環境の浄化

環 境 の 浄 化

自宅・店舗・工場・事務所などの環境浄化

人類は、20世紀において資源やエネルギーを大量に消費し、地球の呼吸といわれている共鳴周波数(*1)に異常を与え、重金属やダイオキシン汚染物質を排出し、大量不法投棄など環境に大きな問題をおこしながら発展を遂げてきました。その結果、自然の自浄力、再生能力を上回って環境に負荷を与え、地球環境の急激な劣化を招きました。 人類社会が健康で幸福な生活を存続することができる可能性を高め、21世紀を「環境世紀」と呼べるような形で未来世代に引き継ぐためや、事業繁栄のためにも、ジオパシック・ストレス、土地環境、店舗や家屋などの環境の浄化保全と心身の浄化は必要不可欠なのです。

(*1) 
1954年、ドイツの物理学者W.Oシューマン博士により発見された地球が地表と電離層との間に発生させている共振周波数(シューマン共鳴波7.83Hz)で生命というものが、太古の時代から地球の共振周波数を「ゆりかご」にして生まれてきたといわれています。

人間を始めとする生物全体は本来この地球が発生する周波数に守られて生活してきたわけですが、近来、様々な人工的な電波、電磁波などにより、この共振周波数が乱れたり、かき消されたりして環境、人体などに様々な悪影響が起こっていると言われています。 この変化は、人間の精神に影響を与え、被害妄想や強迫観念増大、異常な執着心にさいなまれる等エゴ感情の増幅と振幅を拡大させています。特に、1980年頃を境に、共振周波数は徐々に上昇を始めておりDNAと海馬・松果体そして脳全体に多大な影響を与えてしまうということがわかってきました。

それでは、具体的に環境浄化をどのように理解し、解決していくのかをお話してみましょう。




ツキを呼び込む住環境診断のポイント


● 季節や天気によって気分が変わるのはなぜ?

すべての物体に気(エネルギー以下「気」と書きます)は宿っています。それは人や動物や品物にとどまりません。草木、大地、天空からも気は放射されているのです。そして、互いにふれあい、まじりあって影響を与えているのです。 たとえば季節も気をもっています。そして私たちは、知らないうちに季節の気の影響を受けているのです。
春になると心がはずむのは、春の陽気のせいです。春先には上気した人間が増えてきます。冬の陰気から、春の陽気にかわるとき、体が上手に対応できないために、はしゃぎすぎてそそうをしてしまうのです。
夏には冒険したくなります。夏の気はエネルギッシュで、人を大胆な行動にかりたてます。みんなキャンプに出かけたり婚前旅行をしてしまったり大変です。非行や家出や暴力事件などのハンパなことをしてしまうのも夏の気のせいです。
秋には感傷的になります。また陽気から陰気にかわるために気持ちが沈んでくるのです。秋に運動会をやるのは元気をとりもどす知恵です。それでも感傷をおさえきれず、詩をつくったり絵を描いたりする人が増えるのです。
冬は陰気に支配されます。そのため、体がだるくなります。抵抗力も落ちます。医術の父ヒポクラデスも「冬は病気になりやすい」と言っています。冬には熊も蛇も冬眠します。人間も養生が大切なときなのです。
また、私たちは天候によっても気分を左右させられています。
私たちは、晴れの日には、ウキウキしてきます。体が陽気を感じるからです。冬の陰気なときでも、天気が晴れたら気分も晴れてきます。小春日和という言葉で、冬のあたたかな日を大切にしています。
雨の日には気分が滅入ります。雨は陰気を運んでくるからです。梅雨は、季節的には陽気なのですが、気分はゆううつになります。それだけ梅雨の雨は強い陰気を運んでくるのです。だから、雨が降ると古傷が痛み出すのです。



