株と税金

                                    Homeへ
 
 
配当所得
 
 上場株式
 
 
口座の種類
 
証券口座には次の3つがあります
 
 
① 一般口座
 
② 特定口座(源泉徴収あり)
 
③ 特定口座(源泉徴収なし)
 
 
    このうち特定口座(源泉あり)は、10%(国税7%、地方税3%)の源泉徴収がされて支払われます(軽減税率、平成23年12月31日まで)。
 
ただし大口株主(発行済み株式総数の5%以上所有)については20%の源泉徴収がされます。
 
 
 
課税方法
 
 上場株式の配当の課税方法には次の3つがあります。
 
 
 
・総合課税
 
    これが原則的方法となります。確定申告書の第一表で各種所得の金額と合計し、そこに税率を乗じて所得税額を計算します。配当控除を受けることができます。
 
 
・確定申告不要制度
 
    特定口座(源泉徴収あり)・・・源泉徴収のみで課税関係が完結し確定申告をしないことができます(大口株主を除く)。 
 
 
・申告分離課税
 
     確定申告書第三表を使って、総合課税の所得とは別に所得金額を計算します。税率は国税7%、地方税3%(平成23年12月31日まで)です。
 
    上場株式等の譲渡損失がある場合、損益通算ができます。
 
 
 
 

 
 
 
☆ どの方法を選べばいいの?
 
 
 
 年末調整をしている人で給与以外の所得がなく、年間の配当金額が20万円以内の小額投資家の方であれば、③の特定口座(源泉なし)がおすすめです。
源泉徴収もされず、確定申告の必要もありません。
ただし20万円を超えると確定申告の必要があります。
 
 
 
・手間がかからないのは②の特定口座(源泉あり)で確定申告をしない方法です。
配当収入を扶養控除適用の判定基準になる所得金額に含めなくてもよいため、扶養に入っている主婦の方などは所得金額を気にすることもありません。
 
 
 
・②の源泉徴収あり口座でも、所得の低い方であれば確定申告をすれば税金が戻ってくることもあります。
 
 
 
・株式の譲渡損失がある場合には、申告分離課税での申告をすると配当所得と譲渡損失の損益通算ができます。
 
 
 
以上の点を踏まえ、自分に合った方法を選びましょう。
 
 
 
 
                                                                                                        Homeへ  
Comments