水圏環境科学研究室

 

 

 

経歴 有田正光教授  昭和25年4月13日生
 専門分野:水理学(環境水理学),河川水理学,海岸水理学

昭和54年3月  中央大学大学院博士課程満期退学 

昭和54年4月  東京電機大学理工学部建設工学科助手

昭和58年3月  工学博士(中央大学:論文)
昭和59年9月~61年9月  コ-ネル大学客員研究員 
昭和63年4月  東京電機大学理工学部建設工学科講師
平成元年10月  東京電機大学理工学部建設工学科助教授    

平成5年10月  東京電機大学理工学部建設工学科教授 現在に至る

 

著書等

 流れの科学,東京電機大学出版局,1998
 水理学(編著),東京電機大学出版局,1998
 水圏の環境(編著),東京電機大学出版局,1999
 水理学演習(共著),東京電機大学出版局,1999
 大気圏の環境(編著),東京電機大学出版局,2000
 地圏の環境(編著),東京電機大学出版局,2001
 環境問題へのアプローチ,東京電機大学出版局,2001
 ウンコに学べ!(共著),筑摩書房(ちくま新書),2001.
  水理学の基礎(単著),東京電機大学出版局,2006
 生物圏の環境(編著),東京電機大学出版局,2007


論文

  • 丸山治朗・武村武・中井正則・有田正光:長良川河口堰上流水域における植物プランクトンの高濃度化に関するデータ解析,水環境学会誌投稿中,11/2007
  • Maruyama,J.,T.Takemura,M.Nakai and M.Arita : A Study on Maltiplication of Phyto- plankton under Operation of Nagara Rivermouth Barrage,Pro.of XXXII IAHR CONGRESS,2007
  • 丸山治朗,武村武,中井正則,有田正光:長良川河口堰上流水域における植物プ
    ランクトンの増殖に関する研究~モニタリングデータを用いた解析~,水工学論文集,第51巻,pp.1207-1212,2007               
  • 橋本彰博・河合良昌・有田正光:潮汐場における河川水の拡がり特性に関する基礎実験,海岸工学論文集,第53巻, pp.371-375,2006         
  • 丸山治朗,中井正則,有田正光:浮葉植物(ガガブタ)群落の栄養塩収支および日射遮蔽に関する現地調査,水工学論文集,第50巻,pp.1195-1200,2006
  • M.Arita and A.Hashimoto : The classification on the mixing types of salinity intrusion in the tidal estuary,Pro.of XXXI IAHR CONGRESS,pp.5183-5191,2005
  • Maruyama,J.,M.Nakai and M.Arita : A field observation on the ecosystem and water quality and their seasonal variations in an irrigation pond with a floating-leaved plant(Nymphides indica) community,Pro.of XXXI IAHR CONGRESS,pp.5269-5278,2005
  • 橋本彰博・関根章雄・有田正光:有明海北部海域の水質構造と赤潮発生に関する一考察,海岸工学論文集,第52巻,p.931-935,2005
  • 有田正光・橋本彰博・南澤公太郎:感潮域の塩水侵入の混合形態分類に関する研究,水工学論文集,第49巻,pp.1375-1380,2005
  • 有田正光・橋本彰博:長良川河口域の塩水侵入と水質変動の特性,水工学論文集,第49巻,pp.1381-1386,2005.
  • 村田知也,丸山治朗,中井正則,有田正光:浮葉植物(ガガブタ)が繁茂するため池における生態系と水質およびその季節変化に関する現地調査,水工学論文集,第49巻,pp.12687-1272,2005
  • 中井正則,丸山治朗,有田正光:浮葉植物(ガガブタ)が繁茂するため池の現地調査,水工学論文集,第48巻,pp.1339-1344,2004. 
  • 橋本彰博・有田正光・南澤公太郎:長良川河口堰が塩水侵入に及ぼした影響,水工学論文集,第48巻,pp.1201-1206,2004.
  • 鯉渕幸生・佐々木淳・有田正光・磯部雅彦:有明海における水質変動の支配要因,海岸工学論文集,第50巻, pp971-975, 2003.
  • 鯉渕幸生・有田正光:長良川河口堰が堰下流域の流動と塩水侵入に及ぼした影響に関する研究,海岸工学論文集,第50巻, 1021-1025, 2003.
  • 有田正光・中井正則・田原定憲:負の浮力を持って斜面上に表層放出される三次元密度噴流の潜り点位置と流動形態,水工学論文集,第47巻,土木学会,pp.1159-1164,2003. 
  • 中井正則・有田正光・田原定憲:負の浮力を持って斜面上に表層放出される三次元密度噴流の流動に関する実験的考察,第46巻,土木学会,pp.1217-1222,2002.
  • Nakai,M.,M.Arita and Y.Tahara : Flow and spreading mechnism of three- dimensional negative buoyant surface jets released on a sloping bottom., J. Hydroscience and Hydr. Engrg., JSCE, pp187-195,2002.
  • Nakai,M. and M.Arita:An experimental study on prevention of saline wedge intrusion in rivers by an air curtain., J. Hydr. Res., IAHR, Vol.40, No.3, pp.333-339, 2002.
  • 有田正光・中井正則・佐藤玲:低濃度塩水を用いたソーラーポンドの関する野外実験,水工学論文集,第46巻,土木学会,pp.1159-1164,2003. 

その他業績

  • コラム:ウンコは教えてくれる,地球の上で語ろう,地上(農業関係雑誌),pp.65-75,2月号,2002.
  • 「海のゆりかご」干潟の危機---キャスター:真鍋かおり,6月7日,2006--電機大学での貧酸素下のメカニズムに関する実験が放映--NHK(後にアジア各局との合同再録版が国際放送として再放送,英語版)
  • 取材記事「アンナの気になる人のエネルギー」荻野アンナさんの取材,文藝春秋グラビアページ,12月号,2005
  • コラム:有田教授のウンコから学ぶ環境問題,1月号~12月号に連載,雑誌「ビルクリーニング」,2005.
  • 入試問題:「ウンコに学べ」が日本史問題として採用,広島修道大学,2005
  • 対談記事「達人対談,地球環境の達人:有田正光 VS ビートたけし,pp.81-91,新潮45 , 12月号, 2007.

建設環境工学科のホームページ