たいこめ-回文を超えることば遊び

18/1/11更新
明けちゃいましておめでとうございました。
たいこめの会は6月19日に創設22周年を迎えました。また、10月で本サイト開設(移転前含む)から17周年になりました!


1994年に"たいこめマスター"岡田直也が"願いは?→はい,金!"のように逆さに読むと呼応するという"たいこめ"を週刊文春に半年間連載。当時の投稿者等でたいこめの会として活動。まずは代表例から。
<歴史家まごつきつ、ごまかしきれ>←これは回文
:(支配者)「民を従えた」 (民衆)「耐えがたしを見た」←これがたいこめ

1.たいこめの会

たいこめの会やサイトの紹介、記号説明。


旬のたいこめ(1月)

下鴨神社、新年の蹴鞠始めで<蹴鞠、競り負け>
1.◆新幹線、煙が出て台車に亀裂でも走行止めず:「煙、シカト。“インシデント”受け、出す対策。総括も立て、真剣て」 「点検して保つか。ウソ臭い。足すだけ。疎んで真意とか尻向け」
2.◇相撲界、今度は行司が不祥事:(若手の行司に対して)「さも、期待してます。君もね、迎えたいよ。『式守伊之助』、見つめだす身」 (セクハラは泥酔して知らないと言い訳)「ミスだめ。罪消すの。入りもキショい。耐えか、胸揉み、キスまで強いたキモさ」
3.◇引退した高齢棋士、加藤一二三九段がカワイイと人気:「辞めたの、爺の棋士。歯入れないなら新味。不評とならないよ」 「良いならな、問うよ。『ひふみん』知らないな。礼は士気の維持のためや」
4.◇初詣にはここ:(小さな願いならすぐ叶う)「厄除け大師の頼り方でな、“もっけの幸い”かの。見事、悲願念じ」 (周りの人には厄だけど)「新年が人混みの界隈、『佐野』。ケツも撫でたがりよ。楽しいだけ。欲や」


2.旬の蔵
蔵には以前の掲載作品を保存。

3.Σたいこめ教室

事始め決め事鑑賞法特徴創作法の概略から。

特集―合体

例年、アイドル図鑑のかきぞめ特集を入れると休みにしていましたが、今月は趣向で、同じ「送り」文で「返し」がだけ変えるというものです。

<痛っ!合体>
☆:(大衆風俗):「よい合体は」 「売女使いよ」
☆:(痴女の宅配便):「よい合体は」 「配達がいーよ」
☆:(高級風俗):「よい合体は」 「はい、高っかいよ」
☆:(不倫):「よい合体は」 「排他。対(ツガイ)よ」
☆:(老夫婦):「よい合体は」 「這い、×つ甲斐よ」
☆:(ED薬の力で):「よい合体は」 「倍×つ。害よ」
☆:(いけないクスリでキメて):「よい合体は」 「ハイだ!痛快(ツーカイ)よ」

4.特集蔵


5.Ш資料室

雑学の部屋と回文本の紹介('07年3月検索追加し全面改訂。4月追加)。雑学の部屋にたいこめや回文の自動チェック方法を掲載。役に立ちます。


連載:アイドル図鑑

今月は恒例の正月特別企画のかきぞめ特集ということで、セクシーグラドルやAV女優を集めてみました。

1:◆:「三回、かの痴態耐え、『佐々木心音(ここね)』下は手にズレ」 「レズにて果たし、“ネコ”。コき、支えたい“タチ”の快感さ」
2:◆:「出来過ぎず『美竹すず』、顔いい」 「いいオカズ、透けた水着好きで」
3:◆:「夜、泣くか。暴れ、すすり泣く気、『鳳(おおとり)かなめ』。撫でたし」 (ストーカーに拉致されナニを…)「舌で舐めな。××と大きくなり、すすれば赤くなるよ」
4:◆:「見たれ、裸人、『桐谷(きりたに)まつり』か。罪な身体、見ていかがだ」 「だが、××て淫らかな。見つかり、妻、ニタリ。禁じられた身」
5:◆:「開花で『佐倉絆(きずな)』あり。姉妹がいい。分かりがよいよ」 「良いヨガり、かわいいが、今、××穴好き。落差デカいか」

6.連載蔵

7.Ф掲示板

掲示板サービス中止のため休止
投稿作品抜粋は投稿蔵に。09年5月更新(06年6月以降分反映)。
旧掲示板も見えます。

8.∽リンク集

09年12月linkのみ更新。

●禁複写・著作権等は管理者に帰属