患者の信頼を得る、みちのく記念病院

みちのく記念病院は、青森県八戸市にある病院です。看護部の理念は「やさしさ・信頼」です。

また目標は、

1、      生命の尊厳と人権を尊重し、患者様の満足が保たれる看護介護を提供します。

2、      事故防止及び感染予防に留意し、患者様の安全安楽に努めます。

3、      常に学ぶ姿勢を忘れずに、誠実で優しい心と高い知識・技術をもって患者様のためにより良い看護を提供できるように努めます。

…とホームページにて紹介されています。

研修体制に関しても記載されていて、医療に対して追求する心を忘れないと同時に患者の信頼を得ていると思います。

 

病院だけでなくどんな会社や集まりでも、成長する気持ちを忘れなければその気持ちに惹かれる人が集まってくると思います。

みちのく記念病院では研究発表等もされているようで、よりよい医療を行えるように全力を注いでいるのだと思われます。

患者にとって医師や看護師は助けを求める相手なので、その相手が前向きに医療に従事してくれていれば、それ以上に信頼できることもないですよね。

私もみちのく記念病院で、ずいぶん昔に入院生活を送ったことがありました。

病気は風邪をこじらせたようなもので大したことはなかったのですが、とにかくさみしい思いをしました。

家族も仕事で忙しく、友人や知り合いもほとんどお見舞いに来てもらえなかったため孤独を感じ続けたのです。

しかしそれも最初のうちだけで、先生や看護師さんが懇切丁寧に接してくれたおかげでやり取りを楽しく感じるようになりました。

それに入院生活はとにかく安静にしていることが必要なので暇なのです。時間が過ぎるのも遅く感じます。

当初はそう感じていたものの、みちのく記念病院の皆さんとの交流や同じ入院患者の方との交流を経て、退院するころには別れがおしくなってしまったものでした。

できれば病院とはかかわらない健康な生活が望ましいですが、それでもかかわらなければならない時はあります。

その時を、みちのく記念病院で過ごせたため嫌な思い出にはなりませんでした。

 

そんなことがあったため、今後も少しずつみちのく記念病院のことを紹介できればいいなと思っています。

青森県に位置しているのでこのブログを読んでもかかわれない人は多いかもしれませんが、こういった病院があるのだということを知ってもらえるだけでも私としてはありがたいです。

説明ベタかもしれませんが、もし病院が苦手だと思っている人がいたら、少しでも考えを変えてもらえればと思っています。

それではまた次回。