「オリンピック・パラリンピック」に於ける”運”と”不運”。

2021/09/01 16:21 に 春風塾 が投稿


「コロナ・ウイルス・感染症」によって「無観客」の「オリンピック」が、8月8日。無事に閉会式を迎えました。 聖火も消えました。

 「オリンピック」を見ていて、運、不運の結果は、どうして起こるのかなー。と、不思議に思って見ていました。
 運の有る選手は、初めて参加し「金メダル」を手にしております。
「金メダル」を1人で「3~4」個、貰う選手もいます。
「金メダル」を4年前と同じく、獲得し、2連覇~3連覇した選手もいます。
 一方で、「金メダル」が本命しされた選手が、予選敗退や、怪我で実力を出せず、消えて行く、不運は、何故、生じてしまうのか、複雑な気持ちで見ていました。

8月24日に「パラリンピック」が開会されました。
 熱戦が「テレビ」を通して報じられ、同じ様に”運”不運”が繰り広げられ”歓喜の涙”と”悔し涙”が、放送されています。

 然し、時間だけは、刻、刻、と、きざまれ、人間界の”喜怒哀楽”に、関係無く、明日に向かって、明るい希望を放っている事が、感じられます。

 勝負は”勝つ”か”負ける”しか有りません。
そこに至る道筋は”勝者”敗者”にしか分からない”天が”与えるで有ろう-、”天の啓示”が、有るのでは無いかと思いました。

 ”金メダル”目指し、ひたすら自己抑制し、目指す”ワザ”技術”スタミナ”を身に付ける練習”で、自分自身を限界まで追い込んだ自信が大切の様です。
 又、精神的に”金メダルを取る”を「四・六・時中」思い続け、指の先の一番高い所に「金メダルを取る」を掲げ続けてた選手しか、分からない心境だと思いました。

 365日。ひたすら練習に励む姿勢と、熱い思いが、一つに成った時”勝つ”瞬間の心を味わえるのかな。と、思ったりします。

 「スポーツ」に関係無く、我々が日常生活で「目的・目標」を決めます。
365日1日の如く、5年、10年と実践し「目的・目標」を手に入れようと、自分を日々追い込んでいる努力と同じで無いか。と、思いました。

 心の中で「ゲッケイ樹の冠」を勝者に捧げ”栄光あれ”と、応援している毎日です。



令和3年9月2日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-573号-

生かされる為に、捨てる「決断」と「実践・実行」

2021/08/25 17:18 に 春風塾 が投稿   [ 2021/08/29 17:20 に更新しました ]

 65歳に成った頃、何故か”志”に少しでも近づける努力をしなければ、いけないなー。と、熱い思いが、わいて来ました。

 52歳に成った5月に「鍵山秀三郎」様にお会いしておりました。
経営者の心構えの基本を教えて頂き「実践。実行」をしなくては、経営者として、努力が足らないのでは無いかと気が付きました.

 ”志”を「実践・実行」するには、明確な「目的・目標」を持って日々「実践・実行」する大切さを感じていました。それには、”何かを捨てない”と、いけない。と、感じておりました。

 ”志”は「立派な日本人を育て、美しい国を造る一役を担う」でした。

 熟慮に熟慮を重ね「熟慮断行」の時期だ。と、感じていました。
何故か、一番好きで、得意で有った「ゴルフ」だと思いました。
 35年以上飽きる事の無い情熱を、注いで来た「ゴルフ」に決めました。

 65歳に成った、11月、「ゴルフ」関係の全ての物を処分し「ゴルフ」関係の友人、知人に、断りを入れて「ゴルフ」を止めました。「ゴルフ」を止める事によって、時間に余裕が出来、生き方が効率的に成った様に感じ取れて、「挑戦する」機会が生まれました。

