大阪大学蛋白質研究所

高次脳機能学研究室


疋田貴俊研究室のホームページです。


疋田研究室は2017年4月より大阪大学蛋白質研究所に高次脳機能学研究室を立ち上げました。

私たちの研究室では、独自に開発した神経回路活動制御法や特定神経回路の神経活動の可視化により、認知学習行動や意思決定行動といった高次脳機能の神経基盤の解明に取り組んでいます。また、精神神経疾患モデルマウスを用いて、精神神経疾患の分子病態の解析を行っています。特に精神疾患発症に関わる遺伝-環境相互作用の分子機構の解明に取り組んでいます。臨床部門や製薬企業との連携により、精神疾患の創薬を目指すトランスレーショナルリサーチをすすめていきます。

日本神経科学会 神経科学ニュース(2019年2月発行)に「研究室紹介」を寄稿しました(リンク)。


お知らせ

大阪大学大学院では理学研究科生物科学専攻、医学系研究科、生命機能研究科を担当しています。大学院希望の方はまずはお問い合わせください。

このほか、研究室に参加したい学部学生、ポスドクの皆様、共同研究を希望される研究者の皆様はお問い合わせください。

アクセス、連絡先は蛋白研のホームページ(リンク)で確認ください。


最近の出来事

2020年11月 第39回日本動物行動学会大会( オンライン開催)で、M2内田君が口頭発表しました。

2020年11月 令和2年度国立大学附置研究所・センター会議第2部会シンポジウム〜コロナ新時代における蛋白質科学研究〜(オンライン開催)において、疋田が「適切な行動選択のための柔軟な脳のしくみ」のタイトルで講演しました。

2020年10月 日本味と匂学会 第54回大会(オンライン開催)で、M1柴田君が一般演題発表をしました(リンク

2020年10月 新学術領域研究「人工知能と脳科学」第9回領域会議がオンライン開催されました。西岡研究員が口頭発表しました。

2020年10月 International Symposium on Artificial Intelligence and Brain Scienceがオンラインで開催されました(リンク)。疋田がパネリストとして参加し、Session 4のchairを務めました。

2020年10月 第2回脳科学サロン「脳とAI」(オンライン開催)で、M2内田君が一般演題発表をしました(リンク)。

2020年10月 Daudelinさんが研究室に加わりました。メンバーページを更新しました。

2020年9月 Attachaipanichさんが修士(理学)を取得しました。おめでとう!

2020年9月 共同研究者の櫻井武先生が「脳神経科学がわかる、好きになる」を出版しました(Amazonへのリンク)。神経科学入門書として最適です。推薦いたします。

2020年9月 日本数理生物学会年会(オンライン開催)で、M2内田君がポスター発表をしました。

2020年9月 京都女子大学の濱崎先生との共著論文がオンライン掲載されました(リンク)。ひきこもりの臨床研究になります。

2020年9月 小澤助教が生理学研究所研究会第5回食欲・食嗜好の分子・神経基盤研究会(オンライン開催)で講演しました。

2020年9月 疋田が生理学研究所研究会 意思決定研究の新展開〜社会共感・主観価値の生成・葛藤に関わる神経メカニズム〜(オンライン開催)で講演しました。

2020年8月 京橋ゆらなさんが基礎医学講座配属されました。

2020年8月 第60回生命科学夏の学校(オンライン開催)で、M2内田君がポスター発表をしました。

2020年8月 NPBPPP2020合同年会(オンライン開催)で、D2櫻井君が口演発表を、西岡研究員がポスター発表をしました。疋田が、日本生物学的精神医学会第9回若手研究者育成プログラムをオーガナイズ、座長を務めました。

2020年8月 理学研究科生物科学専攻の修士業績発表会が行われ、Attachaipanichさんが成果発表をしました。

2020年7月 第43回日本神経科学学会(オンライン開催)で、Macpherson助教、西岡研究員、D2櫻井君がポスター発表しました。

2020年7月 FENS2020 Virtual Forum(オンライン開催)で、D2櫻井君がポスター発表しました。

2020年6月 西岡研究員が筆頭著者の原著論文がFrontiers in Systems Neuroscience誌に掲載されました。

2020年6月 新学術領域「人工知能と脳科学」領域会議(オンライン開催)に参加しました。

2020年5月 原著論文がHeliyon誌に掲載されました。大分大学との共同研究の成果になります。

2020年5月 原著論文がNeuroscience Research誌にオンライン掲載されました。新潟大学脳研究所の笹岡先生との共著論文で、Macpherson助教と疋田が共著者となっています。

2020年4月 原著論文がThe Journal of Lipid Research誌4月号に掲載されました(リンク)。機能・発現プロテオミクス研究室との共同研究になります。D2櫻井君と疋田が共著者となっています。

2020年4月 新メンバーが加わりました。メンバーページを更新しました。

2020年3月 水谷君、片山君、Kimさんが修士を取得しました。おめでとう!

2020年3月 青峰君、諸熊君が大阪大学理学部生物科学科を卒業しました。おめでとう!

2020年3月 第97回日本生理学会大会にてシンポジウム「大脳基底核神経回路ネットワークから見た淡蒼球の新しい役割」を企画しました。誌上開催となりました。

2020年3月 Macpherson博士が助教に昇任しました。

2020年2月 原著論文がThe Journal of Lipid Research誌にオンライン掲載されました(リンク)。機能・発現プロテオミクス研究室との共同研究になります。

2020年2月 理学部生物科学科の卒業研究発表会が行われ、青峰君と諸熊君が成果発表をしました。

2020年2月 理学研究科生物科学専攻の修士業績発表会が行われ、水谷君、片山君、Kimさんが成果発表をしました。

2020年2月 MACS International Symposium: COMPUTATIONAL PRINCIPLES IN ACTIVE PERCEPTION AND REINFORCEMENT LEARNING IN THE BRAIN @京都大学にて、疋田がシンポジウム講演を行いました(リンク

2020年2月 Theresaさんの送別会を箕面市内で行いました。

2020年2月 原著論文がScientific Reports誌に掲載されました(リンク)。側坐核の神経回路遮断が引き起こす大脳皮質mPFCでの分子変化を神経回路特異的に解析しました。武田薬品工業との共同研究の成果となります。

2020年2月 原著論文がNeuroscience Research誌2月号に掲載されました(リンク)。薬物依存行動の遺伝-環境相互作用とその分子機構の一部を明らかにしました。久留米大学とジョンズホプキンス大学との共同研究の成果となります。

2020年2月 TheresaさんがFrontier Lab@OsakaU Final Presentation Meetingで、疋田研での成果発表を行いました。

2020年1月 International Symposium on Structure and Folding of Disease Related Proteins@韓国ソウル大学にてD1櫻井君が口頭発表を行いました。

2020年1月 高次脳機能学セミナー(兼 第447回生物科学セミナー)にて、テキサス医科大学の廣井昇教授に講演していただきました。

2020年1月 疋田が大阪大学理学部で「生物科学の最前線」の講義をしました。

2020年1月 蛋白研コロキウムでMacpherson特任助教が講演しました。


2020年1月 第5回包括的神経グリア研究会 UNG2020@大阪大学中之島センターに、疋田と小澤助教が参加し、疋田が特別講演を行いました。