名古屋、津島近郊での贈与なら当事務所にご相談ください

 
 

相続税対策、自宅を売却する場合の譲渡所得税対策に

贈与税の配偶者控除
 
   
    基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除できるという特例です。
 
 
 
 
 

父母や祖父母から住宅取得資金の贈与を受けた場合

住宅取得資金贈与の非課税
 
 父母や祖父母などの直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場合に、その一定金額について贈与税が非課税となる制度です 
 
 
    住宅取得資金贈与の非課税の詳細
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
贈与税の課税方式
 
    贈与税の課税方式には
 
        ① 暦年課税
 
        ② 相続時精算課税
 
    の2つがあります。
 
 
    通常、贈与といえば①の暦年課税をさします。
 

 
暦年課税
 
 
    1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の合計額に課税されます。
 
    基礎控除110万円があります。したがって贈与された財産の合計が110万円以内であれば贈与税は課税されません。
 
 
 
    贈与税は贈与財産の価額が多くなるほど税率が上がります。現在の最高税率は50%です。
 
    したがってむやみに贈与をすると、多額の贈与税を払わなければならなくなります。
 
 

 
申告期限と納期限 
 
    贈与税の申告期限と納期限は、もらった年の翌年の2月1日から3月15日の間です。
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comments