「とにかく書いてみる」

頭の中で、あれこれ考えていても、いっこうに筋道が立たない。混沌としたままである。
ことによく調べて、材料がありあまるほどあるというときほど、混乱がいちじるしい。
いくらなんでもこのままで書き始めるわけには行かないから、もうすこし構想をしっかりして
というのが論文を書こうとする多くの人に共通の気持である。
それがまずい。

気軽に書いてみればいい。あまり大論文を書こうと気負わないことである。
力が入ると力作にならないで、上すべりした長篇に終ってしまいがちである。
いいものを書きたいと思わない人はあるまいが、思えば書けるわけではない。
むしろ、そういう気持をすてた方がうまく行く。

                 『思考の整理学』 外山滋比古 (筑摩書房, 1986), p. 135 より抜粋 



*このサイトは、総合研究大学院大学葉山キャンパス(生命共生体進化学専攻)で「科学と社会」副論文に取り組む学生のために作成されています。(サイトの執筆・管理:飯田香穂里)