR音声言語通信研究所 12.4-17.3 (2000.4-2005.3)
共同研究員 核融合科学研究所                 12.4-13.3 (2000.4-2001.3)

○科学技術振興調整機構

 「科学技術・学術審議会研究評価部会」評価作業部会委員 19.09-21.3

○総務省

 「戦略的情報通信研究開発推進制度」専門評価員 14.06.28-

○知的財産研究所(特許庁)

 技術動向調査「音声認識技術・ブロードバンドを支える変復調技術委員会」委員 14.07.03 -15

○情報科学国際交流財団
 選考委員 12.06.23 - 14.03.31

○基盤技術研究促進センター

 成果管理評価員 13.10.26 - 14.05.31

○愛知県

  公害審査会委員 18.11.1 - 21.10.31
 公害審査会委員 21.11.1-
○早稲田大学

  経産省 情報家電センサー・ヒューマンインターフェイス
 デバイス活用技術開発 「音声認識基盤技術の開発」
 学術委員会委員 2008, 2009

 高等研究所テニュアトラック研究員評価委員 2009.8

○国立情報学研究所
 音声データベース推進委員会委員
○独立行政法人情報通信研究機構(NiCT)
 外部評価委員(平成21年~23n
○名古屋産業科学研究所
 
Interspeech2011実行委員会委員(平成22年9月)
 
国際諮問委員としてのSAFERに対し提言を行う・国際諮問委員(平成22年9月~平成25年8月)
平成23年度次世代自動車地域産学官フォーラム・産学連携プロジェクト化研究会委員(平成23年8月~24年3月)
CHC企画運営委員会委員(平成22年5月~)
 
低品質画像の認識原理とその応用に関する研究・非常勤所員(平成23年4月~平成27年3月)
 
音声コーパス推進委員会委員(平成23年5月~平成24年3月)
 
研究成果最適展開支援プログラム専門委員(平成23年5月~平成25年3月)
 
名古屋市立高等学校 魅力ある高等学校づくり推進研究協議会委員(平成23年7月~平成24年3月)
 
中部ハイテクセンター運営委員会委員(平成23年5月~平成25年3月)
 
人事部会委員(平成24年2月)
 
デジタル個性に関する研究・非常勤所員(平成23年5月~平成25年3月)
技術指導・非常勤所員(平成23年4月~平成25年3月)
 
 
○自動車技術会
 
FAST ZERO’13 アクティブセイフティ部門委員会委員(平成23年12月~平成24年3月)
FAST ZERO’13 推進委員会委員(平成24年5月~平成25年12月)
FAST ZERO’13 実行委員会委員(平成24年5月~平成25年12月)
 
○予防早期医療創成センター
協力教員(平成23年4月~平成24年3月)
 
戻る

科研費

○ 研究代表者

平成  9年~10年 奨励A 09780326
信号処理的手法を用いた言語のモデル化に関する研究
2,000

平成11年~13年 基盤C 11680386
確率的音声認識における音響確率と言語確率の統合方法
3,100

平成15年~17年 基盤A 15200014
分散して蓄積された音声データを用いて多様な音響モデルを構築する
方法の研究
35,300

平成18年~19年 萌芽研究(18650037)
確率モデルによる運転行動信号の生成
2007年度:  1400000円 
2006年度:  1900000円 

平成19年~21年 基盤B(19300060)
実世界劣化音声コーパスに基づく音声強調法の研究
2009年度:  4810000円  (直接経費:3700000円,   間接経費:1110000円) 
2008年度:  6110000円  (直接経費:4700000円,   間接経費:1410000円) 
2007年度:  8060000円  (直接経費:6200000円,   間接経費:1860000円) 
平成23年~24年 挑戦的萌芽研究(23650088
相平面確率モデルを用いた合唱歌唱における相互作用の動的特性の分析 
2012年度: 1300000円  (直接経費:1000000円, 間接経費 300000円) 2011年度: 2470000円  (直接経費:1900000円, 間接経費 470000円) ----------------------------------------------------------------------
○ 研究分担者(主要なもの)

