名雪祥代カルテット /細胞を創る研究会11.0懇親会Guest

名雪祥代 なゆきさちよAlto & Soprano Saxophones

宮城県遠田郡美里町(旧・小牛田町出身)

古川女子高等学校(現・黎明高等学校)出身。

昭和音楽大学(神奈川県)器楽学科管弦楽科へ進学、途中演奏家コースを選択。その後、より学びを深めるために昭和音楽大学・大学院へ進学。大学卒業時優秀賞を受賞して卒業、大学主催卒業演奏会に出演ほか、読売新人演奏会出演、コンセールヴィヴァン新人オーディションにて優秀賞受賞、受賞者コンサートに出演、昭和音楽大学オーケストラとコンチェルトソリストとして共演。在学中からプロオーケストラでのエキストラ出演、自身のカルテットなどでリサイタルを開催する等、クラシックプレイヤーとしての研鑽を積んだ。2003年仙台へ拠点を移す。その時、定禅寺ストリートジャズフェスティバルに感銘をうけジャズプレイヤーへの転向を決意、ジャズの道を歩みだす。

 故・岩浪洋三氏(ジャズ評論家)企画のジャズライブ(六本木・吉祥寺など)にゲスト出演したことをきっかけに東京へも活動の枠を広げ、ウィリアムス浩子(Vo)MY ROOM 」シリーズのCDレコーディングに参加する他、数々の著名なプレイヤーとの共演を重ねている。

 2015年定禅寺ストリートジャズフェスフィバル特別番組ラジオ(NHKFM公開生放送)では自身のカルテットで、2018年には特別番組テレビ(NHK総合)にて、自身のバンドBoa Sorteで出演、好評を博した。

 2016914日初リーダーアルバム『Comfort』を発売。発売翌日のAmazon J-JAZZ部門ランキング第1位を獲得の快挙(ジャズ・フュージョン部門では邦人1位の第5位にランクイン) CD発売ツアーを東北各地6カ所、さらに東京・大阪と広げて展開、満員の客席を湧かせた。20176月から8月、飛行機Air Do!オーディオプログラムにて、オリジナル曲「Nostalgie」(CDComfort』より)が採用された。

 その演奏は、正確なサクソフォンの奏法に裏付けされたテクニックと、歌心溢れる女性的な表現力、男性的な力強いサウンドの両方を併せ持つと定評がある。クラシックサックスを宗貞啓二、武藤賢一郎、古溝徹の各氏に、ジャズサックスを津上研太、安田智彦の各氏に師事。

 現在、ジャズプレイヤーとして仙台を中心に東北各地で演奏活動をする傍ら、ヤマハ音楽教室講師、仙台ジャズスクール講師として、音楽の楽しさを伝える仕事にも力を入れている。その他NHKラジオ第一『ゴジだっちゃ』(仙台放送局)水曜レギュラーパーソナリティとしてこの4月から出演中。

 


江浪純子 Piano

宮城県仙台市出身。

ピアノを板橋文夫、橋本一子に師事。

在学中より様々なバンドで活動。

JAZZ,SOUL.R&BPOPSなど、幅広いプレイを展開し

東北各地で多くのライブセッション、レコーディングに参加、演奏活動を展開している。

 








三ケ田伸也 Bass

1985225日生まれ。

中学時代、友人から教わったアコースティックギターがきっかけとなりポップミュージックに興味を持つようになる。

盛岡第三高等学校入学後すぐにドラマーとしてロックバンドを結成し、市内ライブハウス等で活動する。

高校在学中は吹奏楽部にて打楽器を担当し、部の先輩の影響からジャズを聴き始める。

大学入学後、ロック研究会に所属しロックバンドの活動で自主制作CD販売を行いながらも開運橋のジョニーにてドラマーとして定期的にライブ・セッションを重ね、ジャズを学ぶ。

大学卒業後、Niels-Henning Orsted PedersenRay BrownPaul Chambersらの音楽に大きな衝撃を受けベーシストへ転向。開運橋のジョニー、すぺいん倶楽部、Cafe the SSound Space Aldila等にて活動する。

2012年より活動拠点を宮城県仙台市に移し、KABOTSU-SANJazz Cafe Bar AdlibJazz Inn Relaxin'Jazz me blues NolaMondo Bongo等で県内外のミュージシャンと共演を重ねながら活動中。秋保太郎(Drums

 

 

 

秋保太郎 Drums

 1972年、仙台市生まれ。(株)カノウプス契約エンドーサー。hidden box studio代表。

 

 中学時代より独学でドラムを始め、大学進学と同時にセッションドラマーとして音楽活動を本格化させる。現在までCMやドラマなどの楽曲への参加、アーティストのレコーディング&ライブサポートなど様々なフィールドで活動中。2008年には荒吐ロックフェスに出演。2010年および2012年には仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバル(JSF)グランドフィナーレのホストドラマーを務める。2014年からは米ジャズ専門サイトにてJazzman of the year2位を獲得したNY在住のシンガー、ERIKAの日本ツアーにたびたび参加。

 これまでに、Jennifer BattenGMichael JacksonJeff Beckツアーメンバー)、Judith HillVoMichael Jackson ツアーメンバー)、ミッキー吉野(Key:ゴダイゴ)、須藤満(BT-SQUARE)、恩田快人(BJUDY AND MARY)、渡辺敦子(BPRINCESS PRINCESS)、小野リサ、あんべ光俊、さかもとえいぞう(VoANTHEM、アニメタル)、YOFFYVoPSYCHIC LOVER)、浅野祥(三味線)、熊谷和徳(タップ)、STRIPES(タップユニット:北野武監督「座頭市」振付担当)といったロック、ポップス、ジャズ、邦楽など様々なジャンルのアーティストとの共演を果たしている。

  一方で大学、大学院時代には海洋学研究室に在籍し、8度の外洋研究航海に参加。東北大学大学院非常勤職員を経て、海洋生物の研究で博士号を取得。現在でも音楽活動と並行して、専門学校の水族館職員養成コース講師として海洋生物、海洋環境問題に関する講義を担当している。農学博士。著作に「海洋プランクトン生態学」(成山堂書店/分担執筆)がある。

Comments