ニュース‎ > ‎

第54回名古屋地区NLPセミナー

2018/10/31 7:55 に 佐野正裕 が投稿

4 コマ漫画のストーリーを計算機が追うために: 言語と画像から成る創作物に関するタスク設計

上野 未貴(豊橋技術科学大学)

計算機が人のように創作物を理解および生成できるのかということに近年注目が集まっている. 創作物の一つである漫画は言語と画像情報から成り,台詞,ナレーション,描き文字などが含まれている. そのため,自然言語処理および画像処理の分野の各手法の発展はもちろんのこと,学際的なタスクの設計やデータ構築自体も挑戦的な課題とされる. 発表者は,創作者と人工知能が共に新たなものを創る未来を目指して,ストーリーに潜む感性情報を工学的に扱うタスクを設計の上,創作過程を考慮するため,創作者と共同で研究を進めている. 本発表では,主に 4 コマ漫画のストーリーを計算機が追うという観点から,関連研究事例や具体的なデータ特徴の紹介および今後必要とされる技術について検討する.



Comments