講師紹介

講師:  粕谷 てる子
20年間にわたり通訳案内士教室を主宰し、多数の合格者を送り出してきました! 現在、現場で活躍されている通訳案内士の多くの方がこの教室の卒業生です。

 *2000 ~ 2010 年  東西文化センターにて通訳ガイド教室を主宰
 *2010 年~現在  
    「粕谷てる子の通訳案内士教室」を銀座に開き現在にいたる

現在、次の団体でスペイン語に関する活動を行っています。
* 明治大学文学部 スペイン語 講師。
* NHK 文化センター講師 (休講中) 
* スペイン語通訳・翻訳。NHKバイリンガルセンター登録通訳

経歴
  • バルセロナ大学大学院 教育学科 スペイン語教授法専攻 修士課程 修了
  • CAP(スペイン国教師免許)取得
  • 2005 年度「NHKラジオスペイン語講座 応用編」講師
  • 2007 , 2009 年度「NHKテレビスペイン語会話」講師

講師より

スペイン語をブラッシュアップし、日本についての知識とスペイン語での表現もマスター!
合格に向けて、この道 20年の粕谷が全力を上げて皆さまををサポートいたします!

私自身、プロの通訳としてのスタートは、通訳案内士の資格を取得(1984 年)してからでした。プロとして通訳案内士を目指している方も、通訳の道に進まれる方も、ぜひこの国家資格を取得されることをお勧めします。難しい試験ではありますが、合格のために学んだ事柄はその後の人生に絶対に役に立ちます。

具体的にこの講座で目指しているのは次の 3項目です。
1. 文法の穴を埋める。
長らく皆さんが培ってこられたスペイン語には必ず文法の穴がいくつかあります。よくわからないまま、あいまいなままに放置している箇所です。クラスでの日←→西翻訳を通じて自分の弱点や問題点を把握し、正確なスペイン語が書けるようになりましょう。

2.日本のことをスペイン語で説明する。
自国のことをきちんと語れるようになりましょう。日本の伝統文化、年間行事から環境問題などについての語彙や表現をぜひ学んで下さい。これらは、皆さんの“一生ものの知識”となって、仕事に文化交流に役立つことと確信しています。

3.プロの通訳案内士としてのコミュニケーション能力を磨く。
スペイン語が話せる、理解できるだけではプロの通訳案内士とは言えません。スペイン語圏から来られたお客様に気持ちよく有意義に日本の旅を楽しんでもらうためには、語学を超えたコミュニケーションのスキルが必要です。講座を通じて、通訳案内士として必要なスキルも身に付けてゆきましょう。


Comments