人物


日本を国際的な視点から論じた知の巨人。
少数意見を尊重する姿勢を貫いた。

人間の生きる道を探し続けた孤高の小説家。 生きる希望、目標は過去の生きた歴史にあるという。

子どもたちの未来を信じ、本と触れ合うことの大切さを伝えた児童 文学者





8 6歳の哲学者が語る。「人民の記憶」を探ることが歴史研究の課題 であり、それを後世に伝えていくべきだと主張する。社会学者・鶴見和子は実の姉。

映画は永遠だ!少年の心を失わず生涯現役を貫いた稚の巨人


曹洞宗大本山 永平寺 第78代住職 宮崎禅師が語る

「平気で生きておることが悟りや」
「自然は立派やね 法にかなったのが大自然
 ときがきたら花が咲き ほめられてもほめられなくても
 すべきことをして 黙って去っていく
 それが自然 教えであり 真理や」
Comments