大河内議員は「差別の意図はない。支援の必要性は認めている。人権は大切だが全体の利益の中でのバランスが必要だ」と話した。(土井秀人)











宝塚イジメ裁判


阪急様は瞬間芸だけのノリの良い人間だけで成り立つ、浅はかな体育会系の組織です。

いじめが起きると熾烈です、こういう人たちは餌食が確定すると、それこそウナギのエサ取り状態、この現象をこれからご覧に入れます。

惨めなのは、同調した無垢な同級生たちです。
上から下まで、先輩、後輩、校長(阪急電鉄社長)、お掃除担当まで餌食を求める空間だったのでしょう。少しでも浮かび上がりたい、「蜘蛛の糸」(芥川龍之介)を連想してください。

これらのグループはいかに装っても、長くは持たないでしょう。イジメはイジメです。永遠に加害者、加害組織は排除されます。このページもそれを証明します。






宝塚音楽学校 退学処分撤回 投稿者 2



宝塚歌劇団いじめ訴訟暗躍したジェンヌはコレ

2010/07/23(金)


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

宝塚歌劇団いじめ訴訟暗躍したジェンヌはコレ

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇



 宝塚96期生1の美少女が、同級生の妬み、やっかみで
 万引き行為を捏造、退学に追い込まれたいじめ事件。

 まず万引き行為は捏造で、退学取り消しの処分を
 求めた裁判。神戸地裁では退学処分は無効とされたが、
 宝塚は復学を認めず高裁に控訴するも不許可。
 それでも復学を認めなかった宝塚に対し、今度は
 少女が「いじめ」に関して提訴、和解となった。

 訴えた「いじめ」が壮絶だ。
 裁判で明らかにされた同期生グループのいじめは・・

 ・「存在を消して」「死ねばいいのに」「私の視界に入るな」 
「実家から戻るな」といった罵詈雑言を毎日浴びせる。

 ・私物をゴミ箱に捨てる

 ・洗濯機や電気を使用させない

 ・ライターやナイフを鞄に入れていると言って
  私物検査を行う。

 ・同期生のメーリングリストから一人だけはずす。

 ・茶道の時間に生徒が立てたお茶を誰も口にしない。

 ・顔面を平手打ち


 ・・などなど列挙にいとまが無い。そして極めつけは
 いじめグループ主犯が、岩手に帰省する被害者に送った
 メモ。

 表面

 「外でしゃべってはいけない お店に入ってはいけない
  (コンビニもだめです) 外食をしてはいけない   
新幹線、飛行機で寝てはいけない 出された飲み物を飲んではいけない     音楽を聴くのもだめ、ブランケットとかも使わない
雑誌、本もだめ 携帯を使用してはいけない(緊急時はトイレの個室から) 
 帽子は建物の中では取る。外を歩く時は必ず被る
(暑くても外で絶対脱いじゃだめ) 
 取材を受けちゃだめ(学校の許可を取っても受けないで)   
寮に荷物を送るのは30日指定。制服で帰ってきて 」

 裏面

 「岩手についても絶対守ってください。気を緩めていいのは
  「ただいま」って家に入ってから。特に盛岡ではあなたは有名人です。    これ以上、悪名売らないでね。 秋休みゆっくり休んで、色々、
  同期の事とか考えてきて下さい。この紙、常に持ち歩いて、守って!」 




 いじめグループのタカラジェンヌたち

 万引き現場を見たと嘘をついた 
朝水りょう(戸田美由紀)
 http://www.gekiura.com/~press/izime1.jpg
 秋音光(秋本早紀子)
 http://www.gekiura.com/~press/izime2.jpg

 被害者へ平手打ちした空波輝(河南千瑚)
 http://www.gekiura.com/~press/izime3.jpg

 いじめ主犯格優波慧(吉田詩織)
 新人公演主役に抜擢される。これは1996年以来
 異例中の異例。
 http://www.gekiura.com/~press/izime4.jpg


 いじめ96期生のラインダンス
 最後にいじめ主犯のインタビューあり
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm11191442 



 このいじめの原因は、宝塚ファンサイトで96期生のうち
 「被害者が一番美人」という書き込みが多かったからだという。

 目立つ美人を追い出しにかかる同期生、そしてそれを擁護した
 学校。醜い宝塚。終わりのはじまりだ。


izime1<a href=朝水りょう(戸田美由紀)" border="0" width="84" height="119" />
朝水りょう(戸田美由紀)

izime2<a href=秋音光(秋本早紀子)" border="0" width="87" height="119" />
秋音光(秋本早紀子)

izime3被害者へ平手打ちした<a href=空波輝(河南千瑚)" border="0" width="85" height="119" />
被害者へ平手打ちした空波輝(河南千瑚)

izime4<a href=いじめ主犯格優波慧吉田詩織)" border="0" width="83" height="120" />
いじめ主犯格優波慧(吉田詩織)