 「止める」と、同時に”志”を「実践・実行」する「チャンス」だと、熱い思いがわいてきて、何故か神様に”感謝”でした。

 同時に”志”の「立派な日本人を育てる」には、学んで来た全てを、文字にし、若い2代目、3代目の経営者に学んで貰う事だと、思いました。

 日々、学びの復習を兼ねて、机に向かっておりました。
”フット”「塾」を、開塾したら、良いのでないか。と、思い付きました。 
 ”直ぐ”恩師で有る「鍵山秀三郎様」に相談させて頂きました。
是非”されたらいいでしょう”と賛成してくださいました。 
 そして、私に出来る協力は、何でもします。と、おっしゃってくださいました。

 2007年(平成19年2月)
  第1回「春風塾」が「ホテル・オークラ」で10数名の塾生のもと。開塾出来ました。 
 「目的・目標」は一年を一期10回とし、9月開塾~翌年の6月閉塾として10期100回 と決めました。

【春風塾開塾基調講演中の鍵山秀三郎様】

「鍵山秀三郎様」が、一回目、11回目、と節、節に10年間「基調講演」をしてくださいました。 
「鍵山秀三郎様」のお陰で「春風塾」の歴史を、一緒に勉強した「3~50代」経営者・友人・知人の心に刻む事が出来たと、感謝しております。

 人生の転機には、趣味等、思い切って、止めるか、心の中から捨て切ることが大事で「有る」と学びました。 すると、その後の人生を、深く大きくして貰えた様に、実感しております。

 結果として「ゴルフ」を止める事によって、春風塾を10年間に、100回開催する事が出来ました。

 その春風塾を、2017年6月に閉塾して、4年目を迎えています。
何か”志”を「実践・実行」する事によって、人生最高の”ご褒美”を、頂いております。 ”ご褒美”とは、塾生に送るブログ作成です。
 ブログ作成は、年齢に関係なく、日々の感性が磨かれている様です。
そして、気付きを即行で、文字にする事によって、生きるエネルギー”が、自然と生み出されてきているので無いか。と、感じております。
 高齢者に成っても、四六時中「塾生」の”成長”と”幸せ”を考えている事が、何時の間にか、自分自身の幸せに繋がっていると、実感しております。
 ”10年偉大なり”20年恐るべし”そして”30年神の如し”の中国の諺と、云われている言葉が、励みに成っております。

【春風塾勉強会の様子です】


令和3年8月26日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-572号-

若い仲間と、意見を言い合える幸せ。

2021/08/18 16:48 に 春風塾 が投稿

 仕事をして行く中で、多くの知識と、経験を身に付けて置く事が、如何に大事か、当たり前の事です。
 然し,高齢者に成ると”フット”忘れてしまう事が、時々、有ります。

 ”フット”忘れる”予防法として「薦められた役職。頼まれた仕事。目の前に起こる全ての出来事」等を”全てこれで良い”と、受け入れる事だと、思いました。 然も”全てこれで良い”と受けたら、一気呵成に仕上げていると、自然と自分に適した、役回りと一緒に仕事が回って来るなー。と、感じております。

 高齢者は、いち早く、きめ細かい仕事をする事だと思います。
例えば、仕事を、受けたら、資料の纏めや、関係機関の連絡網等を、いち早く作る事だと、思います。

 身の回りの出来事に関し、人一倍の努力をしながら、淡々とやり続けていると、何時の間にか、信用される様に成って来ます。
 信用が信頼に成る頃には「リーダー」として、頼りにされている様です。
すると、内側から”フツ”フツ”と、やる気有るエネルギーが沸いて来て、仕事をする楽しさ、学ぶ楽しさが、生きる力に成っています。

