生命保険(個人)

生命保険料と保険金の税務上の取り扱いについてまとめます。
 
 
保険料
 
生命保険について支払った保険料は所得税の生命保険料控除を受けることができます。
控除額は一般の保険料個人年金保険料で分けて計算し、それぞれ最高5万円となっています。
 
 
 (1)一般の保険料
        
     支 払 額  [A]        控 除 額
 ~25,000円  [A]の金額
 25,001円~50,000円  [A]×0.5+12,500円
 50,001円~  [A]×0.25+25,000円 (最高5万円)
 
 
(2)個人年金保険料
 
    支 払 額 [A]        控 除 額
~25,000円  [A]の金額
25,001円~50,000円  [A]×0.5+12,500円
50,001円~  [A]×0.25+25,000円 (最高5万円)
 
 
生命保険料控除額=(1)+(2)
 
 
 
 
保険金 
 
(1) 満期保険金を受け取った場合 (保険料の負担者と受取人が同一の場合)
 
    所得税がかかります。この場合に、一時金で受け取るか、年金で受け取るかによって課税方法が変わります。
 
    ① 一時金で受け取った場合
 
        一時所得となります。
    
       ( 受け取った保険金の総額 - 既に支払った保険料 - 特別控除額50万円 ) ×1/2
 
 
    ② 年金で受け取った場合 
 
      公的年金等以外の雑所得となります。
 
        その年中に受け取った年金の額 - その金額に対応する払込保険料
 
 
 
(2) 満期保険金を受け取った場合 (保険料の負担者と受取人が異なる場合) 
 
    贈与税がかかります。 
 
  
(3) 死亡保険金を受け取った場合(保険料負担者が受取人と同一の場合)
    
    一時所得となります。
 
 
(4) 死亡保険金を受け取った場合(保険料負担者が被保険者でなく、受取人でもない場合)
 
    贈与税がかかります。
 
 
 
(5) 死亡保険金を受け取った場合(被保険者が保険料負担者である場合) 
 
    相続税がかかります。
 
    課税財産
 
        取得した保険金の額×(被相続人が負担した保険料の額 / 被相続人の死亡の時までに払い込まれた保険料の全額)
 
 
 
*年金で受け取る場合の相続税評価額
 
    (1) 有期定期金
        次に掲げる金額のうちいずれか高い金額
 
        ① 解約返戻金
        ② 定期金に代えて一時金の給付を受けることができる場合・・・一時金 
        ③ 給付を受けるべき金額の1年当たりの金額 × 残存期間に応ずる予定利率による複利年金現価率
 
    (2) 終身定期金
 
        次に掲げる金額のうちいずれか高い金額
        ① 解約返戻金
        ② 定期金に代えて一時金の給付を受けることができる場合・・・一時金
        ③ 給付を受けるべき金額の1年当たりの平均額 × 目的とされた者の余命年数に応ずる予定利率による複利年金現価率
 
    (3) 期間付終身定期金
 
        次に掲げる金額のうちいずれか低い金額
 
        ① 有期定期金としての評価額
        ② 終身定期金としての評価額
 
 
    (4) 保証期間付終身定期金
 
        次に掲げる金額のうちいずれか高い金額
        ① 有期定期金としての評価額
        ② 終身定期金としての評価額  
 
 
    (5) 一時金の額を分割の方法により利息を付して受給
 
        一時金の額  
 
 
* 生命保険金等の非課税額
 
    ① すべての相続人の取得した保険金の合計額 ≦ 保険金の非課税限度額(5,000千円 × 法定相続人の数)
 
            ⇒ その相続人の取得した保険金の金額
 
 
    ② すべての相続人の取得した保険金の合計額 ≧ 保険金の非課税限度額(5,000千円 × 法定相続人の数)
 
            ⇒ 保険金の非課税限度額 × (その相続人の取得した保険金の合計額 / すべての相続人の取得した保険金の合計額)
 
 
 
 
Comments