たいこめ-回文を超えることば遊び

18/6/10更新
たいこめの会は本年6月19日に創設23周年を迎えます。


1994年に"たいこめマスター"岡田直也が"願いは?→はい,金!"のように逆さに読むと呼応するという"たいこめ"を週刊文春に半年間連載。当時の投稿者等でたいこめの会として活動。まずは代表例から。
<歴史家まごつきつ、ごまかしきれ>←これは回文
:(支配者)「民を従えた」 (民衆)「耐えがたしを見た」←これがたいこめ

1.たいこめの会

たいこめの会やサイトの紹介、記号説明。


旬のたいこめ(6月)

イスラエル建国で70万人が難民となった“大惨事”の前に移転とは…<“ナクバ”。捜しきれない傷。奇異な歴史が裁くな>
1.◆イスラエルの米国大使館、移転:(国内のユダヤ人に配慮しいわゆる「首都」に移転)「移転だ。大使館さ。神の御加護、エルサレムね。庭となるわさ」 (パレスチナ側の抗議に銃撃で死傷者多数)「触るな!永遠(とわ)に眠れ。さるエゴ、過誤のみか。惨禍強いた断定」
2.◆不適切融資が問題に:(高収益の地方銀行として注目)「『スルガ銀』、知る手だ。存在、かの果断、斬新へ」 (裏で融資のため預金残高を多く見せ)「変心。残高の改竄、育てる。信義が留守」
3.◆航空燃料会社、独占禁止法違反:「新規の彼らか。締め出し過度。鬼、『マイナミ』」 「見ない間に脅かし、ダメ。叱られ、かの禁止」
4.◆アメフト、日大の危険タックルが大問題に:(審判が反則をとらず、ネットで問題に)「問いな、反則タックル。止(や)めじ、怪我さして見せ、ぶつかるの」 (監督・コーチが追い込んでやらせたと発覚)「乗るか。『潰せ』、見て示唆がケジメ。やる屈託、『損はない』と」
5.◇森友問題、決済文書改竄が明白に:「指令、『佐川』ら、あがく予期。いざり寄るはいい総理だけに」 「逃げたり、ウソ言い張るよ。理財局が露わ。ガサ入れし」


2.旬の蔵
蔵には以前の掲載作品を保存。

3.Σたいこめ教室

事始め決め事鑑賞法特徴創作法の概略から。

特集―エステ

今月は、先月の化粧の話つながりでエステの話を集めてみました。

<エステして末>
★:「期待、洗顔が得意」 「行くとガンガン急(せ)いた気」
★:「耐え勝ち、醜い目」 「メイクに見違えた」
☆:「悲しいなら何す。ブサイクのクズ、睫毛エクステした。見ろ、ここ」 「心満たして救え。けつまずくの悔いさ。ブスにならない品か」
☆:「願う泥エステ。部位当てる。守るわ。さすが、塗り方が並みでないよ」 「よい撫で、皆がタカり、脱がす。触るも、まるで愛撫です。エロ動画ね」

4.特集蔵


5.Ш資料室

雑学の部屋と回文本の紹介('07年3月検索追加し全面改訂。4月追加)。雑学の部屋にたいこめや回文の自動チェック方法を掲載。役に立ちます。


連載:アイドル図鑑

今月も正統派アイドルのこの人です。

◇:「やった!『島田晴香』、陽が差したでな」 「撫でたし性(さが)。光る肌、増した艶」

6.連載蔵

7.Ф掲示板

掲示板サービス中止のため休止
投稿作品抜粋は投稿蔵に。09年5月更新(06年6月以降分反映)。
旧掲示板も見えます。

8.∽リンク集

09年12月linkのみ更新。

●禁複写・著作権等は管理者に帰属