96期生一、美人だった被害者
96期生一、美人だった被害者





《宝塚音楽学校・96期いじめ事件の概要》

2008年秋、同校に通っていた96期の女子生徒に対し、万引を理由に退学処分を行った。しかし、生徒は「他の生徒からいじめを受けており、身に覚えの無い万引をでっち上げられて告げ口で退学処分になった」、「虚偽の事実を元にした処分は無効」と地位確認を認める仮処分を求めて神戸地裁に申し立てを行った。
2009年1月、地裁は「万引きの事実はなく、処分は酷」と、元生徒の地位を認める処分を学校側に命令する。これに対して17日、学校は二度目の退学処分を行う。生徒側は二度目の仮処分申請を地裁に申し立て、同年3月、裁判所は前回と同様に二度目の退学処分も無効とし、学校が仮処分命令に従わない場合は、一日一万円の制裁金を課す命令が出された。
学校側はこれを不服として大阪高等裁判所に抗告するが、2009年8月、高裁は地裁の判断を認めて不許可の決定をし、元生徒の復学を認める仮処分が確定した。だが、学校側はその後も命令に従わず、裁判所の決定を無視している状態が続いている。地裁や高裁は「学校に教育的配慮に欠けている」「処分を正当化するために責任転嫁を行っている」と学校の姿勢を問題視している。
裁判記録によるといじめは、寮生活において、同期生が「存在を消して」「死ねばいいのに」「私の視界に入るな」「実家から戻るな」といった罵詈雑言を毎日浴びせ、 同期全員で無視。さらに、私物をゴミ箱に捨てられた他、洗濯機や電気の使用をさせない、買い物の禁止を強制するために監視され、その際には 「あんたを見張ってなきゃいけないから自主練できない」 と言うなど物理的、精神的にダメージを与えるものであったとされている。さらに、ライターやナイフを鞄に入れていると言って私物検査を行う、共用スプレーが誤って落ちたところを「盗難」と騒ぎ立てる、メーリングリストから一人だけ外して情報を与えない、茶道の時間に生徒が立てたお茶を誰も口にしようとしない、生徒同士が目を合わせて笑ったり嫌な顔を向ける、生徒のロッカーの前にわざと何者かがお菓子を置いて監視役の生徒が拾うのを待っている、狙い撃ちのいじめが半年以上行われた事も明らかになっている。また、元生徒が防犯カメラを見ればでっち上げはわかると訴えても、副校長【今西正子=葉山三千子】が「本当にやっていないなら弁明を言えるんじゃないの?」学校職員のKが「見ているとイライラする」学校職員のFが「学校指定の精神科に診てもらえ」「劇団、学校、警察を巻き込んでまで自分の名誉を守りたいか」などの雑言を浴びせ、元生徒を責め立てて続けたと言う。
2009年11月に元生徒側は、学校側に対し改めて退学処分の取り消しと、慰謝料1000万円の支払いなどを求め、神戸地裁に訴訟を起こした。







宝塚音楽学校 いじめ・窃盗でっち上げ事件
犯人どもの素顔






この13人の犯罪者は、法廷に引きずり出され、原告・鈴木さんへの数々の加害行為が明らかとなりました。








優波慧
(本名:吉田詩織)

夢華あみ
(本名:則松亜海)

朝水りょう
(本名:戸田美由紀)

秋音光
(本名:秋本早紀子)

千幸あき
(本名:山下千幸)




主犯
一番委員。
寮で鈴木さんと同室。
一番委員としての権威をかさに、連日連夜、Sさんを責め立て、睡眠障害を引き起こした。傷害犯。
理由もなく、鈴木さんに対して「洗濯機を使うな」と恫喝した(鈴木さんは洗濯ができなくなった)。
主犯
優波彗とともに一連の鈴木さんへの加害行為の中心人物となった。

岩手に帰省する鈴木さんに、裁判官も呆れるキチガイじみたメモ渡した。

偽証犯、誣告犯。
鈴木さんの窃盗現場をコンビニで目撃したと偽証・誣告を犯した。
偽証犯、誣告犯。
鈴木さんの窃盗現場をコンビニで目撃したと偽証・誣告を犯した。
優波慧が紛失演劇プリントを、鈴木さんが盗んだと偽証・誣告をした。(実際にはこの者が盗んだとの疑惑あり)。
あああ