平成11年~15年 COE 11CE2005 
多元音響信号の統合的理解(代表 板倉文忠教授)822,600,000円(直接計)
1999年度: 260,000,000円  (直接経費:260,000K円,  間接経費:0円) 
2000年度: 180,000,000円  (直接経費:260,000K円,  間接経費:0円) 
1999年度: 170,000,000円  (直接経費:260,000K円,  間接経費:0円) 
1999年度: 109,000,000円  (直接経費:260,000K円,  間接経費: 9,000円) 
1999年度: 123,934,000円  (直接経費:112,600K円,  間接経費:11,334円) 


戻る

受託研究等

  平成12年度(2000年度)
    イメージ情報科学研究所
       「シニア支援システムの開発」における頑健な音韻モデル
        作成法に関する研究開発
--------------------------------------------------------

 平成15~19年
  文部科学省 e-Society基盤ソフトウエアの総合研究開発
  ユーザ負担のない話者・環境適応性を実現する自然な音声対話処理技術
  「音声認識システムのフィールドテスト」

 平成15 16,200,000円
 平成16 13,900,000円
 平成17 13,000,000円
 平成18 10,000,000円
 平成19  9,000,000円
 (62,100千円)
--------------------------------------------------------
  平成17年10月~19年9月
    NEDOグラント
   実世界データベースに基づく自動車運転行動信号処理の先導的研究
  70,000(千円)
終了評価結果
--------------------------------------------------------
 平成20.8~ 平成23.3(予定)
  戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
  「運転行動のセンシングと理解に基づく次世代ドライブレコーダの研究開発」
 (65,000千円(予定))

 平成20 43,401,000円  (直接34,012,000円 間接 9,389,000円)
 平成21 46,053,000円  (直接35,978,000円 間接10,057,000円)
 平成22 43,371,000円 (直接33,362,000円 間接10,008,000円)
---------------------------------------------------------
 平成21.10 - 平成27.3 (予定)
戦略的創造研究推進事業(CREST)
「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」(東倉洋一 研究総括)
「行動モデルに基づく過信の抑止」(298,378千円(計画))
 平成21 30,378,000円 
 平成22 56,000,000円
 平成22 61,500,000円
  平成22 58,000,000円
  平成22 51,500,000円
  平成22 41,000,000円

戻る

共同研究

○平成16年
 豊田中央研究所
 ビジネスデザイン研究所
 メディアドライブ
----------------------------
○平成17年
 ビジネスデザイン研究所
 エクオスリサーチ
 豊田中央研究所
----------------------------
○平成18年
 トヨタ自動車
 エクオスリサーチ
 三菱化学
 豊田中央研究所
----------------------------
○平成19年
 トヨタ自動車
 エクオスリサーチ
 三菱化学
 豊田中央研究所
----------------------------
○平成20年
 三菱化学
 ブラザー工業
 豊田中央研究所
----------------------------
○平成21年
 NTT研究所
 ブラザー工業
 富士通研究所

戻る
 
平成18年度エフォートレート
NEDOグラント 実世界データベースに基づく自動車運転行動信号処理の先導的研究(25%)
科研費(萌芽) 確率モデルに基づく自動車運転行動のモデル化に関する研究(15%)
リーディングプロジェクト ユーザ負担のない話者・環境適応性を実現する自然な音声対話処理技術(15%)
共同研究 4件(10%)
教務・学務(20%)
定常研究業務(15%)
----------
平成19年エフォートレート
NEDOグラント 実世界データベースに基づく自動車運転行動信号処理の先導的研究(25%)
科研費(基盤B) 実世界劣化音声コーパスに基づく音声強調法の研究(10%)
科研費(萌芽) 確率モデルに基づく自動車運転行動のモデル化に関する研究(10%)
リーディングプロジェクト ユーザ負担のない話者・環境適応性を実現する自然な音声対話処理技術(10%)
共同研究 4件(10%)
教務・学務(20%)
定常研究業務(15%)
---------
平成20年エフォートレート
NEDOグラント 実世界データベースに基づく自動車運転行動信号処理の先導的研究(15%)
科研費(基盤B) 実世界劣化音声コーパスに基づく音声強調法の研究(10%)
戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE) 「運転行動のセンシングと理解に基づく次世代ドライブレコーダの研究開発」(20%)
イノベーション創出若手研究人材養成プログラム「社会貢献若手人材育成プログラム」(2%)
共同研究 1件(13%)
教務・学務(20%)
定常研究業務(20%)