 ”楽しく成る”エネルギーは、無限の学びを、次々に、気付かせてくれます。 ”楽しく学ぶ”楽しさが”学びを生み出し、知識が、深く成る喜びを感じられます。

 高齢者に成っても、若々しく、元気有る仲間は、知識が豊かで、特出した、趣味と云える物を、持っているんだー。と、気付きました。

 釣りを趣味にしている仲間がおります。
魚の種類を驚くほど知っています。旬に食べる魚を知っています。道具に詳しいです。釣り場所の地形に詳しいです。釣りの楽しさを四季を通じて、語れます。 何時も生き生きしていて、凄いなー。と、感じます。
 高齢者に成ると、食欲が有っても、食べる量が少なく成りますので、意識して、若い仲間の好みに合わせ、楽しく食事をする機会を一緒にしております。
 若者と、対等に交える機会が、多く有れば有るほど、身も心も、若々しい”エネルギー”で、溢れ、内なる”エネルギー”が、活力を生み”キビ”キビ”した動きが、相乗効果を引きだしているなー。と、感じております。

 若々しい”エネルギー”を、維持するには、自分が、どう有りたいと、願う事で有り、願っている自分に近づける様、努力する事だと感じながら、若者と交流しております。



令和3年8月19日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-571号-

何を「発信しよう」と、迷う様に成りました。

2021/08/11 16:11 に 春風塾 が投稿   [ 2021/08/11 16:52 に更新しました ]

 「コロナ・ウイルス・感染症」が終局に向かって来たと云う「報道」が、全くと言って良い程、見えて来ません。 2年間近く、条件付き、行動の自由が、束縛されております。 仲間の皆さまも、仕事関係の皆様も、冷静な反応の抑制が、限界に来てるのかなー。と、時々感じる事が、有る様に成りました。

 然し、現実は厳しく、第5波と云われている、「新型コロナ・ウイルス・感染症」の拡大が全国に、広がっております。

「緊急事態宣言」が東京。沖縄。の他に、大阪。千葉。埼玉。神奈川。が、8月31日まで、発出されました。

「まん延防止等重点措置」が、北海道の他に、石川、京都、兵庫、福岡、の、5道府県と、福島、茨城、栃木、群馬、静岡、愛知、滋賀、熊本が追加され8月31日まで、発出されました。

 周りの皆さんに、迷惑を掛けない様「皆が」、距離を保ち。三密を守り。うがい。手洗い。を根気良くし、マスクを着用し、沈着な行動をしております。


 「ブログ発信」に際して、時代の先端のニュース、出来事、日々の変化、と、閃き、気付き、等を、直ぐ、ブログで発信しておりました。
 感性は、仲間より、鋭いなー。と、勝手に思い込み、何時も、時代の先端を感じ取り、見たり、自然の大気の中にとけ込んだりしながら、学ぶ様に意識しておりました。

 「コロナ・ウイルス・感染症」の真っ最中ですので、休日には、県内で話題のレストラン等に足を運びたいなー。と、思いながら、我慢している毎日です。 又、県をまたぐ行動や、不要不急の外出を、自粛する様に、日々伝えられておりますので、閃きや、思い付いた、一瞬の行動に、迷いが生じ、その繰り返しを毎日しております。

 「ブログを発信」して11年目を迎えておりますが、最近、何を発信したら良いのかなー。と、迷う事が有ります。
「目的・目標」が閃かない時が、多々有り、堂々巡りをしています。
動物的感で感じる、初動の行動と、同時に安全を防御する、鋭い感性が、鈍ってきたのかなー。と、感性の衰えを感じます。 

 気付と同時に、即行の行動が伴っている感性は、どの様な環境でも、身に付けていなければならない、天性の知恵だと思います。 
 一方では「コロナ・ウイルス・感染症」に、負けない感性を磨く機会を頂いているのかなー。と、思ったりしております。
 日々の出来事が、感性を磨く”チャンス”だと捉え、新しい自分自身を発見出来る様、毎日、挑戦です。



令和3年8月12日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-570号-

”書籍”の”整理・整頓”と”後始末”

