研究会資料‎ > ‎

ISWC2016@KOBE連携ハッカソン【8/20(土),9/3(土)@神戸】


ISWC2016@KOBE連携ハッカソン
-オープンデータ×NHKワールドで
 「インバウンド向けLODアプリ」を開発しよう!ー

■主催:人工知能学会・セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会
■協力NHKワールド

■開催日程
 ・2016年8月20日(土)10:00-18:00(予定) アイデアソン 【参加申し込み】(受付終了)
 ・2016年9月3日(土)10:00-18:00(予定) ハッカソン 【★参加受付中】

★9/3(土)ハッカソンのみの参加も可能です!
その場合,チーム編成については,
 a)イベントサイトに公開するアイデアソンの結果(後述)を見て,関心のあるチームがあれば合流する.
  (※事前にご連絡をいただければ,主催者を通して,チームの代表者に参加希望をお伝えします.)
 b)個別に開発を進めていただく.
 のいずれかをご選択いただくが,その他,ご希望があればご相談ください.

 住所:兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1 三宮センタープラザー東館6階
 アクセス:
  ・JR「三ノ宮」駅、阪急・阪神・地下鉄・ポートライナー「三宮」駅より徒歩約5分
  ・地下鉄海岸線「三宮・花時計前」駅より徒歩約3分 

■開催概要
セマンティックWeb技術やLinked Dataなどに関するトップカンファレンスであるISWC2016(The 15th International Semantic Web Conference)が,今年の10月に12年ぶりに日本(神戸市)にて開催されます.

このISWC2016の神戸開催の連携企画として,Linked Open Data(LOD)の活用した「ISWC参加者向けアプリ」を開発するハッカソンを開催します.
テーマは,世界各国から集まる「ISWC2016の参加者が,日本(神戸)滞在を楽しむ」ためのアプリケーションです.

使用するデータは,DBPediaをはじめとするLODや,神戸市などが公開しているオープンデータに加え,NHKさんがNHKワールドのコンテンツに関するメタデータをLinked Dataにして提供して下される予定です.

またハッカソンの優秀作品は,SWO研究会の参加者等からの意見を受けてブラッシュアップをした後,ISWC2016国内委員会が提供する公式アプリとして,参加者に利用していただく予定です.

■参加対象
・LODやオープンデータを活用したアプリケーション開発に関心をお持ちの方
・NHKワールドのコンテンツを利用したアプリを開発してみたい方
・外国人向けのサービスやアプリに関心のお持ちの方
・LODを他のデータやコンテンツ(例:NHKワールド)と連携させて利用する技術に関心のある方
※プログラムの開発経験があることが望ましいですが,アイデア出し,データ作成など,
 エンジニア以外の方でもご参加いただけます.

■運営側から提供するリソース
利用希望者は,.iswc2016hack-api@ei.sanken.osaka-u.ac.jp.宛てにメールでご連絡ください.
  • NHKワールドのデータを利用するAPI.(SPARQLエンドポイント)
    NHKワールドの番組情報VODの情報,料理のレシピなどを予定
    【データの仕様】2016/8/31更新
  • レンタルWebサーバ.
    →FTPアカウント,サブドメイン(XXX.lodosaka.jp)を提供(利用レンタルサーバはheteml)
  • RDFデータベース(SPARQLエンドポイント)
    .→レポジトリ1つとアカウントを発行.(DBソフトはAllegroGraph)
■その他,利用できそうなデータ
オープンデータ
  • 神戸市のオープンデータ(日本語のみ).
    →観光施設,ロケ地,夜景スポット,など
    .http://www.city.kobe.lg.jp/information/opendata/.
    https://data.city.kobe.lg.jp/
  • DBpedia(英語版/日本語版).
    http://dbpedia.org/  http://ja.dbpedia.org/
  • Wikidata
    .https://www.wikidata.org/wiki/Wikidata:Main_Page
  • Geonames.jp(住所情報).
    http://geonames.jp/ 
  • LinkData.org
    .http://linkdata.org/
オープンデータ以外
  • 神戸市観光サイト(多言語情報あり)
    .http://www.feel-kobe.jp/
  • 神戸市提供の観光アプリ(参考).
    http://feel-kobe.jp/travelguide_apps/index.html.
  • Kansai Scene(英語による関西の情報発信サイト).
    https://www.kansaiscene.com/ (API).https://dev.kansaiscene.com/ 
  • ぐるなび 多言語版レストラン検索API
    .http://api.gnavi.co.jp/api/manual/foreignrestsearch/