戻る

略歴

  昭和60年  (1985) 3月25日 
    名古屋大学 工学研究科 博士課程(前期課程)修了
  昭和60年  (1985) 4月  1日
    国際電信電話(株)入社
  昭和61年  (1986) 7月  1日
    (株)国際電気通信基礎技術研究所 出向  
  昭和63年 (1988) 11月 ~平成元年 (1989) 4月 
    マサチューセッツ工科大 滞在研究員
  平成 2年 (1990) 2月 
    国際電信電話(株)研究所 復職
  平成 5年 (1993) 9月29日
    博士(工学)
  平成 7年 (1995) 4月  1日
    文部教官助教授 工学部(名古屋大学 総長)
  平成13年  4月  1日
    文部科学教官助教授 工学研究科 (名古屋大学 総長)
  平成15年(2003)  4月  1日
    文部科学教官教授 情報科学研究科 (名古屋大学 総長)
 平成XX(XXXX) X月 X日
   未来社会創造機構 教授
 平成X

戻る

委任経理金

  9. 3.28 人工知能研究振興財団   1,500
  9. 7.18 立石科学技術振興財団   1,000
  9. 8.19 京都高度技術研究所     2,000
 10.12.18 京都高度技術研究所     3,000
 11. 3.26 小笠原科学技術振興財団 5,000
 11. 5.17 日比科学技術振興財団   1,000
 11.      京都高度技術研究所     1,000
 12. 1.   小笠原科学技術振興財団 5,000
 13. 3.27 小笠原科学技術振興財団 5,000
 15.11.01 日東紡音響株式会社       200
 16.11    富士通研究所株式会社     500
 17.11    富士通研究所株式会社     500
 17.12    マイクロソフト株式会社   200

戻る

略歴

 
昭和60年名古屋大学 工学研究科 博士課程(前期課程)修了●同年国際電信
電話(株)入社● 昭和61年(株)ATR自動翻訳電話研究所出向●昭和63年~
平成元年 マサチューセッツ工科大滞在研究員●平成2年国際電信電話(株)
復職●平成7年名古屋大学助教授●平成15年同教授

戻る

特許

特願 2008-270024 心理状態推定装置及び心理状態推定方法 08.10.20
特願 2008-195156 車線変更警報装置及びプログラム 20.7.29
特願 2008-090755 運転支援装置
特願 2008-090777 運転支援装置及び運転支援方法
PCT/JP2006/326041
特願 2006-101053 ドライバモデル作成装置、運転支援装置、及び運転行動判定装置
特願 2005-378929 運転行動推定装置、運転支援装置
特許 4781104
特願 2003-112684 モデルデータ生成装置、モデルデータ生成方法、およびこれらの方法
特願 2003-072451 発話区間検出方法、信号入力遅延時間検出方法および音声信号処理装置
特願 2001-333930 
特開 2003-140686 音声入力の雑音抑制方法、雑音抑制制御プログラム、記録媒体、及び音声入力装置
特開 2000-284798 話者照合装置及び方法
特開 平10-097274 話者認識方法及び装置
特開 平08-211888 音声認識における環境適応方法及び環境適応形音声認識装置
特開 平08-181779 着信先情報自動通知サービス装置
特開 平08-139813 国番号およびエリアコード自動案内装置
特開 平08-115093 終話検出方法及び装置並びに連続音声認識方法及び装置
特開 平08-006590 音声対話のための音声認識方法及び装置
特開 平07-261786 連続音声認識方法及び装置
特開 平07-036479 自由発話音声認識方法
特開 平06-214595 音声認識方法
特開 平06-214594 音声認識方法
特開 平06-214590 電話交換機の接続方法および音声認識方法
特開 平06-180593 連続音声認識方法および該方法を用いた装置
特開 平06-118989 連続音声認識方法
特開 平06-118987 音声認識方法
特開 平05-027794 音声認識方法