2021/08/04 16:10 に 春風塾 が投稿


 75歳を過ぎた頃より、「物の整理は心の整理、感謝を込めて、後始末」の言葉が、何となく、心に浮かぶ機会が多くなりましたので、本の整理に取り掛かりました。

 座右の書。会社経営に関する本。人格形成に関する本。等整理することにしました。

 *測量関係の技術書・各関係法律書・実務に関する専門月刊誌。
 *経営関係の指導書、知識書、社員教育の基本指導書。
  コンサルトの実話集指導の手引書・実務に関する専門月刊誌。
 *社会の変化と、時代感覚を吸収する為に”時期”時期”に話題に成った本。
  社会変化に関する専門月刊誌。最近はネット上で話題に成っている本等。
 *人間力を高める書・聖書・哲学書・歴史書・偉人の伝記・人間学、関係の書
  ・詩集・写真集。美術集。自然界の記録集。小説。童謡集。歌集等。
  関する専門月刊誌。

 上記に、挙げた本が、自宅に200冊位。事務所に700冊位有りました。
 自宅の本を20冊に絞り込むのに1年掛かり、今年に成って、やっと4冊に成りました。 「聖書」「森信三先生の終身教授禄」「佐藤一斉の言志四禄」「マザー・テレサの世界」を身近に置き、気軽に読む様にしております。 
 経営関係の本は昨年の「コロナ」前に半分位に、絞りました。
「コロナ」に成って、時間が自由に有りますので、読めば、読み込む程「本の力」と云うのか「魅力」に引き込まれてしまい、処理に迷いが出ていました。
 技術の専門書以外、「30冊」に絞り込むのに、何回も、何回も、読み直しました。 5月の連休に、何とか半分に成りました。 基本的には「人間力」を高める本を、生涯掛けて、何回も何回も読む事が大事ですので、実践を通して、気付の即効に関する本が残りました。

 連休明け、親しい経営者3人に「経営。人格形成。歴史書。伝記」等、読みたい本が有るなら、好きなだけ、貰ってもらえるか交渉しました。

 3人共、初めは”半信半疑”でしたが、喜んで、見に来て下さいました。

 ”3者”3様”に、驚きと、真剣に興味を示され、3人で50冊位、遠慮しながら、笑顔で貰ってくださいました。

 結果として、貰って頂いた本は、本としての使命が生かされ、価値が上がり、生きた知恵として、3者の心に生かされるのかー。と、感謝で、心が熱く成りました。 ありがとうございました。と、手を合わせておりました。

 今読んでいる本は”100年時代の人生戦略”。ドロ-ンの法律知識。”人に長たる者”の人間学。です。
 一方で、如何にして「本」の数を減らし、本棚を空にする事が、生き方の後始末をする、一つの方法かなー。と、整理・整頓、しながら、せっせと処理しております。



令和3年8月5日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-569号-

草取りは、何故か”楽しい”。

2021/07/28 16:06 に 春風塾 が投稿   [ 2021/07/28 17:11 に更新しました ]


 会社周辺の「道路掃除。草取り」を始めて30年が過ぎました。
会社は「県道大網線」と「青葉の森通り」が交差し、交通量の多い「松ヶ丘交差点」の一角に面しております。

 2~3メートル幅の歩道が、両側に設けられており、しかも「県道大網線」は、歩道と車道の間に「ツツジの木」の植栽が設けられております。

 地球温暖化が進んだと、言われる様に成った、此処10年位、5月頃より雑草の勢いが凄く、5~6日、ほって置くと「ツツジの木」の根元は「虫の住処」と「ポイ捨てゴミの溜まり場」と成ってしまいます。

 誰の責任でも有りませんが”ゴミ”は”ゴミ”を呼び込む様で、何時の間にか”ゴミ”の溜まり場が、目に付く様に成っておりました。 5月の連休が終わる頃から、道路掃除と一緒に、草取りもします。 

 梅雨に入ると、雑草の天国でないかなー。と、思われる程、生い茂って来ます。 最近は、特に外来種が多く、繁殖力の強さで、昔から生えていた雑草と言われていた、在来種が負けて来ています。

 7時前に、作業服に着替え「掃除・草取りセット」の「七つ道具」を、抱え。”いざ”戦場となります。 
 草取りは、何故か、楽しいです。夢中に成れます。一時間が”ア”と云う間に過ぎます。此の続きを明日やるぞー。と、希望の様な、期待感が生まれます。
 振りかえると、清々しい爽やか気持ちに成ります。達成感も、味わえます。