桜舞しおん
(本名:力丸莉帆)

蒼井美樹
(本名:曽我綾子)

茜小夏
(本名:末定なつみ)

凰いぶき
(本名:宮口みのり
)

空波輝
(本名:河南千瑚)




偽証犯、誣告犯。
鈴木さんがドライヤーを盗んだと偽証、誣告した。
三番委員。
一番委員とともに連日連夜、鈴木さんを責め立て、睡眠障害を引き起こした。傷害犯。
理由もなく、鈴木さんに対して「洗濯機を使うな」と恫喝した。


暴行犯
皆の前で鈴木さんを平手打ちにした。
鈴木さんのロッカー前にお菓子を置いて鈴木さんが拾うかどうか観察していた。

鈴木さんに対して「笑うな」「ムカつく」「調子にのるな」と、日常的に罵倒し続けた。
あああ







真地佑果
(本名:森脇由梨)

拓斗れい
(本名:米津玲美)


桜奈あい
(本名:金沢愛奈)








その他、重大な犯罪行為をなした者たち 

蘭舞ゆう
(本名:松原友里恵
)

花乃まりあ
(本名:幸田梨緒)

音咲いつき
(本名:斎藤麻衣)

颯希有翔
(本名:土屋香澄
)

蒼矢朋季
(本名:大河原朋恵
)





理由もなく、鈴木さんに対して「洗濯機を使うな」と恫喝して脅した(鈴木さんは洗濯ができなくなった)。

「視界に入るな」「存在を消して」と罵倒した。
「岩手に帰って出てくるな」と罵倒した。

鈴木さんに対して「自習練に出るな」と恫喝した。
鈴木さんに対して「死ねばいいのに」と罵倒した。
「自習練に出るな」と恫喝した。
「笑うな」「ムカつく」「調子にのるな」と日常的に罵倒し続けた。


鈴木さんに対して「存在を消して」
「笑うな」「ムカつく」「調子にのるな」
と、日常的に罵倒し続けた。
理由もなく、鈴木さんに対して「洗濯機を使うな」と恫喝して脅した(鈴木さんは洗濯ができなくなった)。

こいつらはほんの一部です。
これで加害者が全員というわけではありません。




まったく、「存在を消してほしい」「ムカつく」連中は、このクズどものほうです!
宝塚歌劇の歴史から96期を抹殺したほうがいいと思います。


※少女たちには罪は無いのです。そういう関係を維持している学校関係者の罪は重い。忘れてはなりません。そういうシステムを維持している伝統的空間が在るのです。さらに言えば、改善を忘れてしまったことが罪なのでしょう。







(2009/11)兵庫県宝塚市音楽学校事件
若麻績咲良(わかおみさくら)のブログ


鈴木郁子さんと同期の生徒の一人に、若麻績咲良(わかおみさくら)という女がいました。

この女は学校に無断でブログを開いていました。
この行為は宝塚では校則違反らしいですが、世間的に見ればべつにたいした問題ではありません。

問題は、その内容です。
鈴木さんをさんざん罵倒する記述をしていたそうです。
「本当にムカつく、修学旅行行かないって死ぬほど嬉しい、早く早く辞めてください」
等と、鈴木さんを名指しで誹謗中傷していました。
公開の場でなした言論ですから、完全に、名誉毀損罪、侮辱罪です。

ところでそのブログでは、宝塚音楽学校の生徒たちの、恥ずかしい姿を写真で公開していました。
以下の写真は、その中のほんの一部です。
   

若麻績咲良は、無断でブログを開設し、こういう恥ずかしい写真を暴露した罪により、学校から退学処分となりました。
さらにまた若麻績の父親は、由緒寺院である長野県の善光寺の役僧だったため、善光寺としても公式謝罪するはめとなりました。
(若麻績の父親は、若麻績享則といい、善光寺渕之坊の副住職です)
しかし鈴木さんを誹謗中傷したことについては、全くとがめられることはありませんでした。

ところで興味深いのは、この若麻績のブログについて電話で質問した一般市民に対して、学校職員はなんと、ハッカー呼ばわりしたのです!
ブログというものが不特定多数に公開されるものだということを知らない、無知・無学にもほどがあります!