特許 5826502 音響処理装置
特許 4915874 運転支援装置
特許 4900967 運転支援装置及び運転支援方法
特許 4781104 運転行動推定装置、及び運転支援装置
特許 4791874 運転支援装置及び運転行動判定装置
特許 4426479 単語階層関係解析装置及びそれに用いる方法、単語階層関係解析プログラム
特許 4486897 運転行動認識装置
特許 3699608 話者照合装置 特許 3925734 対象音検出方法、信号入力遅延時間検出方法及び音信号処理装置 特許 3285704 音声対話のための音声認識方法及び装置 特許 3004883 終話検出方法及び装置並びに連続音声認識方法及び装置 US Patent: 5,425,127 Speech Recognition Method US Patent: 5,740,318 Speech endpoint detection method and apparatus and continuous speech recognition method and apparatus US Patnet: 6,879,968 SPEAKER VERIFICATION APPARATUS AND METHOD UTILIZING VOICE INFORMATION OF A REGISTERED SPEAKER WITH EXTRACTED FEATURE PARAMETER AND CALCULATED VERIFICATION DISTANCE TO DETERMINE A MATCH OF AN INPUT VOICE WITH THAT OF A REGISTERED SPEAKER
中国 ZL 2006 8 0049978.0

招待講演 (国内)

  8.8     電子情報通信学会 ビギナーズセミナー
  9.8     電子情報通信学会 ビギナーズセミナー
  9.8     情報処理学会 技術講習会 「基礎からディクテーションまで」
  9.XX.XX 情報処理学会北陸支部
 10.08    情報処理学会 技術講習会 「基礎からディクテーションまで」
 10.09.   電気学会東海支部連合大会 シンポジウム
 10.10.   IPA技術発表会
 10.11.16 金沢大学
 11.08    情報処理学会 技術講習会 「基礎からディクテーションまで」
 11.10.13 IPA技術発表会(情報処理事業振興事業団)
 11.09.24 小笠原財団 「音声認識シンポジウム」(パネラー)
 12.08    情報処理学会 技術講習会 「基礎からディクテーションまで」
          SLP シンポジウム
          話言葉ワークショップ
          話言葉ワークショップ(パネラー)
 14.09    音声データベースの現状・動向および利用形態
          日本音響学会2002年秋季研究発表会 (招待講演)
 15.03.18 音声認識の利用範囲を拡大するための音声コーパスの拡張
     日本音響学会2003年春季研究発表会(招待講演)
 15.03.26 連続音声認識の基本技術と研究動向(依頼講演)
          中部科学技術センター・「完成・情緒型ロボット研究会」
 15.09.10 音声・映像・運転行動コーパスを用いた車内情報インタフェースの研究(招待講演)
          第2回情報科学技術フォーラム(FIT2003)イベント企画
          「車載情報システムにおける音声インタフェース」
 15.09.10 第2回情報科学技術フォーラム(FIT2003)イベント企画
          「雑音下音声認識に関する共通コーパスと評価」(パネラー)
 16.02.04 ロボットシンポジウム
     「音声入力と位置情報を利用した分散・協調案内ロボットシステム」(基調講演)
 16.11.17 愛知県高校視聴覚教育研究会 「音の情報科学」(特別講演)
 16.11.24 名古屋大学先端研フォーラム 「自動車との対話」(依頼講演)
 16.12.20 GSKシンポジウム 「大規模データのインパクト-どのようにフィー
      ルドデータから知識を抽出するか-」(依頼講演)
 17.01.20 電子情報通信学会 HIP研究会「自動車との対話」(招待講演)
 17.02.26 科学技術交流財団(特別講演)
 17.09.27 「車内音声インタフェース高度化に向けたコーパスの活用」日本音響学会秋季研究発表会(招待講演)
 17.11.11 「コーパスに基づく雑音抑圧」情報論的学習ワークショップ (招待講演)
 17.12.15 「音声コーパスと音声情報処理」電子情報通信学会パターン認識・画像理解(PRMU)研究会(チュートリアル講演)
 18.03.07 「車内情報インタフェースの高度化に向けて」(依頼講演)豊橋技術科学大学未来ビークル研究所
 19.03.22   電子情報通信学会総合大会シンポジウム「実環境における高品質収音のための音声信号処理」
      分布パラメータのオンライン推定に基づく統計的雑音抑圧(招待講演)
 20.01.10 東北大学グローバルCOEワーショップ「マルチモーダル情報システ ムの実現を目指して」
     「空間表現に着目したメディア統合: 自由視聴点TVの実現に向けて」(依頼講演)
 20.06.12 3DCコンファレンスin NAGOYA 2009:
     「車載マルチカメラ、マルチセンサーからの運転行動の理解とコンテンツ化」(依頼公演)
 21.09.10 電子情報通信学会ソサエティ大会(シンポジウムセッション ひとを測るセンサネットワーク)
     「分散センサ群による運転行動の記録・分析・コンテンツ化」(依頼公演)
 22.01.21 豊橋技術科学大学未来ビークルセンターシンポジウム
     「インディビデュアルセーフティーモデル」(依頼公演)
 22.05.31 自動車技術会アクティブセイフティ部門委員会
     「マルチメディア信号による運転行動の記録と分析」(話題提供)
 22.12.08   HASCコンソーシアム「大規模データベースに基づく運転行動信号処理とその応用」(招待講演)
 23.04.27 奈良先端科学技術大学院大学
      「行動信号処理」(ゼミナール)
 23.11.17 自動車技術会・日本ロボット学会 カーロボティクス調査研究委員会(話題提供)
      「ドライバ行動の信号処理」
 23.11.19 第54回自動制御連行講演会(キーノート講演)
      「自動車運転行動の信号処理」
 24.01.30 車載組み込みシステムフォーラム2012 (招待講演)
      「運転行動データの信号処理と運転支援」
 25.07.18 ZMPフォーラム2012 (招待講演)
      「日本型自動走行を目指して」
 26.03.19 電子情報通信学会 シンポジウム(招待講演)
      「Data Centric ITS -プローブ情報を超えて-」
 26.07.10 インターネットITS協議会総会 (基調講演)
      「データに基づく運転行動のモデル化」
 26.09.06 電気関係学会東海支部連合大会 シンポジウム講演
      「実世界データ循環が作り出す新しい価値」