■イベント内容
<1日目:8月20日(土)アイデアソン>
・NHKさんから提供いただくNHKワールドのメタデータをはじめ,今回のハッカソンで利用できる
データおよびツールの説明をします.
・チーム編成,および,開発するアプリのアイデアを議論する「アイデアソン」を行います.

当日の説明資料

アイデアソンの成果
 アプリ名チーム名 メンバー アプリの概要  発表資料
 After Fiver チャンポン浦川,島崎,小野寺,増田,Amine 学会終わりの外国人に神戸で寄り道してもらうアプリ PDF
 Kobe Lifeline サバイブ山本,田口,堀,関口 災害・緊急時に必要な情報を、外国人旅行者にわかりやすく提示するアプリ PDF
 Food Challenge Team GourmetMUKAI,田村,Yazid,宮川,加藤 出身国と好きな食材を元に、日本の料理(チャレンジメニュー)や、故郷の料理に近い料理(安全なメニュー)を提示してくれるアプリ PDF
 Japanese menu guide 日本語メニューガイド 上原、三好、加藤 日本語メニューを撮影して食べ物名を認識することで、その食べ物の情報を提示するアプリ。 PDF


<2日目:9月3日(土)ハッカソン>
・アイデアソンの成果をもとに,アプリのプロトタイプを開発する「ハッカソン」を行います.
・最後に成果発表を行い「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」や,その他の特別賞などを決定します.

※1日目のアイデアソンと,2日目のハッカソンの間の期間は,グループ毎に必要に応じて打ち合わせ,
 事前作業を進めていただきます.
→その場合,チーム編成については,
 a)イベントサイトに公開するアイデアソンの結果を見て,関心のあるチームがあれば合流する.
  (※事前にご連絡をいただければ,主催者を通して,チームの代表者に参加希望をお伝えします.)
 b)個別に開発を進めていただく.
のいずれかをご選択いただくが,その他,ご希望があればご相談ください.

<後日:9月6日(火)ブラッシュアップ(東京にて開催)>
・ハッカソンで「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」として選ばれたアプリ
 からの意見も聞いて,ブラッシュアップの方針を検討します.
・その後,検討した方針に沿ってアプリのブラッシュアップを行い,最終版をISWC2016の参加者向けに公開します.

※9/6に行うブラッシュアップの議論については,参加は必須ではありませんが,9/5-6に開催される
 第39回SWO研究会と合わせて,参加をご検討いただけますと幸いです. 
※ブラッシュアップの作業をどのように行うかの詳細は,追って案内しますが,ハッカソンで選ばれたアプリの
 開発者だけではなく,本イベントとして,開発をサポートする体制を用意する予定です.


■成果物の扱い
・本イベントで発表された成果(アイデア,アプリ)は,原則として,オープンなライセンスで公開するものとします.
・ただし,それらの成果をもとに発展させたものを学会(国際会議,研究会,全国大会など)や学術論文として
 発表することは,妨げません.
 →その際は,貢献度に応じて共著者にすることや謝辞で述べるなど,適切な対応を行ってください.
・「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」として選ばれたものは,ブラッシュアップの後,オープンソースソフト
 ウェアとして公開する予定です.
 その際のライセンス等は,アプリの開発に携わったメンバーで調整の上,決定します.


■参加申し込み
下記のサイトからお願いします.
・1日目:8月20日(土)アイデアソン
    http://peatix.com/event/189054
・2日目:9月3日(土)ハッカソン

※9月6日(火)ブラッシュアップ議論への参加申し込みは不要です.
 詳しくは,第39回SWO研究会の参加案内をご覧ください.

■お問い合わせ先
・セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会
 「ISWC2016@KOBE連携ハッカソン」担当
 iswc2016hack@ei.sanken.osaka-u.ac.jp
Comments