宝塚音楽学校へ電話した人たちのご報告を紹介します。





  イザ!ブックマーク はてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 

 宝塚音楽学校では一昨年、前代未聞のトラブルが起きている。“清く正しく美しく”という校訓とはかけ離れた泥沼の“いじめ裁判”だ。

 いじめがあったのは、昨年3月に卒業した第96期生。彼女たちは2008年4月に宝塚音楽学校に入学したのだが、そのなかのひとり、A子さん(19)は入学からわずか半年後、万引行為などを理由に学校側から退学を通告される。

A子さんは事実無根を主張して、神戸地裁に退学の取り消しの仮処分を申し立てた。2009年1月に、地裁は退学処分を無効とする決定を出したが、学校側は再び退学処分を通知。これに対してA子さんも再び退学取り消しの仮処分を申請。これも認められたにもかかわらず、学校側は退学を取り消さなかった。その後1年にわたって、話し合いが続けられたが、平行線をたどり、ついにA子さんは2009年11月に退学処分の取り消しと1000万円の慰謝料を求めて裁判を起こしたのだった。その裁判のなかで明らかになったのが、A子さんへの同期生からのいじめの数々だった。

きっかけは入学直後の2008年5月、ネット上に、予科生(音楽学校1年生)の中で<1番美人なのはA子さん>という書き込みがあったことだったという。

A子さんの洗濯物がゴミ箱に捨てられたことから始まり、6月には、彼女の寮の自室のベッドに「寮内で紛失した」とされる複数の品が並べられていた。どれも身に覚えのない品だったというが、彼女は窃盗の容疑をかけられた。

また夏休みに帰省したA子さんは地元テレビ局から取材を受け、思わぬ形で番組に出演。これは、重大な校則違反だと同期生から「実家へ帰れ」「死ねばいいのに」といった言葉を浴びせられたという。

そして退学の直接的な原因となったのが、同年9月の万引騒動だ。学校帰りに同期生ふたりとコンビニに行ったA子さん。このときにA子さんが万引をしたと同期生が告発。A子さんは「疑うなら店の防犯カメラを見てください」と主張したが聞き入れられず、9月末からの修学旅行への参加も許されないまま、11月に退学処分を通告されるのだ。

裁判は昨年7月、学校側が2度の退学処分を取り消し、A子さんの卒業資格を認める代わりに、A子さんが宝塚歌劇団への入団を求めないことで合意して調停が成立した。学校側からの謝罪や慰謝料支払いの有無については、非公表とされた。

※女性セブン2011年4月21日号








イジメの傷は深い。あらゆる場面でイジメに同調してしまった少女たちにトラウマは残っていまします。









 Rrecent Announcements  に記事をアップします



 華やかで美しく心ときめく、日本を代表する歌劇団、宝塚10 件。しかし、近年はその人気に陰りが差し、空席が目立つようになっており、タカラジェンヌたちもこれまでにない苦労を強いられている。いったい何が起きているのか。

 元タカラジェンヌのA子さんは、トップスターや2番手ではないが、所属組での公演では、重要な役が与えられ、ファンも少なくなかった。

宝塚10 件にはこんなタレント契約がある。劇団員は宝塚音楽学校に2年間通った後、歌劇団に入団。最初は阪急電鉄の社員扱いだが、6年目にタレント契約を結び、以後毎年更新されるというもの。

 A子さんはその契約の際に、“クビ”をいい渡され、今年退団した。

「私は劇団側からタレントとしての契約をしないといわれ、退団を余儀なくされました。理由は明確にはいってくれません。思い当たるのは、さばけるチケット枚数が少なかったことだけです」(A子さん)

 A子さんによれば、明確なノルマはないものの、劇団員が公演のたびに一定枚数のチケットをさばかないといけない暗黙のルールがあるという。もちろん、そんなルールは「プラチナチケット」などという時代には必要なかったことだ。

宝塚10 件という世界で上に行くためには、容姿や人気だけでなく、チケット販売の実績も重要なんです。劇団側がノルマを直接的に強いることはありませんが、トップだったら1公演最低200枚だとか、2番手3番手は150枚、4番手5番手は100枚というように、実質的なノルマがあるんです」(A子さん)

 最も高い席は1万1000円と入場料は決して安くない。

 以前は、トップなら黙っていても、自分のファンクラブの人たちがチケットを購入するとともに売ってもくれていたが、いまはそれも難しくなっているという。

 トップ以外の劇団員ともなればなおさらだ。A子さんもチケットを売るために必死に努力した。

「ファンの人たちとのお茶会を開いたり、有力な支援者がいれば食事やお酒にもつきあったり。お酒を無理やり飲まされたり、セクハラまがいの行為を受けたりすることもありました」(A子さん)

 そうまでしてチケットの販売に励むわけだが、チケットはまず彼女たちが劇団から買い取るため、売れ残った分は自腹で引き取るしかない。チケットを売れないタカラジェンヌにとっては残酷物語とでもいう事態となっているのだ。

※女性セブン2011年9月29日・10月6日号




asahi.com