招待講演 (国外)

Volunteer-Based IPA Japanese Dictation Free Software Project, 
Second International Workshop on East-asian Language 
Resources and Evaluation, pp.Inv-24-27 (O-COCOSDA'99 May, 1999, Tsukuba)
with K.Shikano, T.Kawahara and K.Itou

Evaluation of Noise Adaptive Nonlinear Microphone Array Under
Reverberant Conditions, (WESTPRAC VII, October, 2000, Kumamoto)
with Hiroshi. Saruwatari, Shoji Kajita and Fumitada ITAKURA,

Experiences in distant speech recognition research,
(IEEE Workshop on Hands-Free Speech Communication, April 2001, Kyoto)
a panelist

Expanding Speech Corpus for Real World Speech Recognition,
First International Conference on Speech Sciences
(ICSS2002 May 10-11, 2002, Seoul), Invited Speech

In-car speech recognition experiments using a large-scale multi-mode
International Congress on Acoustics
(ICA2004 April 4-9, 2004, Kyoto), Invited Paper

Enhancing In-Car Speech Communication under Real Driving Conditions -
From "Hands-Free" to "No-Distraction" 
IEEE Joint Workshop on Hands-Free Speech Communication and Microphone
Arrays, (HSCMA, March 17-18, 2004, Piscateway), Pleanary Talk

T. Fujii, K. Mori, K. Takeda, K. Mase M. Tanimoto, Y. Suenaga,
Multi-dimensional Multipoint Measurement System to Construct
Large-Scale Real-World Database - 100-camera and microphone system -,
International Display Workshop
(IDW) 2006, 3D3-3 (2006.12).

Signal Processing for modeling driving behavior
University of Michigan Transportation Research Institute (UMTRI), 
Ann Arbor, MI 48109-2150 USA,
May 30, 2007.

Signal Processing for modeling driving behavior
Chalmers University of Technology, Gothenburg, Sweden,
March 5, 2009.
Driving behavior signal processing based on a large real
driving corpus of multiple sensor signals.,
IEEE Intelligent Vehicle Symposium, 
Special Session: Human-Centered Intelligent Vehicles: Multidisciplinary Perspectives
June 21, 2010 San Diego CA.
A Signal Processing Approach to the .ANALYSIS AND MODELING OF DRIVING BEHAVIOR
Darmstadt Technical University, 
Nov. 28, 2011  
Human Behavior Signal Processing applied to improve the driving safety
SAFER, Chalmers University of Technology, Goteborg, Sweden
Feb. 24, 2011
Behavior signal processing for vehicle applications
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) Annual Summit Conference
Overview Plenary talk
Oct. 19, 2011
Behavior signal processing for vehicle applications
AC21 AC21 International Graduate Summer School, Bangkok Thailand
Invited Lecture
June 2, 2013
Modeling Head-Related Transfer Functions via Spatial-Temporal Gaussian Process
Invited Talk,
International Workshop on Spatial and Temporal Modeling from Statistical, Machine Learning and Engineering perspectives 
(STM2013), Tachikawa, Japan
August 2, 2013
----------

