雁木ねっとわーく最新News

  • 「干し柿づくり」体験 街なみFocusでは、今年も1029日に、恒例の「干し柿づくり」体験実習を行いました。朝の9時には現場の桑取地区の柿の木のしたに集まりました。数日前に襲われた台風のため途中の道路が崩壊していて、行きつくのが大変でした。 午後には大町5丁目会館に集合して、柿の皮をむき、縄に絡めて、それを雁木下にかけるのです。実に楽しかった!
    投稿: 2017/11/01 23:40、越後高田雁木ねっとわーく
1 - 1 / 79 件の投稿を表示中 もっと見る »

高田開府(1614年)から今日まで400年

人々の暮らしを守り続けてきた高田の雁木

高田(新潟県上越市の高田地区)には『日本一長い雁木通り』の街なみが続いています。

城下町を築いた江戸の初めから400年、雪国の暮らしを守り続けてきた『雁木』は、今日も「助け合い、譲り合い」の心をつないで「人にやさしい街」のシンボルです。

表通り沿いの町家の私有地を、屋根つきの通路として誰でも歩くことができます。吹雪の朝も、酷暑の夏も。人々の気持ちも雁木通りと同じように、つながっています。私たちの子どもや孫に、この街を訪れる人々の心にもつながることを願っています。

雁木ねっとわーくNews

  • 「干し柿づくり」体験 街なみFocusでは、今年も1029日に、恒例の「干し柿づくり」体験実習を行いました。朝の9時には現場の桑取地区の柿の木のしたに集まりました。数日前に襲われた台風のため途中の道路が崩壊していて、行きつくのが大変でした。 午後には大町5丁目会館に集合して、柿の皮をむき、縄に絡めて、それを雁木下にかけるのです。実に楽しかった!
    投稿: 2017/11/01 23:40、越後高田雁木ねっとわーく
  • くじら汁サービスではりきる! 9月9日、上越市大町5丁目の稲荷神社大祭「かぼちゃ祭り」で、NPO街なかFocusはくじら汁のお店を出しました。まえもって作っておいて、夕刻からサービスを始めました。毎年そうですが、バカうま! 大鍋2杯がすっからかんになりました。「かぼちゃ」の意味は、高田藩時代に飢饉対策としてカボチャ栽培が奨励されたことに因みます。
    投稿: 2017/09/10 17:26、越後高田雁木ねっとわーく
  • 雁木の景観保全運動実施 8月11日、NPO法人街なみFocusは、雁木の街並み保全運動の一環として、大町5丁目と仲町6丁目で、雁木の柱や側溝の木蓋の色塗りを行いました。街並みにしっくり合う色模様です。
    投稿: 2017/11/01 23:34、越後高田雁木ねっとわーく
  • 風鈴街道in 雁木 2017! またまたやってきました。真夏の雁木風物詩、風鈴と行灯、音色と色彩のコンビネーション!
    投稿: 2017/07/23 2:04、越後高田雁木ねっとわーく
  • 謹賀新年2017酉年 謹賀新年2017酉年   いつものように、いろいろなところで大活躍の高野恒男会長です。 この写真(左端が高野会長)はFMJ(エフエム上越)社屋での 2017年最初の「上越に愛ターン」においてです。http://www.fmj761.com/modules/personality_blog/index.php?cid=10みなさん、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
    投稿: 2017/01/06 23:24、越後高田雁木ねっとわーく
1 - 5 / 79 件の投稿を表示中 もっと見る »