● 緑を飾り、カーテンを変えるだけで生活空間の気は変えられる

私たちは季節や天候の気に影響を受けますが、これをコントロールすることは容易ではありません。 ニュージーランドのロルフ・アレキサンダー博士は、新聞記者の見守る前で空に浮かぶ雲を消したことがあります。日本の超心霊学者シヴァ千徳も雲消しができるといいます。ごく限られた超能力者は、気を放射して気象を変えることができます。私も過去には雲消しとか野生の鳥を眠らせることに夢中になった時期がありました。今でも傷ついた「野生のすずめや鳩」を癒しています。 ですが、普通はできません。ただ天から降り注ぐ気を甘んじて受けるしかありません。
しかし、地の気、とくに住環境の気は、誰でも読めるし、誰でも整えてよくすることが可能なのです。
山、森、林、木、草、花、海、川、湖、池、溝、岩、石、ジャリ…。家屋、家具、調度類、掛け絵、掛け軸、置き物、事務機器、マイカー、自転車、ペット…。これらは、いっせいに気を放射しています。
私たちは、これらの気を読み、よい気が発生している場所を探したり、良い気が発生するように、さまざまな手をつくすことができます。
たとえば、良い気を発生させたり、悪い気を浄化したり、木を植えたり、池を掘ったり、カーテンを変えたり、置き物を飾ったりして、気の流れを変え、よい気を生活空間に満たせるように提案することができます。
かりに100人のオペラ歌手が、おのおのかってに発声練習したらどうなるでしょうか。ひとりひとりは美声でも、お互いの声を邪魔しあって、騒音になってしまいます。
でも、きちんと指揮して大合唱させたら、すばらしいハーモニーになります。
森や池、木や壁、食器や人形も、かってに美声ならぬ気を発しているのです。
これらの気の調和をはかり、気持ちのよい生活空間を作り出すことを私たちはやっております。



● 超古代人は土地の気を読むことができた

カタカムナノウタヒという超古代の科学書があります。学者の樽崎先生が世に伝えました。
1949年、先生は、兵庫県の六甲山系金烏山の洞窟で、平十字という宮司の許しを得てカタカムナノウタヒを書き写したのです。
このカタカムナノウタヒのなかに「イヤシロチ」、「ケガレチ」という言葉が出てきます。イヤシロチとは作物がよく育つ土地のことで、ケガレチとは育ちの悪い土地のことです。つまり、良い気に恵まれた土地がイヤシロチ(癒しろ地)で、気の枯れた土地がケガレ地(気枯れ地)なのです。
カタカムナノウタヒは、数万年前のものではないかと推定されています。そうだとすれば、超古代人は、土地の気を読む方法を知っていたのです。
また、ストーン・サークルという、石を環状に並べた古代遺跡が日本各地で発見されています。このストーン・サークルは、ケガレチをイヤシロチに転換する装置だったのではないかという説があります。
ピラミッドやストーンヘンジなどの超古代遺跡は、エネルギー(ピラミッド・パワー=気)を集めるコンデンサーだったのではないかとも言われています。



● 風水術を超えるリーディングで快適な生活空間を演出しよう

わたしたちは、O-リング、フーチ、ダウジングなどで超古代人も知らなかったリーディング法をつかって快適な住空間を創造することができるようになりました。
この技術を使えば、まったく風水の知識がなくても、その土地、その家屋、その空間の気の質や量を診断することができるし、改善することができるのです。
さらに引っ越すときや住宅を購入するとき、住まいを改善したり内装をリフォームするときにはビッグチャンスと思ってください。どの住宅が良いのか、どこへ引っ越せば運気がよくなるのか、どう改築やリフォームすればよいかがわかります。このリーディングで最適地、最適物件を探し出せるということです。
もし、リーディングで、いま住んでいる場所や住宅の気がよくないことがわかっても、あわてることはありません。
特殊波動カード(生命波動カード、浄化波動カード)を置いたり、家具調度類の配置を変えたり、観葉植物を置いたり、絵を飾ったりするなどして、よりよい気が発生するように、生活空間を作り変えればよいのです。






● 夢の住環境には最良の気が流れている

体に経絡が通り気が流れているように、土地にも経絡のような道があり気が流れています。この土地の経絡のことを、風水では龍脈といいます。体の気の出入口は経穴ですが、風水では穴というのです。そして勢いの良い龍脈の、その穴のまわりが最適な住空間なのです。
結論を言えば、「背山臨水」が理想の住環境なのです。
つまり三方を山(丘)にかこまれ、前方に平野がひろがる場所なのです。
そして平野には、水をたたえた池か川が流れていることが条件なのです。
デフォルメしていえば、まるで人間が両手を広げて、懐で守っているような場所が理想の住環境なのです。
あなたのまわりにも、巨人の懐に守られているような理想の住環境があると思いますが、頭のなかに地域の地図をひろげてみましょう。
まず神社や仏閣が思い浮かぶはずです。たいてい山か小高い丘を背に社や寺を構えています。神社に参拝にいくと、気が晴れたりするのは錯覚ではありません。そこには最良質の気が満ち溢れているのです。
よく和尚や宮司は病気にならず長命だといわれます。座禅や呼吸法や粗食に秘訣があるといわれていますが、最大の理由はイヤシロチに住んでいるからなのです。
山の手と呼ばれる地域も「背山臨水」である場所が多いのです。山の手に裕福な家庭が多いのは当然なのです。山の手には、はじめから金持ちが住んでいたというより、そこに住んでいるうちに運が開けて金持ちになったとも考えられます。