 そして、決めた終了時間が来たら”サット”止めます。
 後始末をし”サット”切り上げます。時間を切る動作の繰り返しが、日頃の動作の基本と成り”キビ”キビ”した動きが自然と出来る様です。

 漠然と取り組むので無く、感じ、気付いた事を、工夫しながら、取り組むと、喜びを感じます。 
 「毎日。毎日」”コツ”コツ”と続ける事によって、小さい気付きが、喜びと成り、10年、20年、続けていると、忍耐強く成る様です。
「人の喜びを我が喜び」と、感じる人間に成長しているんだー。と、思います。

 今日も、汗ビッショリに成って、草取りしている自分に”乾杯”です。



令和3年7月29日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-568号-

「ワクチン接種」が終わりました。

2021/07/20 16:07 に 春風塾 が投稿


 夫婦揃って「コロナ・ウイルス・感染症」の「ワクチン接種」が終わりました。 気持ちに”ホット”した安心感と、暖かさを感じております。

 国民の皆さんが「コロナ・ウイルス・感染症」に対し、政府の方針に、粛々と従いました。 その結果「緊急事態宣言」が「沖縄県」を残し全ての都道府県で6月20日に解除に成りました。 
 一方で「まん延防止等重点措置」に切り変わりました。 関係都道府県、行政の指導を守り、国民の皆様も、安心、安全な日常生活を待ち望んでおります。

 皆さんが、仲間に迷惑を掛けてはいけないと云う、責任感から、塾長の近辺は「コロナ・ウイルス・感染症」の発症も無く、健康で前向きに生活しております。 そんな状況に「ワクチン接種」が、思ったより早く、打てる様に成りました。 皆さんの、明るい、元気有る会話が、聞こえています。

 「ワクチン接種」も、官民一体となって取り組んだ成果が、明るい、希望の光と成り、良い方向、良い方向に、向かっていると感じました。

 国民に元気が出てきた様子を、報道各社が取り上げ、笑顔溢れる映像は、見ている側にも、元気が伝わり「コロナ・ウイルス・感染症」前の日本の姿に、少しずつ戻って来たなー。と、感じていた矢先でした。

 *7月12日「緊急事態宣言」が、東京都に「8月22日」までと発出。
 *沖縄県は「緊急事態宣言」が延期され「8月22日」までと成りました。
 *同じく「まん延防止重点対策」が千葉県。埼玉県。神奈川県。大阪府。に「8月22日」まで発出されました。

 一方で、明後日8月23日は”オリンピック”が開催される日です。
競技開催地には”オリンピック”旗や、参加する各国の国旗が、目に付きやすいヶ所で、夏の太陽を浴びて、ひらめいています。
 各国選手団も、指定された宿泊施設と練習所で「ルール」を守り、それぞれの種目で懸命なトレーニングに励む、活気有るニュースが報道されています。

 国民、誰もが、そして、世界中の人々が、”オリンピック”は”平和の祭典であり”歓喜の歓声が響き渡る、素晴らしい祭典で終わる様、皆が願っていると思います。 世界中が「コロナ・ウイルス・感染症」に神経を使っている中で、国を代表し、”メダル”を目指し、頑張っている選手の”笑顔の輝き”が”希望は心の太陽”だなーと、開会式前に感じました。



令和3年7月21日(水) 春風塾・塾長 高山 尚士-567号-

設計図の中で競う”オリンピック大会”だなー。と、思う。

2021/07/14 16:09 に 春風塾 が投稿   [ 2021/07/15 22:39 に更新しました ]

 2016年リオデジャネイロで、世紀の祭典オリンピックが世界中の人々が興奮と感動の余韻を残し、閉会が宣言されました。
 会場が”シーン”と静まりかえった、瞬間「地球の裏側日本」から地球を刳り貫いて、登場したかの様に、「安倍晋三内閣総理大臣」が「スーパーマリオ」に変装し、赤い帽子をかぶって、中央会場に飛び出して来ました。

