ホーム / Home‎ > ‎

SIGGRAPH Asia 2014

参加方法 / How to Participate

以下の「参加者」を各自編集して下さい.
または必要な情報を小山 (koyama@is.s.u-tokyo.ac.jp) までメールして頂いても構いません.

(事前連絡なしでの聴講も問題ありませんが、事前に教えて頂いた方が助かります.)

Please edit the spreadsheets (participants) below. 
Or, you can send me the information by e-mail (koyama@is.s.u-tokyo.ac.jp).

日時・場所 / Date and Place

2014年12月15日 (月) 13:30 - 
Dec. 15, 2014 (Monday), 13:30 -

東京大学理学部7号館007号室 (地下1階)
The University of Tokyo, Science Bldg. 7, Room 007 (B1 floor)

東京大学理学部7号館007号室


Ustream

セミナーの内容は Ustream で中継を行います.

URL: http://www.ustream.tv/channel/siggraph-asia-preview-seminar


懇親会 / Dinner

MEGRO  旨い鮪(魚)と旨い日本酒・焼酎(酒)
http://r.gnavi.co.jp/gd5j200/

参加者 / Participants

各自記入して下さい.
Please put your information onto this sheet.



タイムテーブル / Program

暫定版です.もし変更の希望等あれば反映しますので教えて下さい.

SIGGRAPH Asia 2014 セミナータイムテーブル




プレゼンテーション資料作成にあたって / Presentation How-To
  • 論文リスト (Resource for Computer Graphics - Ke-Sen Huang's Home Page) から論文に関する情報を集めて下さい.
    • SIGGRAPH Asia 2014 開催後は ACM Digital Library からダウンロード可能になります.
  • 入れ替えの時間も含め1セッションあたり15分以内を厳守して下さい.
    • 大幅な時間超過の場合には途中で発表を打ち切って頂くこともあります.
  • 発表は基本的に五十嵐研の1台のマシン (Windows PowerPoint 2010) で行います.
    • スライドに特殊なフォントを用いた場合は正しく表示されない可能性があります.
    • スライドは ppt/pptx/pdf のいずれかのファイル形式で作成して下さい.Google スライド等も可とします.
    • スライドに動画を入れる場合は,動画ファイルをスライドと同じフォルダに配置し,リンクした上でスライドと一緒に送って下さい.
      • PowerPoint2010 の機能としてビデオを ppt ファイルに埋め込むというものがあるので,それを使っても構いません.
  • スライドは英語で作成して下さい (発表は日本語でも英語でも構いません) .
  • プロジェクタの縦横比は 4:3 です.
    • これ以外の縦横比で作成しても構いませんが,表示が小さくなります.
  • 発表のスライドは事前に小山まで送ってください.当日に USB メモリ等で持参していただいても大丈夫です.
    • 誰のいつ発表するファイルか分かりやすくするため,{session number}-{presenter name}-{session name}.ppt のようなファイル名にしていただければ助かります.
  • 前回と異なり,今回は自分のマシンで発表を行って頂いても構いません.
    • ただし休み時間等に必ず接続テストを行い,また接続の切り替えに時間を要することも念頭に入れて発表準備を行って下さい.
    • プロジェクタとの接続ケーブルは VGA です.
    • 自分のマシンを使う場合は KeyNote の使用や特殊なフォントの使用等も問題ありません.
    • この場合でも,発表資料を小山まで送って下さい.
  • 発表資料は後日 pdf 形式でまとめて参加者に配布します.
  • The papers can be downloaded from Resource for Computer Graphics - Ke-Sen Huang's Home Page.
    • After the period of SIGGRAPH Asia, we can access the papers using ACM Digital Library.
  • The presentation time (including changing time) must be within 15 minutes per session.
    • We might stop your presentation when you exceed time very much.
  • We will use Igarashi Lab's PC (Windows Power Point 2010) to play all the presentation slides.
    • The slides will be broken if you use special fonts. Please use the standard fonts.
    • Please prepare slides in the format of ppt/pptx/pdf, or Google Slides.
    • If you use videos in your slides, you need to prepare video files by yourself and please send us with your slides.
      • Or, you can use "embedding" function of PowerPoint2010.
  • Please prepare slides in English. (The talk can be either English or Japanese.)
  • The aspect ratio of the projector will be 4:3.
    • You can make your slides using other aspect ratios, but the display will be smaller.
  • Please send your slides before the seminar day or bring your slides in the seminar day with USB memory.
    • Please use the format {session number}-{presenter name}-{session name}.ppt for the file name.
  • If you want to use your own laptop for presentation instead of ours, it's acceptable.
    • But you need to test the connection beforehand, and prepare presentation keeping in mind that it takes some time to change laptops.
    • The cable for the projector is VGA.
    • Even for this case, please send me the slides.
  • The slides will be packed into a pdf file and be distributed to the participants.

前回との違い / New for This Time
  • Google スライド等も可とします.
  • スライドに動画を用いる場合は自身で動画ファイルを用意して下さい.こちらで動画ファイルの用意は行いません.
  • 自身のマシンで発表を行うことも可とします.
  • Google Slides is acceptable.
  • You need prepare video files by yourself if you use videos in your slides.
  • You can use your own laptop if you really want to do so.

連絡先 / Contact Information

小山 裕己 / Yuki Koyama
koyama@is.s.u-tokyo.ac.jp


Comments