助成金とは?

助成金とはどのようなものでしょうか?
 
①事業主が雇用保険に加入している。
 
②「新規雇用」、「教育訓練」、「不況に伴い従業員を休業させる」等の一定の条件を満たす。
 
③その要件に対し、さまざまな申請手続をし、認可されてうえで国から給付金が支給される。
 
④大部分の助成金は雇用保険料の一部が原資として使われている。
 
簡単に言いますと、申請⇒認可⇒支給となりますが、
 
要件を満たせば自動的に支給されるのではなく、管轄の官庁等に通い、計画や申請を担当官に受理してもらう必要があります。
 
企業内の総務担当者様等でも申請は可能ですが、手続きが煩雑で提出書類も多く又申請期間を経過すると受理されない等
 
専門家でないと助成金申請は難しいのが現状です。
 
※せっかく企業内の人員にて、プロジェクトチーム等を作り、数人にて助成金申請の為に数日間(かなりの日数)をかけ、助成金の種類調査、申請できる助成金の種類、申請に必要な要件の整備、申請等をしても、書類の不備、要件が合わなかった、申請期間切れ等の理由により、助成金が受けられない企業様残念ながらいらっしゃいます。
せっかく人件費(通常の就業時間、残業代金、休日出勤等)を費やし、結局助成金を受給できなければ何の意味もありません。
よって、助成金診断、申請手続き等を専門家である、社会保険労務士(国家試験保持者)に依頼するのが一番良い方法だと思われます。
※助成金申請業務は社会保険労務士にしかできない業務であり、
 
助成金申請があまり行われない理由
 
雇用助成金とは本来、中小企業の健全な発達を目的に創設された助成金ですが、十分に活用されていないのが現状です。
 
・助成金事態があまりよく知られていない
 
・種類が多すぎて何がなんだかわからない
 
・専門の手続きを者、できる者がいない
 
・面倒くさい
 
・相談先が不親切
 
等の理由が挙げられます、よって支給申請には専門家である、当社会保険労務士事務所にご相談下さい。
 
 
 
Comments