 2020年「オリンピック」は、東京都で開催しますと、世界中に宣言した瞬間でした。
 ”2020東京”オリンピックが、1964年大会以来57年振りに、東京都で開催される事に、日本中が歓喜に沸いた瞬間でも有りました。

 数ヶ月後には、各競技が開催される場所の青写真が発表されました。
特筆すべきは、国立競技場(オリンピックスタジアム)が建設される事でした。
 ”TOKYO”2020”に、備えて、各種の競技場が次々建設されて来ました。 特に「選手村」用に、近代建築の英知を結集して造られたと評判の高層マンションが、眺望の良い、一等地に出来上がりました。


 凄い、凄いと、誰もが、住んでみたい超近代的な、夢の住宅が、話題に成りました。 「オリンピック」後は、一般の人々に販売される予定です。

 2020東京オリン・パラリン。ピックが開催される雰囲気が、高まってきたと、思ったら「コロナ・ウイルス感染症」が、アット云う間に、広がり、1年間の延期と、決まりました。

 その「コロナ禍」が長期化し、2年目を迎えております。 然し「オリンピック」は、開催される事が決まっておりますので、殆どの競技で無観客で、開催される事が、7月8日に、発表されました。

 同じ日に7月12日から8月22日まで、東京。沖縄に「非常事態宣言」が、「まん延防止等重点処置」が千葉県。埼玉県。神奈川県。大阪府。に発出されました。

 平和の祭典で有る、2020東京オリン・パラリン。ピックが、無観客の中で、国民皆が、テレビの画面を通し、歓喜に満ち”良かった、良かった”選手のひたむきな健闘に、感動した”と笑顔の渦で終わる事を願っております。

 然し、無観客は、建築士が英知を出し合って設計し、その通り出来あがった競技場です。 ガッランとしていて、何か立体感の無い、人工的な冷たい雰囲気を感じました。




令和3年7月15日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-566号-

コロナ禍は、人間社会を、規律ある社会に、生まれ、返させたか。

2021/07/07 16:07 に 春風塾 が投稿

 「コロナ・ウイルス・感染症」によって、世界中が、約束と云うのか「ルール」を守らないと、周囲の人々に、家族に、自分自身に、死の苦しみを与えてしまう事が、知れ渡りました。

 密集・密接・密閉で「三密」成る言葉が、行政から発出せられ、我々国民は、つつ浦々まで、人様に迷惑を掛ける事は出来ないと、強い決意で、聞き入れ、守って来ました。 同じく、手洗い、うがい、等、行政の指導に、直ぐ順応し、誰もが責任ある行動をして来ました。

 然し、市街地において、人の流れを止めることが、行政が考えている様には、伝わらず、多くの人々が、買い物や、食事、気分転換の外出等、人それぞれの目的に添って、流れておりました。 若い世代は、それなりの活力と好奇心から、人に迷惑を掛けると感じていなかった様でした。


 然し”アッ”と云う間に「インド型、新型ウイルス」の出現によって、世の中の「コロナ・ウイルス・感染症」に対する、受け取り方が、因り深刻に重く伝わる様に成りました。 その結果、大方の人々が「ルール」を、守るように成りました。 

 最近の日常生活や、飲食街の雰囲気も、落ち着きが感じられ、日本人気質が感じられます。 人に迷惑を掛けない「心遣い」が自然と出来る、日本人って、凄いなー。と、感じております。

 塾長も、世の中の決め事や、日頃生活している中で、自然と守っている事々を、今一度、精査し、100歳人生を、世の中の役に立つ様、有意義に生きたいと、改めて、感じています。

 「コロナ・ウイルス・感染症」は、我々人間が、知恵と科学知識の発見に因って、地球を支配出来るかの様な、横暴な振る舞いで「地球本体の姿」と「自然の流れ」を、破壊して来ました。 その地球が、我々人間に「コロナ・ウイルス・感染症」と云う「切り札」で、警告を発し、人間が謙虚に、自然を、動植物を畏敬し「仲良く大切」にしながら、明るい、住みよい、地球にして貰いたいと、云っているので無いかと、思いました。

