研究活動

高木の研究活動をお知らせするサイトです。
 
 

研究テーマ

 

私たちはいかにしてことばや身体を通して相互行為を組織し、社会的現実を構成しているか、という問題が私の研究テーマです。研究の軸となるのは、常に、最も基本的で普遍的なコミュニケーション形態である日常会話の分析ですまた、乳幼児や、コミュニケーション障がい者(失語症・自閉症スペクトラムなど)が参加者に含まれる相互行為にも関心があります。特に現在は、いわゆる「フィラー」(「あのー」「そのー」「まあ」「なんか」など)の相互行為言語学的・会話分析的研究や、乳幼児と養育者の相互行為場面の分析を中心に進めています。

 

*定期的に(月1回程度)会話分析の手法によるデータセッションを開催しております。開催の日時等、詳細については、「データセッション@筑波大学のお知らせ」のページでお知らせしております。


 

研究業績

 
博士論文
 
Takagi, T. Sequence Management in Japanese Child-Adult Interactions. University of California, Santa Barbara.  pp.1-2582001年。
 
 

著書(共著・分担著を含む)

    • 会話分析の基礎』ひつじ書房. 細田由利氏・森田笑氏と共著. 2016年
    • 「第11章 子どものエスノメソドロジー・会話分析」(日本児童研究所監修『児童心理学の進歩 2016年版(第55巻)』, 金子書房, pp.251-272)2016年
    •   「第8章 膝に抱っこして遊ぶ姿勢ー共に視て共にふるまう身体と相互行為秩序」(高田 明・嶋田 容子・川島 理恵(編) 『子育ての会話分析:おとなと子どもの「責任」はどう育つか』、 昭和堂、 pp.199-228.)2016年.

    • 「子どものエスノメソドロジー・会話分析」 (稲垣佳世子・河合優年・斉藤こずゑ・高橋惠子・高橋知音・山 祐嗣(編)『児童心理学の進歩』2016年版(第55巻)」)2016年.
    • 「第24章 エスノメソドロジー(社会学)の考え方」(日本発達心理学会編・田島信元・南徹弘編著 『発達科学ハンドブック1:発達心理学と隣接領域の理論・方法論』、新曜社、pp.298-306)2013年.

    •  「おねがいごとがあるんだけど―相互行為に埋め込まれた関係性―」(西川盛雄教授退官記念論文・随想集刊行会編『言語理論の展開と応用』,英宝社,pp.175-189)2009年.

    • 「診療記録媒体への指し示し―婦人科カウンセリングにおける相互行為」「婦人科カウンセリングにおける『心の問題』をめぐる問題」(西阪仰・高木智世・川島理恵 著『女性医療の会話分析』,文化書房博文社,pp. 91-157)2008年.

    • 「相互行為の中の子どもの発話」(串田秀也・定延利之・伝康晴編『「単位」としての文と発話』,ひつじ書房,pp. 133-167)2008年.

    • 「相互行為秩序維持装置としての『ええと』」(『津田葵教授退官記念論文集 言語と文化の展望』,英宝社,pp. 327-342)2007年.

    • 「『電波が悪い』状況下での会話」(山崎敬一編『モバイルコミュニケーション:携帯電話の会話分析』,大修館書店,pp.77-97)2006年.

    • Hayashi, M., J. Mori & T. Takagi. Contingent achievement of co-tellership in a Japanese conversation: An analysis of talk, gaze, and gesture. The Language of Turn and Sequence. Ford, C., B. A. Fox and S. A. Thompson (eds.). New York: Oxford University Press. pp. 81-122. 2002.


    学術論文
    • 子どもとおとなのインターアクション―「原初的」言語使用の現場から見えること―(『日本語学 4月号特大号』 明治書院)2017年4月。
    • 「『ええと』によって開始される応答」『社会言語科学』第18巻1号: 93-110, 2015年9月。森田笑氏と共著。
    • 「幼児と養育者の相互行為における間主観性の整序作業―修復連鎖にみる発話・身体・道具の重層的組織―」(『社会言語科学』第14巻1号)pp.110-125, 2011年9月。
    • 「隣接ペア概念再訪:相互行為の原動装置」,(『認知科学 Vol.16(4)』,2009年12月。
    •  「社会的実践としての日常会話『親しさ』の実践」(『論叢現代語・現代文化 Vol. 3』),pp. 47-64200911
    • 「相互行為を整序する手続きとしての受け手の反応―治療的面接場面で用いられる『はい』をめぐって―」,(『社会言語科学』10巻2号),pp.55-69,2008年3月。
    • 「社会的実践としての日常会話―電話会話の終了に関わるプラクティスを例に―」,(『論叢現代文化・公共政策 創刊号』),pp. 143-175,2005年3月。
    •  Contextual resources for inferring unexpressed referents in Japanese conversation. Pragmatics. Vol.12, No.2 , pp. 153-182, 2002.
    •  “Questions” in argument sequences in Japanese. Human Studies. Vol. 22, 397-423.1999.
    • Lerner, G.& T. Takagi. On the place of linguistic resources in the organization of talk-in-interaction: A co-investigation of English and Japanese grammatical practices. Journal of Pragmatics. Vol.31, 49-75. 1999.
     