Session Organizing
co-organized a special session
Advanced In-car Speech Signal Processing
at International Congress onAcoustics (ICA2004 April 4-9, 2004, Kyoto)

戻る

学位審査主査

平成27年 李亦楊
Integrated Measures for Aggressiveness and Similarity of Driving Behavior Using Multiple Sensor Signals
平成26年 丹羽健太
音源情報を推定するための拡散受音に関する研究
平成26年 近藤多伸
A study of blind source separation with lowcomputational complexity by spatial correlation
平成25年 Yao Xiao
Classification of speech under stress based onphysical characteristics of vocal folds vibration
坂井
平成22年3月 Lucas Malta
A Signal Processing Approach to the Analysis of Driver Behavior under Critical Situation
(信号統合に基づく運転行動のモデル化に関する研究)
博士(工学)
平成22年3月 西脇由博
統計的信号処理モデルに基づくドライバモデル
博士(情報科学)
平成21年3月 大石康智
多様な歌唱様式を予測・説明する歌声音響信号の分析合成モデルと
その応用に関する研究
博士(情報科学)

平成20年3月 星野博之
車内における音環境評価と聴覚インタフェースに関する研究
博士(情報科学)

平成20年3月 磯部俊洋
音声認識における正規化法に関する研究
博士(情報科学)

平成20年3月 小川厚徳
音声認識システムの実用化のための音声認識エンジンの高度化に関する研究
博士(情報科学)

平成19年7月 引地孝文
新しい音色の合成を目的とした物理モデルによる楽音合成に関する研究
博士(情報科学)

平成19年3月 山田秀昭
IP網を利用した音声サービス提供技術に関する研究
博士(情報科学)

平成19年3月 李衛鋒
Nonlinear Multiple Regression for Speech Recgnition in Vehicle Environment 
博士(工学)

平成18年3月 脇田敏裕
A Study on the Sense and Behavior Model of Vehicle Drivers 
(ドライバの感性と運転行動に関するモデルの研究)
博士(情報科学)

平成16年9月 瀬川修
音声認識を用いた電力系統監視制御システムの高度化に関する研究
博士(工学)
Thesis Examiner
Colorado University, USA, (PhD) 
2012, Nanyang Technological University, Singapore  (PhD)
2012, Sirindhorn International Institute of Technology, Thailand (Master)
 

戻る

受賞

日本音響学会学術奨励賞 平成5年 9月
連続音声認識に基づく内線番号案内システムの試作
日本音響学会技術開発賞 平成7年 5月
内線電話受付システム 
山本 誠一 武田 一哉 井ノ上直己 黒岩 真吾 

電子情報通信学会 論文賞 2001.5.30
Speech Enhancement Using Nonlinear Microphone Array Based on Noise
Adaptive Complementary Beamforming
IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E83-A, No.5,pp.866-876, 2000.
猿渡  洋・梶田将司・武田一哉・板倉文忠

Best Paper Award on IEEE 2008 International Workshop on Multimedia
Signal Processing, 
3D AV Integrated System Featuring Arbitrary Listening-Point And
Viewpoint Generation, 
Proc. of Multimedia Signal Processing, MMSP 2008, PID-213,
pp. 855-860, Cairns, Australia, October 2008. 
Mehrdad Panahpour Tehrani, Kenta Niwa, Norishige Fukushima, Yasushi
Hirano, Toshiaki Fujii, Masayuki Tanimoto, Kazuya Takeda, Kenji Mase,
Akio Ishikawa, Shigeyuki Sakazawa, Atsushi Koike
情報学ワークショップ(WinF2007)2007.09.25
優秀論文賞
自由視点TVのための自由聴点音場の構成方法
丹羽健太,西野隆典,武田一哉
Best Paper Award on IEEE ICVES 2009
Atsumi Naito, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda
Driver Evaluation based on Classification of Rapid Decelerating Patterns, Proc. of International Conference on Vehicular Electronics and Safety (ICVES 2009 Pune), pp.113-117, November 200.
平成21年度 情報処理学会 ITS研究会優秀論文
車線変更軌跡の確率的予測モデル
西脇由博 宮島千代美 北岡教英 武田一哉
2009.12
Best Student Paper Award at Oriental-COCOSDA 2012, September 2012
CENSREC-2-AV: An Evaluation Framework for Bimodal Speech Recognition in Real Environments
Naoya Ukai, Takuya Kawasaki, Satoshi Tamura, Satoru Hayamizu, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda
Best Paper Award at the 2nd International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents,
FAST-Zero'13, September 2013,
Analysis of driving behavior signals recorded from different types of vehicles using CAN and Smartphone
Chiyomi Miyajima, Hiroaki Ishikawa, Masataka Kaneko, Norihide Kitaoka and Kazuya Takeda

