推手とは

推手とは、太極拳の練習法の一つです。二人ペアになって、決まった順番の動作を行ったり、技をかけ合ったりすることで、太極拳の技術を高め、套路(型)の正確さを確認します。ここで言う、套路(型)の正確さとは、形の順番や形の正確さではなく、形の内部の身法や姿勢制御、力加減などです。昔から伝統的な太極拳門派(流派)では、推手と套路(型)の練習は、車の両輪のようであるとも言われ、推手の練習をやらなければ、本当の意味で、太極拳の技術は理解できないと言う人もいます。当会の推手の練習内容は、定形推手、対練推手(対打推手)、鍛錬推手、変化推手の四種類に分類しています。この推手の分類は、当会の練習カリキュラムとして、簡単に、解りやすくまとめたものとなっています。詳しくは、下記を参照下さい。


定形推手

定形推手は、二人ペアになって、形の決まった動作を繰り返しながら、身体や心の使い方(放鬆、掤勁、粘連黏随、聴勁など)や、姿勢制御(立身中正、沈肩墜肘など)、力加減などを感じ、学ぶための練習法です。大きく分けて、ペアとなった二人が、お互いに片手を接触させた状態で、決まった動作を行う、単推手と、お互いに両手を接触させた状態で行う、双推手があります。下記が定形推手の一例です。

平円推手、斜円推手、四正推手、四隅推手など

 

対練推手(対打推手)

対練推手(対打推手)は、ある状況下において、太極拳の技術を使う練習法です。例えば、腕を掴まれた状況などで、いかにして、太極拳の技術で相手の重心を崩すかなどを、学ぶための練習です。ある意味、護身術のような効果もありますが、基本的には、この練習を通して、太極拳の技術を補完します。多くの状況下において、太極拳の技を試し、身体の使い方や、力加減を学ぶための練習です。ここで体感した事を、定形推手や套路(型)に、内在させていきます。

 

鍛錬推手

鍛錬推手は、二人ペアになった状態で、太極拳や推手に必要な身体を作くるための練習です。身体を作る方法としては、基本法(気功)や套路(型)などの練習がありますが、この推手練習では、二人ペアで、同種の練習を行います。これは、身体の開発という意味では、一人より二人で練習した方が、効率が良い場合があるためです。鍛錬推手は、そのような練習法を集めたものだといえます。

 

変化推手

変化推手は、主に定形推手の動作を、変化させるための練習法です。定形推手などに、歩法(フットワーク、ステップ)を加えたり、普通は手首などの、相手との接触点を変えるための練習です。つまり、決まった動作に上記のような要求を加え、変化させるための練習法です。例えば、歩法(フットワーク、ステップ)が加われば、活歩推手となります。これを発展させた先に、自由推手や散手などがあります。


    見学、体験、受付中!!

TEL  (09051393289)

メール taijiquan20184@docomo.ne.jp

メール送信はこちら











Comments