    その他(口頭発表等)
    • 「膝に抱っこして遊ぶ姿勢ー共に視て共にふるまう身体と相互行為秩序」日本発達心理学会第27回大会、自主シンポジウム:子育ての会話分析、北海道大学、2016年4月。
    • Interactional works of Japanese vocal markers eeto and anoo,  Joint Annual Meeting of The Discourse and Cognitive Linguistics Society of Korea
      and The Sociolinguistic Society of Korea, Seoul, South Korea, April 9, 2016 (Paper co-authored with Emi Morita) , 2016年4月、招待講演。
    • Answering a difficult question and answering more than asked: Differentiated use of Japanese eeto and anoo prefaced responding turns.  14th International Pragmatics Conference, Antwerp, 2015年7月.
    • Young children's techniques for resolving "problems" in identifying objects for recipients. Fourth International Conference on Conversation Analysis, カリフォルニア大学ロサンジェルス校,2014年6月.
    • 「発言順番構築における連続性と漸進性―日本語日常会話における「後置」現象をめぐって―」日本英文学会大86回全国大会、北海道大学、2014年5月。
    • Takagi, T & Morita, E. Marking the forsaking of progressivity in responding: eeto-prefaced responses in Japanese conversation. Second International Workshop on Conversation Analysis, 南洋理工大学(シンガポール)2014年2月.
    • Fork WA Fork?: Children’s requests for activity-relevant items. Workshop on Japanese Language and Interaction, シンガポール国立大学、2013年9月。
    • Guiding how to be a “good” participant: Use of nesting position in family interaction. (Paper presented atInternational Workshop on Interaction in Child Care), 筑波大学、2013年3月。
    • 「相互行為の中の引用標識:家族相互行為における「代弁」のマルチモーダル分析」(話し言葉の言語学第2回ワークショップ), 東京大学, 2011年8月。
    • 「家族の相互行為に参加すること―乳児の「引用」をめぐる相互行為組織―(第21回日本発達心理学会),神戸国際会議場,2010年3月。 
    •  “Quoting” preverbal infants in family interaction. Paper presented at第6回 責任の文化的形成セミナー 国際シンポジウム:The Dynamics of Life and Family),京都大学,2009年9月。
    • 「母子相互行為における間主観性の観察可能性」(日本質的心理学会第5回大会 シンポジウム『質的心理学と会話分析の接点を探る―母子相互行為の事例分析を通して―』),筑波大学,2008年。
    • 「婦人科カウンセリングにおける相互行為―「心の問題」をめぐる問題―」(第81回日本社会学会大会),東北大学,2008年。
    • Language Socialization through Turn and Sequence: "Japanese communicative style" revisited. (Paper presented at第2回 責任の文化的形成セミナー 国際シンポジウム:Microethnography of Child Care across Cultures),京都大学,2008年。
    •  「診療場面における相互行為の資源としてのカルテ」(エスノメソドロジー・会話分析研究会大会),明治学院大学,2007年。
    • Making a connection between body and mind: A case of counseling sessions at a gynecological clinic. (Paper presented at International Conference on Conversation Analysis) University of Helsinki, Finland, 2006.
    • 「日本語会話におけるターンの構築」(第14回社会言語科学会研究大会),東京大学,2004年。
    • Optimizing grammar at hand: Turn and sequence construction by young Japanese children. (Paper presented at International Institute of Ethnomethodology and Conversation Analysis) Manchester Metropolitan University, England, 2003.
    • Japanese children's turn-initial use of 'an(o)ne(:).(第11回社会言語科学会研究大会),立教大学,2003年。
    • Application of Conversation Analysis to Adult-Child interaction: Constructing turn and sequence--a case of a two-year-old. (Paper presented at Temple University Applied Linguistics Colloquium) Temple University Japan, 2003.
    • 「言語習得場面における幼児の受け手の反応に対する働きかけとトークの相互行為性」(第10回社会言語科学会研究大会),東北大学,2002年。
    • Sequence Management in Japanese Child-Adult Interactions: Children's use of 'third position. (Paper presented at International Conference on Conversation Analysis) University of Copenhagen, Denmark, 2002.
    • 「『は』はトピック・マーカーか?」(エスノメソドロジー・会話分析研究会大会),明治学院大学,2000年。
    •  Turn-Final Wa in Young Japanese Children's Talk. (Paper presented at International Association of Applied Linguistics Conference) Waseda University, 1999.
    •  What “questions” do in argument talk in Japanese. (Paper presented at Ethnomethodology and Conversation Analysis: East and West) Waseda University, 1997.
    •  An analysis of talk, gaze, and gesture: Contingent achievement of co-tellership in Japanese conversation. (Paper co-presented with Makoto Hayashi and Junko Mori at 5th International Pragmatics Conference) National Autonomous University of Mexico, Mexico, 1996.
    • ANO(O): A so-called “filler” in Japanese conversation. (Paper presented at American Association for Applied Linguistics) University of Chicago, Illinois, 1996.
    • On the place of linguistic resources in conversation: A co-investigation of English and Japanese grammatical practices. (Paper co-authored with Gene Lerner, presented at Symposium on Conversation, Linguistic Society of America, Summer Institute) University of New Mexico, New Mexico, 1995.