活動主旨と概要

活動主旨

  • 安全な環境下のシドニーで、現地支援を受けながら、短期保養をする。
  • ホームステイ家庭滞在など現地の生活に触れ、国際的視野を身につける。
  • オーストラリア独自の文化やスポーツを体験することで、異文化への理解を深める。
  • 文化交流プログラムを通して、日本伝統文化の理解を深め、国際普及の貢献を担う。
  • 現地保養プログラムを通じ、国際支援を実感してもらう。
  • 現地学校での交流会を通じ、幅広い人間関係を形成する。
  • オーストラリアに福島の現状を伝えることで、国際震災支援をアピールする。

活動概要

国際支援

オーストラリア人の多くは、福島の現状に深く心を痛めており、遠く海外からでも支援の手を差し伸べたいと願っている。シドニー・レインボーステイ・プロジェクトでは、我々の提供する「保養プロフラム」を通して参加者に国際支援を示し、その思いを福島県に届けていきたい。

 

 
 
(学校交流を行う現地校の掲示板に貼られた、東北震災復興を願う新聞記事)
 

国際文化交流

日本の伝統文化を、現地校に伝えることで、国際交流を図ると共に、日本伝統文化国際普及の一旦を担う。

さらに、国外で日本文化がどのように受け取られているかを認識し、日本文化、日本人としての誇りを実感してもらいたい。
 
 
 
 
 
 
(シドニー現地学校で、着物を着てお寿司の巻き方を教える学生達の様子)

異文化理解
異文化理解

オーストラリアは、白人、海外移民、原住民アボリジニ、などが多種在住する国で、マルチカルチャリズムが発達している。その多様文化に触れることで、異文化への理解を深めてもらう。

 

 
 
 
 
 
 
 
(アボリジニ伝統儀式に参加し、日本では体験出来ない異文化に触れる学生達)

国際的視野を培う
国際的視野を培う

現地ホームステイ家庭に滞在することで、日本とは異なる海外の生活を実体験する。

また、多国籍社員が多く働く企業を訪れ、国際的視野を培ってもらう。

ネイティブ英会話に触れ、国際言語である英語の必要性を認識してもらう。

 

 
 
 
(多国籍社員が働く企業の会社訪問。)