宗派に関わらず、避難者を受け入れている寺院の情報を募集し、公開します。


サイト公開日:2011/03/19

お寺の境内地を開放できる御寺院を探しております。小さくても、遠くても
ぜひこちらへ、という寺院は下記より御登録願います。
~御注意!! 受入先、避難者ともに所属自治体との相談の元に行動をお願いいたします。~
2011/04/13
総務省が全国避難者情報システムの構築を発表しています。
~~~
避難先における情報提供の受付について(全国避難者情報システム)

避難されている皆様へのお願い

(1) 避難先の市町村へご自身の情報をご提供ください。 

(2) 避難前にお住まいの県や市町村から、見舞金等の各種給付の連絡、国民健康保険証の再発行、税や保険料の減免・猶予・期限延長等の通知など、さまざまなお知らせが届きます。 

 ※ 受付開始時期など詳しくは、避難先の市町村へお問い合わせください。 
~~~
2011/03/29 更新

  情報の収集方法として、ネット上や新聞記事の受け入れ情報は確認後の掲載としていましたが、今後はネット上で確認できたご寺院様の受け入れに関する情報をこちらのページにて集約する作業も行います。
 当ページの問い合わせ先:takeisotetsu@gmail.com




2011/03/19
設立趣意書 ~いまこそ開かれた寺院を~

私たちが未だかつて経験したことの無い大災害が今ここに発生しており、且つ事態は悪化し拡大しております。日本全国に点在する仏教寺院はやすらぎを求める場所であり、救いがそこにあります。そこは決して僧侶の事務所ではなく、墓所管理地でなく、苦しむ人々を慈悲の仏の御下で”救い上げる”空間でなければなりません。

幸いに日本にはすばらしい救済団体が数多くあり、既に現地で目覚しい救済活動を行っております。しかし、残念なことに今回の未曾有の大震災は、全く政府の、自治体の、既存のNPOの活動だけでは足りないのです。個人単位の行動も今まさに必要なのです。

できる限りの事をやろうではありませんか。東北から短期間、いや長期間に渡り、移住を余儀無くされる人が関東地方に殺到しております。
幸せも苦難も一切衆生と皆共に。今こそ門を開き、苦難の人々に安心の場所を。

設立人 拝

お寺の境内地を開放できる御寺院を探しております。小さくても、遠くても
ぜひこちらへ、という寺院は下記より御登録願います。
~御注意!! 受入先、避難者ともに所属自治体との相談の元に行動をお願いいたします。~







サブページ (1): 自治体との連携情報