太極拳の套路(型)!!二十四式(24式太極拳)の練習法と意義!!

2018/12/06 2:00 に 広亮岐橋 が投稿

太極拳の套路()で有名なのは、二十四式(24式太極拳)ではないでしょうか。この二十四式の太極拳は、初級者が練習する套路として、認識されている事が多いのではないかと思います。また、この二十四式の太極拳を覚え、一定の期間、練習すれば、多くの場合、次の套路を練習する事が多いのではないかと思います。二十四式の次の套路は、制定拳系統では、四十八式48式太極拳)や太極剣)などでしようか。あるいは、陳式太極拳や、八極拳蟷螂拳などの違う武術を練習する場合もあります。しかし、太極拳を練習するという事を前提にするならば、他の套路や武術を練習する事は、優れた練習法だとは言えません。武術門派(流派)にもよりますが、大雑把に分類するならば、中国の武術門派には、複数の套路を覚え、練習する事で、技術を身につけるものと、一つの套路を練習し、その内容を深める事で、技術を身につける門派があります。前者は、練習内容や技術を、複数の套路に振り分ける事によって、複数の套路全体を通して、その武術門派の技術を体現する、練習体系だと言えます。このような練習体系を持つ、代表的な武術門派は、蟷螂拳などです。また、このような練習体系を持つ武術門派は、中国の武術では、一般的だと言えます。後者は、一つの套路に、全ての技術と練習体系が、内在している武術門派です。このような練習体系を持つ、代表的な武術門派は、太極拳です。太極拳には、前述した、二十四式や四十八式などの、数字で表される套路があります。この数字は、套路の動作の数を表しています。これらの数字がつく套路は、全て簡架太極拳と呼ばれるものに分類されます。この簡架太極拳とは、元々あった太極拳の套路を、簡略化したもの、という意味です。この元々あった套路とは、大架式(老架式)小架式などとも呼ばれる套路です。門派や系統にもよりますが、楊式太極拳の老架式は、百動作以上あります。この太極拳の套路には、重複動作が、何度もあります。この重複動作を排除し、再構成して短くまとめた套路が、簡架式です。つまり、同じ系統の太極拳門派であるならば、二十四式も四十八式も、全ての数字で表される套路は、同じ内容だと言えます。ただ、動作が多いか少ないかの違いでしかありません。練習内容が同じであるならば、複数の套路を覚えるより、一つの套路に習熟するべきです。そのため、仮に最初に練習した套路が、二十四式であるならば、この二十四式の練習に集中するべきだと言えます。また、剣においても、同じ事が言えます。剣に関しては、この兵器の操作の方法は、学ぶ必要がありますが、太極剣の運用の方法は、素手の応用であり、延長でしかありません。極論するならば、二十四式が出来れば、運用は可能なはずです。つまり、無理をして套路を覚える必要はないという事です。また、二十四式の太極拳を、初級の基礎的な練習課程とする場合があります。まず、二十四式を練習した後に、陳式太極拳や他の武術を練習する体系です。これは、太極拳の技術の練習という観点のみでいうならば、あまり良い練習体系だとは言えません。前述したように、二十四式太極拳は、一つの完成された套路を、簡略化したものです。そのため、複数の技術体系を、同時に練習する事になるためです。希に、陳式太極拳を学ぶためには、二十四式を練習してからでないと、練習出来ないと考えている人がいますが、これは間違いです。仮に、陳式太極拳を練習するのであれば、その練習から始めるべきです。陳式太極拳には、その技術を体現するための練習法と体系が存在するからです。このように、多くの太極拳の練習者は、二十四式太極拳を、初級者の練習するレベルの低い套路だと、考えている場合があります。しかし、この二十四式太極拳は、大架式や小架式などの、完成された技術の套路を、短くまとめたものでしかありません。本来、二十四式太極拳には、極めて高度な技術が内在しています。言ってみれば、この套路一つで、全てを完成出来る套路だと言えます。また、これは、数字で表されている、太極拳の套路の全てに言える事です。現代人には、むしろ、短く構成された套路の方が練習しやすいかもしれません。なぜならば、現代人が練習する場合、動作が多く、長い套路は、なかなか出来ません。また、覚えるだけでも時間がかかってしまいます。そのため、多くの套路を覚える事や、多くの動作で構成されている、長い套路を練習するより、現代人には、効率的だと言えます。つまり、二十四式などの、動作の少ない套路だけでも、太極拳の技術を高度に体現する事が出来るという事です。当教室で練習している、太極拳の套路は、十五式太極拳です。二十四式太極拳よりも、さらに短くまとめられた套路を通して、技術の完成を目指していきます。

 

Comments