Best Paper Award at 19th International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC2016)
IEEE ITS Society November 2016
Compressing Continuous Point Cloud Data using Image Compression Methods,
Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi, Chiyomi Miyajima and Kazuya Takeda

表彰(指導学生)

日本音響学会平成23年春季研究発表会 学生優秀発表賞
江崎知()
平成23年度日本音響学会東海支部発表表彰
江崎知()
石川博章()
平成22年度情報処理学会山下記念賞
西脇由博(車線変更軌跡の確率的予測モデル)
平成22年度日本音響学会東海支部発表表彰
加古達也(相平面確率モデルを利用した歌唱・楽器演奏様式分析に関する研究)
神谷泰平(球形マイクロホンアレイを用いた音源方向推定と残響抑圧の検討)
伊藤新(音響モデル適応のための線形変換行列による音声特徴量生成手法の検討)
日本音響学会東海支部 支部表彰
森本泰子
2009年東海地区音声関係研究室修論中間発表会
日本音響学会東海支部 支部表彰
小笠原基
正多面体マイクロホンアレイを用いた伝播特性クラスタリングによるブラインド音源信号分離
2009年東海地区音声関係研究室修論中間発表会
日本音響学会 第22回ポスター賞
森本泰子
時空間周波数解析を用いたHRTFデータの比較
森本泰子 西野隆典 武田一哉
日本音響学会2009年度秋季研究発表会, 2009
電気関係東海支部 連合大会奨励賞
小田高之
スピーカ設置条件が異なるトランスオーラルシステムの音源方向定位の評価
小田高之 西野隆典 武田一哉 
2008年電気関係学会東海支部連合大会
情報処理学会 山下記念賞
大石 康智
歌声の旋律と動的変動を特徴付けるための確率的な表現手法に関する検討
大石康智, 後藤真孝, 伊藤克亘, 武田一哉
(2007-MUS-71) 

日本音響学会平成19年春季研究発表会 ポスター賞
丹羽健太
自由視点TVにおける受聴位置選択型オーディオのための音響空間の符号化法
丹羽健太, 西野隆典, 武田一哉 2008.05

情報学ワークショップ(WiNF2007) 2007.09.25
優秀論文賞
自由視聴点TVのための自由聴点音場の構成方法
丹羽健太, 西野隆典, 武田一哉

情報処理学会音楽情報科学研究会 『夏のシンポジウム2007』 
ベストプレゼンテーション賞
歌声の旋律と動的変動を特徴づけた確率モデルに関する検討
大石康智, 後藤真孝, 伊藤克亘, 武田一哉

平成16年度 電気関係学会東海支部 連合大会奨励賞
"スパーク音源を用いた頭部伝達関数の測定"
細江誠一郎, 木村敏幸, 西野隆典, 武田一哉
平成16年度電気関係学会東海支部連合大会 O-209, 2004.9.27 

日本音響学会平成16年秋季研究発表会 ポスター賞
原直,白勢彩子,伊藤克亘,武田一哉
"楽曲検索のための音声対話インタフェース構築に関する検討",
音講論 1-P-21, pp.203--204, Sep.2004.

日本音響学会平成17年春季研究発表会 ポスター賞
大石康智,宮島千代美,西野隆典,伊藤克亘,武田一哉,後藤真人
"基本周波数とスペクトル包絡情報を利用した歌声と読み上げ音声の識別に関する検討",
音講論 2-Q-9, pp.115--116, Mar.2005.

Award

Recognition of Service Award, ACM
In Appreciation for Contributions to ACM by serving as a program
co-chair of ICMI'07.

