側弯症分類

      側弯症には、発症原因により様々に分類されています。正確な診断が的確な治療に繋がります。    側弯症専門医のいる病院にて、早期診断と早期治療に努めて下さい。

little by little  〜先天性側弯症〜 

VEPTR.COM メッセージ 

VEPTR.COMとは 

VEPTR患者ガイド 

側弯症とは 

人道的医療機器承認 - VEPTR - 

米国の法制度 HDUについて 

国内薬事法規と米国法規の「差」 

米国では保険が、日本では治療自体が... 

 関連情報  

側弯症患者さんのページ 

特発性側弯症と民間療法について 

側弯症は発症時期や原因等で分類されています。          

◇生まれた時すでに脊柱の先天性変形、骨形成不全、神経障害その他の障害を持っていた場合の分類  (症候性側弯症)                             

      先天性側弯症 / 神経原性側弯症 / 筋原性側弯症  

      先天性側弯症はさらに                                単発性側弯症                                多発性側弯症                                 二分脊椎を含む側弯症                            シャルコレビン症候群 等に分類                       (マルファン症候群、レックリングハウゼン病等の               先天性の病気でも側弯症が見られる。)                                                 ◇成長に伴って発症する特発性側弯症は、その発症時期により                乳 幼児期側弯症 ( 0〜3歳 )                                                                            学童期側弯症      ( 4〜9歳 )                                                             思春期側弯症    ( 10歳以上)  に分類される。

      ...........................................................................................

 ◇医学における専門的細分類は                            病名       ICD10コード   

1 乳児特発性脊柱側弯症  M4109 
2 若年性特発性脊柱側弯症  M4119 
3 特発性胸椎側弯症  M4124 
4 特発性腰椎側弯症  M4126 
5 特発性側弯症  M4129 
6 胸郭原性脊柱側弯症  M4139 
7 筋性脊柱側弯症  M4149 
8 麻痺性側弯症  M4149 
9 ヒステリー性側弯症  M4189 
10 変性側弯症  M418 
11 疼痛性側弯症  M4189 
12 胸椎側弯症  M4194 
13 腰椎側弯症  M4196 
14 姿勢性脊柱側弯症  M4199 
15 習慣性脊柱側弯症  M4199 
16 脊柱後側弯症  M419 
17 脊柱前側弯症  M4199 
18 脊柱側弯症  M4199