会長あいさつ




 【平成年度須坂商工会議所青年部スローガン】

切磋琢磨

 わたしたちが出来ることを。私たちがすべきことを。

 

【会長所信】

商工会議所青年部とは、次世代を担う立場の者の研鑽と交流の場です。そしてそれらを通じてメンバー全員が企業家精神を一層高め、成長していくための場でもあります。

また、地域そして社会への貢献も考えていかなければならない組織でありますが、それらを考える上でYEG宣言にもある通り自らの企業の発展が原点とならなければなりません。

 

昨年度、須坂商工会議所青年部(以下、須坂YEG)は様々な事業により、地域の経済的発展への活動やこれからの未来を担う子供達への事業のほか、愛すべき郷土のための事業を行い地域経済の発展と社会貢献の担い手として須坂YEGの使命をしっかりと行えました。

 

今、この須坂YEGを支えていただいた経験豊富な諸先輩も卒会され、様々な事業を運営するメンバーも非常に若いメンバーが増えてきました。また、新しいメンバーも増え、今までの事業を続けつつ新しい発想から今までにはなかった地域のための事業を始めることなど活発な活動を行う中、事業の数は非常に多くなり始めこれから新しい事業を展開しようとしても無理が生じてしまう事が想像できてしまいます。

また、以前は出来ていた研修会などの事業も開催が難しくなり、須坂YEGへ送り出してくれている各メンバーの所属企業に研修会から学んだことを持ち帰り実践すると言ったことも少なくなってしまいました。

 

スタートしてから長い年月が経っている事業もあります。始めた時と今とでは大きく環境も変わってきました。今年度は今まで行ってきた事業を検証し、今まで通りに事業を行ってゆくことが地域のために、そしてYEGメンバーのためになるのかどうか。そして、これからの須坂YEGが進めていくべき事業かどうかを考えます。もちろん、今まで継続してきた事業を否定するわけではありません。歴代会長、OBの諸先輩方々の築いていただいた歴史と誇り、そして様々な事業としての活動こそが須坂YEGの礎であることは明らかです。

また、事業だけでなく各種セミナーや交流会を通じて会員同士の交流と研鑽を重ね、今以上にメンバー同士を知り、この須坂の地に必要とされるYEGメンバーとして活動していけるための一年とします。そのためにも多くの事業や研修に参加をしていただき、今まで以上にメンバーとの繋がりを強め、地域を支える青年経済人としての成長をしていきましょう。

平成31年度は35周年の記念事業も予定しています。今まで以上に多くのメンバーで須坂YEGを盛り上げ、多くのメンバー同士で繋がりを持ちましょう。

 

今現在の若い力と、これからのさらなる若い力が手を取り合い、仲間として活動をし、そして全員でこれからの青年部活動を楽しみながら私たちが出来る事を。そして、私たちがするべき事を考え、行動していきましょう。

 

 

 【重点施策】

 1.組織運営の改革

・ 効率的に諸会議運営を行うための改革

  充実した委員会活動への取り組み

  AT(エンジェルタッチ)の普及と有効活用

  規約等の整備

 

2.広報活動の強化

 ホームページの作成

  会報「NEXT」の発行

  SNSの活用

  商工会議所ニュースへの記事提供

 

3.次代を担う子ども達への明るい未来創造

第13回ジュニアエコノミーカレッジinすざかの開催

  公民館主催の職業体験事業への参加

  職業体験わーくわくすざかの開催

 

4.地域振興事業の実施と協力

・ すざかバルの開催

  カッタカタまつり、第30回信州須坂ハーフマラソンへの協力

 

5.会員間の交流・連帯強化

・ 会員同士の親交を深める為の交流会の開催

・ 会員増強

・ 各種事業の出席率向上への取り組み

 

6.他団体との交流・連携強化

・ 3団体研修事業の計画、実施

・ 長野、千曲YEGとのゴルフ大会の計画、実施

・ 須高青年5団体交流会への参加

・ 県連総会、ブロック大会、全国大会、全国会長研修会、全国サッカー大会、

 ジュニエコサミット等への積極参加

・ 交流提携先の奄美大島YEG、彦根YEG及び近隣YEGとの交流

・ OB会との連携

・ 親会との交流

 

7.研修事業

個人及び企業の資質向上・研鑽を図る研修会の実施

 

8.35周年事業の計画



Company Presentation


Comments