● 誰もが住みたがる“山の手”に秘められた開運パワー

山の手に対し、風水でいうと下町はケガレチである場合が多いものです。
よくない風水は平野のなかの窪地です。水はけの悪い場所、じめじめした場所には陰気が宿ります。こういう場所に下町は形成されることが多いのです。
はっきり言って、おなじ才能をもっているならば、下町に住んでいるよりも、山の手に住んでいるほうが成功する可能性が高いのです。スタートラインから運気が違うのです。
下町で成功した人は、山の手に家屋敷を構えたがります。ステイタスだけでなく、動物的なカンが働いてイヤシロチに向かうのです。
ここで、西洋の例をみてみましょう。
ドイツのコッテンフォルストには謎の四角形の鉄柱が立っています。鉄柱は、地上に出ている部分は1.7メートルですが、地下には28メートルの深さまで埋まっています。いつごろ立てられたものか不明です。少なくとも600年以前のものだといいます。
この鉄柱は、驚くべきことにまったく錆びないのです。なぜかと言えば、レイラインにあるからです。
レイラインとは、英国人A・ワトキンズが発見しました、地下を流れるエネルギーのラインです。このラインに沿って遺跡や境界や井戸が並んでいたりします。
これは西洋の風水です。レイラインは龍脈なのです。そして鉄を錆びさせないパワーを秘めているのです。このようにみてくると、風水は決して迷信ではない、ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
私たちはクライアントさんの体のなかのエネルギーを診断することも大切ですが、住環境のエネルギーを診断することも大切なことだと思っております。
ぜひとも、あなたの運を高めてくれる最適な場所や改善をやってみてください。



環境の浄化プログラム

● よい気が流れる環境は健康を守り、ツキを高める

体の健康は、よい気がスムーズに体内に流れているときに保たれます。
ところで気は万物に宿ります。気は天地人を貫くものです。体の外の気は、体を取り巻いて、体のなかの気に影響を与えます。
いくら体内に、良い気がスムーズに流れていたとしても、体の外に漂っている気がよくなければ、それが体内の気に悪影響を与えるのです。そうして、しだいに健康がむしばまれていきます。
大気汚染の環境に暮らせば、喘息その他の病気になってしまうように、「気」汚染の環境に暮らしていると健康を害するのです。気汚染は、大気汚染のように目に見えないし、臭わないからやっかいなのです。
あなたが暮らしている家や、あなたが昼間の時間をすごしている学校や会社の気の状態はどうでしょうか。それを知ることは、体の健康を守り、運気を向上させるためにはとても重要なことなのです。
そこに、どんな気が発生しているのか、気を読み取り、よりよい気が発生するように改善するための提案報告書として提示いたします。



《 調査診断 》

○ 鬼門がどのようになっているか。

○ 家屋全体の気はどうか。

○ すべての部屋ごとの気はどうか。

○ 台所、風呂、トイレ、バルコニーなどの気はどうか。

○ 特にどの場所で寝ているか。

○ 特に気になるところはどこか。

○ その他。

など徹底的に調査診断します。

どの部屋も風呂もトイレも、気の状態がよければ何も問題はありません。すでに家族は健康で、運気は良いはずです。
よい環境が、よい運気をもたらすわけは、そこに漂う良い気が、人を引きつけ、人をほがらかにさせるからです。よい気の集るところは心地良いのです。人が集まり、にぎやかになります。笑いがたえません。情報交換が行われています。それが開運につながるのです。
会社でいうなら、オフィスによい気があふれていると、みんなの仕事がはかどります。オフィスで商談をすればまとまりやすくなります。会社の業績が上がります。よいエネルギーで運気が上がるというのは、こういうことなのです。
だから部屋のエネルギーがよければ、へたなものを置いたり、いじらないほうがよいです。和室をフローリングにしたばかりに、せっかく調和がとれていたエネルギーが乱れてしまう、というようなことがあるからなのです。


《 改善方法 》

家のエネルギーをチェックして、どの部屋でも悪かったとします。こういうときには、たいてい土地そのもののエネルギーがよくないのです。賃貸住宅なら、思いきって引っ越すという手もあります。 そうもできないときには、改善する方法を創作していきます。
たとえば、波動カードを敷くとか、塩を四隅に置くとか、インテリアや家具調度類、置き物や掛け絵などを置いたりすると、エネルギー状態が変化してきます。 また、良くないエネルギーを発生させる原因は何かも調べます。
そして、マンション、住宅購入の時もきっちり調査診断を承ります。




環境の浄化 料金表

☆ 環境浄化 調査診断書      0円

☆ 波動カード  1枚     1,000円

☆ DSバイオレゾナンス・セラピーCD

ガイアの鼓動   A-1    4,200円

環境浄化   A-2    4,200円

心身浄化   A-3    4,200円