活動功労賞、電子情報通信学会 情報システムソサイエティ
ISS和文論文誌編集長としての貢献
2011.05
IEICE フェロー
大規模データベースを利用した音声音響行動信号処理技術の研究
2012.09

Top citations

aist-nara.ac.jp の [PS]S Kurita, H Saruwatari, S Kajita, K Takeda… - icassp, 2000 - computer.org
EVALUATION OF BLIND SIGNAL SEPARATION METHOD USING DIRECTIVITY PATTERN UNDER
REVERBERANT CONDITIONS ... Satoshi KURITAt, Hiroshi SARUWATARI t, Shoji KAJITAt,
Kazuya TAKEDAt and Fumitada ITAKURA% ... +Graduate School of Engineering/CIAIR, $ ...
引用元 146 - 関連記事 - 全 8 バージョン
K Itou, M Yamamoto, K Takeda… - J. Acoust. Soc. Jpn.( …, 1999 - sciencelinks.jp
Abstract;In this paper we present the first public Japanese speech corpus for large vocabulary
continuous speech recognition (LVCSR) technology, which we have titled JNAS (Japanese Newspaper
Article Sentences). We designed it to be comparable to the corpora used in the American ...
引用元 108 - 関連記事 - キャッシュ - 全 2 バージョン
hindawi.com の [PDF]H Saruwatari, S Kurita, K Takeda… - EURASIP Journal on …, 2003 - portal.acm.org
Hiroshi Saruwatari Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and
Technology, 8916-5 Takayama-cho, Ikoma, Nara 630-0192, Japan Email: sawatari@is.aist-nara
.ac.jp ... Satoshi Kurita Center for Integrated Acoustic Information Research (CIAIR), ...
引用元 107 - 関連記事 - 全 12 バージョン
kyoto-u.ac.jp の [PDF]…, A Lee, T Kobayashi, K Takeda… - … on Spoken Language …, 2000 - isca-speech.org
A sharable software repository for Japanese LVCSR (Large Vocabulary Continuous Speech
Recognition) is in- troduced. It is designed as a baseline platform for research and developed
by researchers of different academic insti- tutes under a governmental support. The ...
引用元 90 - 関連記事 - 全 12 バージョン
kyoto-u.ac.jp の [PDF]A Lee, T Kawahara, K Takeda… - icassp, 2000 - computer.org
ABSTRACT A phonetic tied-mixture (PTM) model for efficient large vo- cabulary continuous speech
recognition is presented. It is synthesized from context-independent phone models with 64 mixture
components per state by assigning different mix- ture weights according to the shared ...
引用元 83 - 関連記事 - 全 11 バージョン
K Itou, M Yamamoto, K Takeda… - … on Spoken Language …, 1998 - isca-speech.org
... LARGE VOCABULARY CONTINUOUS SPEECH RECOGNITION CORPUS Katunobu ITOU 1
Mikio YAMAMOTO 2 Kazuya TAKEDA 3 Toshiyuki TAKEZAWA 4 Tatsuo MATSUOKA 5 Tetsunori
KOBAYASHI 6 Kiyohiro Shikano 7 Shuichi ITAHASHI 2 1 ETL, 2 Univ. ...
引用元 70 - 関連記事
mq.edu.au の [PDF]T Kawahara, T Kobayashi, K Takeda… - … on Spoken Language …, 1998 - isca-speech.org
The project of Japanese LVCSR Large Vocabu- lary Continuous Speech Recognition platform
is in- troduced. 1 It is a collaboration of researchers of dif- ferent academic institutes and intended
to develop a sharable software repository of not only databases but also models and ...
引用元 53 - 関連記事 - 全 6 バージョン
mirlab.org の [PDF]T Kawahara, A Lee, K Takeda… - … Conference on Spoken …, 2004 - isca-speech.org
Continuous Speech Recognition Consortium (CSRC) was founded for further enhancement
of Japanese Dictation Toolkit that had been developed by the support of a Japanese
agency. Overview of its product software is reported in this paper. The open-source ...
引用元 50 - 関連記事 - 全 7 バージョン
K Takeda, Y Sagisaka… - The Journal of the Acoustical …, 1989 - link.aip.org
In this paper, the durational characteristics of Japanese are statistically analyzed with the aim
of establishing a fine duration setting rule. First, a statistical duration control model is formulated
through factor analysis on a large‐scale isolated‐word database (5240 words). Second, ...
引用元 49 - 関連記事 - 全 3 バージョン

コーヒーはお好きですか?


近くて遠いやつ


Comments