品々‎ > ‎

馬鹿げたオンラインビジネス10例

 
  ↑ から。
 
1. Million Dollar Homepage
発案者:Alex Tew(21歳、英国人大学生)
内容:「1ピクセルをたった1ドルで売る」というホームページ。
 
そのホームページは1000×1000の格子状に配置された100万ピクセルで構成され、10×10ピクセルを最小ブロックとして、1ピクセル当たり1ドルで販売し、そこに画像ベースのリンクを設置する。ブロックの購入者がそこに表示すべき画像と、その画像にリンクすべき URL とカーソルがそのリンク上を通過する際に表示すべき文言を提供する。このウェブサイトの目標は全ピクセルを販売することで、それによって作者に100万ドル(ミリオンダラー)が入ってくることになる。(wikipedia
 
2. SantaMail
発案者:Byron Reese
内容:「10ドルでサンタからの手紙が届く」というサービス
 
アラスカあたりの北極に近いところの住所を入手してサンタのふりをして子供に手紙を10ドル(約1200円)で送ってやるというもの。2001年に始めてから、毎年20万通もの手紙を送り、年間1億円になるという。


3. Doggles
発案者:不明
内容:犬用ゴーグルのデザイン・販売
 
大成功したらしい。日本でもdogglesの帽子(もちろん犬用)が販売されているようだ。
 

4. LaserMonks
発案者:McCoy(修道士)
内容:プリンタのインク補充代行。
 
プリンターのインクが切れて買いに行くと、あまりに値段の高いインクしかなくインクの補充を思いついたのだそう。始めた頃は数人の修道士が数個のプラスチックの補充するだけだったが、今では一日に200から300の注文を受けるまでに。2002年に2000ドル(24万円)だった売り上げが2005年には250万ドル(約3億円)にまで上がったそうだ。なお、ほとんどの利益はチャリティや修道院の維持や管理に使われているという。


5. AntennaBalls
発案者:Jason Wall(カリフォルニア)
内容:アンテナボールのデザイン・販売
 
ファストフード店Jack In The Boxのグッズであるアンテナボール(車のアンテナの先につけるアクセサリー)が、
300万個も売れているというのをCMで知った発案者が「いける」と始めたらしい。1年目の1999年で115万ドルを売り上げ、現在では500種類のアンテナボールを揃え年間400万個を売り上げる。


6. FitDeck
発案者:Phil Black(元米海軍特殊部隊SEALs)
内容:エクササイズのカード販売
 
エクササイズを図にしたカードをセットで18.95ドル(約2300円)で販売。1年で470万ドル(約5億6000万ドル)を売り上げた。


7. PositivesDating.Com
発案者:Paul Graves、Brandon Koechlin
内容:HIVウィルス保持者の会員制サイト
 
HIV保持者とデートしたいという人も結構いるのではないかと考え、オンラインデートのサイトを立ち上げたところ、 2005年の売り上げは11万ドル(約1320万円)にのぼり、2年で会員は5万人になると見込まれている。


8. Designer Diaper Bags
発案者Christie Rein、Marcus(3児を持つ夫婦)
内容:オムツ入れのデザイン・販売
 
34歳のクリスティ・レイン(Christie Rein)さんはジップロック式のビニール袋におむつを入れて持ち運ぶことに嫌気がさして、なんとオムツ入れをデザイン。2004年の11月に夫のマーカス(Marcus)に手伝ってもらい、お尻拭きまで入るおしゃれなおむつ入れを完成させ、2005年には18万ドル(約2160万円)を売り上げた。現在22種類のおむつ入れがあり、オンラインや店で14.99ドル(約1800円)で売り出されている。


9. PickyDomains
発案者:不明
内容:ネーミング募集サイト
 
ドメイン名を考えてもらうサービス。募集客は50ドルを払うことで、30日間応募者からの名前リストを受け取り、気に入ったものがあれば登録する。 登録された名前の発案者は25ドルを受け取ることができ、残り25ドルは手数料利益になる。 気に入った名前がなければ全額払い戻しという仕組み。
 

10. Lucky Wishbone Co.
発案者:Ken Ashroni
内容:ウィッシュボーンの製造・販売
 
おまじないに使うWishboneをプラスチックで作って売る。日本で言うと「∞なんとか」のシリーズに近いような。
価格で3ドル/本、売り上げは100万ドル/年(2006)。

 
 
さて。
馬鹿げたアイデア、オンラインビジネスとあるが何タイプかに分類できそうな気が。
 
1 商品をニッチに絞り、世界中の地域へ
2 客層を絞り、世界中の地域へ
3 マッチングのプラットフォームを作り、世界中に知ってもらう
 
被るところもあるし拙いけどこんな感じか。あ、インクだけ違った。
そういえばこれはオンラインビジネスなのか・・・?
Comments