ブランクプロジェクトの作成

https://sites.google.com/site/slim3appengine/getting-started-with-gwt/creating-blank-project

Eclipseをお使いの場合、Slim3プロジェクトを作成するにはSlim3 Plugin for Eclipseを使用するのが一番簡単です。もし、手動で新規Slim3プロジェクトを作成したいのであれば、ブランクプロジェクトの入手を参照してください。

1.新規Slim3プロジェクトを作成します

File(ファイル)メニューから、New(新規) > Project(プロジェクト)... > Slim3 > Slim3 Projectを選択します。

2.チュートリアル用のプロジェクト名(お好きな名前)を入力します。

3.チュートリアル用のルートパッケージ(お好きな名前)を定義します。

ルートパッケージは war/WEB-INF/web.xml 内で次のように設定します:

<context-param>
    <param-name>slim3.rootPackage</param-name>
    <param-value>tutorial</param-value>
</context-param>

4.Eclipseにテスト用の設定を行います

Window (ウィンドウ)メニューから、Preferences(設定) > Java > Code Style(コードスタイル) > Organize Imports(インポートの編成)を選択します。" Number of static imports needed for .*"(.*に必要な静的インポート数)に1を設定します。


Window(ウィンドウ)メニューから、Preferences(設定) > Java > Editor(エディタ) > Content Assist(コンテンツアシスト) > Favorites(お気に入り)を選択します。"New Type"(新規タイプ)ボタンをクリックして、org.hamcrest.CoreMatchers, org.junit.Assert, org.junit.matchers.JUnitMatchers を追加します。



Window(ウィンドウ)メニューから、Preferences(設定) > General(一般) > Workspace(ワークスペース)を選択します。"Refresh automatically"(自動的にリフレッシュ)にチェックを入れます。


5.EclipseにGWTの設定を行います

プロジェクトプロパティのメニューで、Google > Web Toolkit Settings を選択します。"Use Google Web Toolkit"チェックボックスをクリックします。

6.war/WEB-INF/web.xml内のGWTServiceServlet定義とサーブレットマッピングのコメント化を解除します。

<servlet> <servlet-name>GWTServiceServlet</servlet-name> <servlet-class>org.slim3.gwt.server.rpc.GWTServiceServlet</servlet-class> <load-on-startup>1</load-on-startup> </servlet> <servlet-mapping> <servlet-name>GWTServiceServlet</servlet-name> <url-pattern>*.s3gwt</url-pattern> </servlet-mapping>

7.モジュールを作成します

ファイルメニューで New(新規) > Module(モジュール) を選択します。
"Package(パッケージ)"フィールドに"tutorial"と入力します。
"Module name"フィールドに"Main"と入力します。
"Finish(完了)"ボタンをクリックします。
"src/tutorial/Main.gwt.xml"が以下のように作成されます。:

Main.gwt.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE module PUBLIC "-//Google Inc.//DTD Google Web Toolkit 2.0.3//EN"
  "http://google-web-toolkit.googlecode.com/svn/tags/2.0.3/distro-source/core/src/gwt-module.dtd">
<module>
    <inherits name="com.google.gwt.user.User" />
    <source path="client"/>
</module>

8.Main.gwt.xmlを編集します

Main.gwt.xmlを以下のように編集します。:

Main.gwt.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE module PUBLIC "-//Google Inc.//DTD Google Web Toolkit 2.0.0//EN"
  "http://google-web-toolkit.googlecode.com/svn/tags/2.0.0/distro-source/core/src/gwt-module.dtd">
<module rename-to='main'>
    <inherits name="com.google.gwt.user.User" />
    <inherits name='org.slim3.gwt.emul.S3Emulation' />

    <source path="client" />
    <source path="shared" />
</module>

9.エントリー・ポイント・クラスを作成します

ファイルメニューで New(新規) > Entry Point Class(エントリー・ポイント・クラス) を選択します。
"Package(パッケージ)"フィールドに "tutorial.client" と入力します。
"Name(名前)"フィールドに"MainEntryPoint"to入力します。
"Finish(完了)"ボタンをクリックします。
"src/tutorial.client/MainEntryPoint.java"が作成されます。

10.HTMLページを作成します

ファイルメニューで New(新規) > HTML Page(HTML ページ) を選択します。
"File name(ファイル名)"フィールドに"index.html"と入力します。
"Finish(完了)"ボタンをクリックします。
"war/index.html"が以下のように作成されます。

index.html
<!doctype html>
<html>
  <head>
    <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
    <title>index</title>
    <script type="text/javascript" language="javascript"
      src="main/main.nocache.js"></script>
  </head>

  <body>
    <iframe src="javascript:''" id="__gwt_historyFrame" tabIndex='-1'
      style="position:absolute;width:0;height:0;border:0"></iframe>

  </body>
</html>

11.プロジェクトを実行します。

AppEngine SDKにはアプリケーションの動作確認を行うためのWebサーバーアプリケーションが含まれています。そのサーバーはサンドボックス制約、データストアサービス、その他のサービスを含む App Engine の環境やサービスをシミュレートします。

開発サーバーはEclipseのデバッガから起動することができます。実行メニューから、デバッグ > Webアプリケーションを選択します。デバッグ設定の詳細は Google Plugin for Eclipseの使用 を参照してください。

Slim3 はホットリローディングをサポートしているので、アプリケーションを再起動せずにこのチュートリアルの開発を続けることができます。


次は
Comments