 人類の思いで有る「大自然の織りなす、偉大な現象に癒され」穏やかに生きれる喜びや、感動が得られる地球を維持していける様、人類上げて、自然環境に取り組む時代に成りました。

 「コロナ・ウイルス・感染症」は、我々人類に、生きる知恵を、改めて教えているのでないかと、感じている毎日です。 



令和3年7月8日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-565号-

70歳から「30年間」。100歳人生を、どう生きるのか。

2021/06/30 16:10 に 春風塾 が投稿   [ 2021/07/13 23:14 に更新しました ]

 80歳に成ってから、自然と80歳前後の人々の考え方や、生活スタイル、健康状態、趣味、友人関係等を、どの様に取り組んでいるか、自然と関心を持つ様に成りました。 時には、あらゆる分野に、深く切り込み、仲間の皆さんが、100歳の人生をどう捉えているか、興味を持って、聞き入っています。

 80歳の人生観から見た、仲間の実態を記してみます。(4団体に所属してますので、20人位の仲間です)

 皆さん、組織から解放され、20年前後経っていますので、自分のことを厳しく指導してくれる「上司」の様な人や、尊敬、信頼できる先人が、殆ど、いない様です。 自分流に偏っていて、経験と感覚で、我が儘な我流の生き方を、伸び伸び、自由にしていました。

 1番・「志」を持って「人の為、社会の為」に役立つ生き方をする仲間
    は、いない様です。
 2番・「目的・目標」を持っている仲間は、数人おります。
    皆さん健康維持に努力されていて、人の世話にならない為に、
    個々に、「目的・目標」を目指して、頑張っている素晴らしい
    人々です。
 3番・特に「志」や「目的・目標」を持って無い仲間が殆どで
    「ゴルフ。釣り。小旅行。飲み会。」等、仲間からの誘いを
    待っている様でした。
    生きる時間を有効に活かす工夫に苦慮されていました。

 半分位が2代目か3代目で、親の仕事を、何となく手伝い、家業として引き継いでいる様に感じました。 会社の規模は、2~3人から5~6人の社員と仕事をしている仲間が多い様に見えました。

 「士」業は塾長を含め5人で「士」業の最高令は88歳の弁護士の先生でした。 80歳を過ぎて、現役で頑張っておられる方々は「士」業か創業経営者で、家業を引き継いだ仲間が多く、何故か、会長職に付いていました。

 皆さん、健康が第一だと、1日に、5千歩以上歩く。8千歩以上歩く。1万歩以上歩く。を目的に、人の世話になら無い様にする「目標」有る生活をしていました。 中には、60歳頃から水泳を始め、今では、毎日、10、000メートル泳いでいる人、月に1回必ず日帰り登山をしている人もいて、正に、人間模様の花盛り期で、散り際を真剣に考えて行動している様でした。


 夫婦一緒の趣味は、コーラスが一番多く、次に、歩こう会。俳句。等、多彩の生き方の中に、喜びと希望を、見出していて、生き生きしている姿が”希望は心の太陽”に成っていると思いました。

 平和な世の中、夫婦揃って幸せに生きている事は、共通の「目的・目標」が有り「譲り合う、助け合う」互助の精神が、如何に大切か実感している様です。
 一方で、礼節を重んじて来た日本古来のしきたりを守り、対外的に美しい日本人で有って欲しいなーと、感じるところが、多々ありました。

 昔の人の名言に「人の上見てわが身を思え」と云って「他人の行為を見てわが身を反省せよ」と、教えております。
 塾長も、人の振りから、自分の立ち居振る舞いを、振りかえり、心穏やかな日々を過ごそうと思いました。


令和3年7月1日(木) 春風塾・塾長 高山 尚士-564号-

1-10 of 573