新潟支部の歴史

1963年の「ソニー教育資金受賞校連盟」結成から遅れること10年,1973年に「ソニー教育資金受賞校連盟新潟支部」としてスタートしました。小・中学校の理科・生活科の教師が一堂に会して切磋琢磨する研修組織として,新潟県の理科教育を支えてきた多くの名だたる先輩の皆様が会員として,県内外で活躍してきました。

2002年に「ソニー科学教育研究会(SSTA)」に改組されると同時に,「科学が好きなこどもを育てる」理念を掲げ,SSTA新潟支部として新たなスタートを切りました。

  現在でも,小・中学校の教師が一緒に活動する数少ない研修団体として,新潟県の生活科・理科教育を支えています。

新潟支部の活動

新潟支部の活動は,大きくは次の2点です。

① SSTAの目指す「科学が好きな子どもを育てる教育の創造」を受けて,「科学好きな子どもを育てる授業の創造」をテーマにした研修を推進しています。

   ・支部研修会の実施(全体研修3回/年,地区研修随時)

    ・SSTAが主催する「全国特別研修会」「中日本ブロック特別研修会」「科学教育若手教員研修会」等に研修員を派遣するとともに,全会員で成果を共有しています。

② ソニー教育財団主催の「ソニー子ども科学教育プログラム」「ソニー幼児教育プログラム」(教育助成金と賞品がもらえます。)への応募の推進と論文作成の支援を行っています。

    ・説明会の開催  ・論文作成研修の実施

新潟支部の特徴

    ・「科学が好きな子どもを育てる」という理念に賛同する教員が集まっています

    ・会員の年会費とSSTA本部からの助成金によって運営されています。


    ・小中学校の理科教員が共通のテーマで一緒に研修を行っています。


    ・SSTA本部の補助を受けて,県外の研修会に参加できるチャンスが大変多いです。


    ・年齢や立場,職等に関係なく,歯に衣着せないディスカッションがされています。


    ・互いの研修の成果を共有でき,理科教員のネットワークも県内外に広がっています。


    ・研修会では,大変多くのそして貴重な資料が配付されます。

 

新潟支部の事務局は,新潟市立白新中学校内にあります。

 〒951-8133 新潟市中央区川岸町2-4 新潟市立白新中学校内

       ソニー科学教育研究会新潟支部事務局

TEL 025(266)2136 FAX 025(266)2137

          Eメール ssta.niigata@gmail.com