損保一般試験-短期合格のための勉強法

損保一般試験の基礎単位は2011年10月から新たにスタートした試験で、昔の損保募集人試験に該当します。

損保一般試験は、損害保険会社の職員以外にも、生命保険会社や、不動産会社、車のディーラーなど、損害保険の代理店を行い損害保険を販売する会社で勤める人の多くが受けることになる試験です。

このサイトでは、損保一般試験のうち、すべての人が受験する必要がある基礎単位に受かるために、必要最低限の覚えておくべきポイント重要度を、1日で読めるように集約しています。

仕事などが忙しい中、満点はいらないから取りあえず受かればいいという人や、試験の直前にポイントを確認したい人は、ポイントをご覧下さい。

スマートフォンの表示にも対応しているので、仕事での休憩時間で学習したり、電車の待ち時間で学習するなど、効率的にご利用ください。

なお、自動車保険単位・火災保険単位・傷害疾病保険単位の問題演習損保一般商品単位の問題演習で行うことができます。

本サイトの使い方

本サイト記載の内容をすべて把握しておけば、9割くらいの出題はカバーできていると思います。余裕があれば、すべての内容を学習するようにしてください。

ギリギリでもいいので、短い時間で受かればいいという人は、次のような手順で何度か読み、範囲をしぼって学習することで、短い時間で期待値があがりやすくなると思います。

①重要度 大のページは、1度目からすべて読む

②重要度 中のページは、1度目はポイントだけ読む。2度目以降は、すべて読む

③重要度 小のページは、1度目は読まない。2度目は、ポイントを読み、余裕があるならすべて読む

時間がない場合でも、1日で上記の通りに1度読むだけで、○×問題が多いという試験の特性も合わせて十分に合格点を狙えるようになるはずです。

なお、損保一般基礎単位の問題演習サイトもあるので、ここで学習したことの確認や過去問と似た形式での問題演習などに活用してください。

目次

損保一般試験とは?

第1章 損害保険の基礎知識

第2章 コンプライアンス

第3章 代理店の業務

第4章 自動車保険

第5章 火災保険

第6章 その他の保険

第7章 法律や税務など