通信型(テレマティクス)ドライブボスのソリューション - Driveboss Fan






通信型(テレマティクス)ドライブボスでは、車の位置情報をリアルタイムで管理者に送ることができるため、現在地や目的地への到着時間などをクラウドシステムから確認し把握することができます。

これにより、電話などをかけることなく車の位置が把握できるため、迅速な指示やサービスの提供が可能となり、業務の効率化が期待できます。




指示やメッセージをドライバーに通知




通信型(テレマティクス)ドライブボスでは、配送先の変更や社内通達などの連絡メッセージをナビ画面に表示することができます。

それだけでなく、住所データを送信してナビの地図上に表示したり、事前に登録されている場合、登録されている名称も一緒に表示することができるため、急なルート変更にも迅速に対応でき、目的地が分からない担当者にも安心して業務を引き継げるため、チーム全体の機動力を高めることができます。



通信で運行データを送信し日報を自動生成




日報の作成に時間がかかる、担当者によって内容にバラツキがある、紙の日報なので必要な時に情報を引き出すことができないなど、業務・運行日報の作成に関して様々な悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか。

DRIVEBOSSでは、ナビの位置情報で顧客を特定し、業務ボタンで業務内容を登録することができるため、誰が、どこで、何を、どれぐらいの間行っていたのかということが一目で確認することができます。

また、通信型(テレマティクス)のDRIVEBOSSの場合、無線通信によってクラウドサービスにデータを送信しているため、帰社した時点で業務・運行日報が作成されているため、作業の省力化が期待でき、より生産的な仕事に時間を活用することができるようになります。




訪問順序・ルート最適化による機会ロスの抑制



訪問先リストをドライブボスのクラウドサービス上からカーナビに一括で送信し、一日の訪問先リストを表示することができます。

これまで営業担当者任せになっていた営業の内容を見える化するだけでなく、より効率的で効果的な営業活動を行うツールとしてご活用いただけます。



安全運転評価の数値化によるモラル向上




急減速・急加速などの運行データから危険性のある地点を、ヒアリハットマップとして表示することができます。

Googleのストリートビューでも確認できるため、具体的な場所を確認し、未然に事故を防ぐための対策を取ることができます。






Comments