今泉 修 / Shu Imaizumi, Ph.D.


2019.05.23   総説が出版されました

今泉修・浅井智久・高橋英彦・今水寛
主体感の認知神経機構
精神医学, 61(5), 541–549.


2019.04.01   お茶の水女子大学へ異動

お茶の水女子大学人間発達教育科学研究所の助教
に着任しました。生活科学部心理学科の一員としても教育と研究を担当します。


2019.03.18   University of Sussex滞在終了

Sackler Centre for Consciousness Scienceに滞在して研究していました。
このプロジェクトはまだ続きます。いつかどこかで発表できればと思います。


2019.03.10   発表したりイベントを開いたりしました

ポスター 加藤辰弥・今泉修・丹野義彦 (2019.3.9)
身体運動による空間-感情価メタファ一致効果の時間的要因.
第9回Society for Tokyo Young Psychologists

Poster. Imaizumi, S., & Tanno, Y. (2019, March 8)
The role of physical constraints and self-awareness in free will belief.
International Convention of Psychological Science

3月9日に早稲田大学で若手心理学者の研究交流会 9th Society for Tokyo Young Psychologists を開きました。多数のご参加をありがとうございました。


2019.01.17   New preprint out

Asai, T., Imaizumi, S., & Imamizu, H.
The self as a generative, teleological, and subjective prior: Mutually-modulated temporal agency.


2018.12.29   New preprint out

Imaizumi, S., Tanno, Y., & Imamizu, H.
Compress global, dilate local: Intentional binding in action-outcome alternations.


2018.11.22   New paper out

Imaizumi, S., & Tanno, Y.
Intentional binding coincides with explicit sense of agency.
Consciousness and Cognition


2018.10.09   New paper out

Kato, T., Imaizumi, S., & Tanno, Y.
Metaphorical action retrospectively but not prospectively alters emotional judgment.

上下空間と感情極性のメタファ的連合(例:気分が上がる)は,上下方向の身体運動によって活性化され,感情的判断を調整します。Sasakiらは,情景画像観察後の上方向の腕運動が遡及的に感情極性評定をポジティブ側へ偏らせることを示しました(下運動はネガティブ側へ)。この知見を受け,我々画像観察前の運動に効果はなく観察後の運動に効果があること,画像観察と運動と極性評定が時間的に充分に近接していることが必要であることを示しました。


2018.09.25 日本心理学会大会でポスター発表



2018.06.27   New paper out

Furuno, M., Sakurai, Y., Imaizumi, S., & Koyama, S.
Face-inversion effect on disgust evoked by a cluster of dots.


2018.04.17   New paper out

Imaizumi, S., Asai, T., Hiromitsu, K., & Imamizu, H.
Voluntarily controlled but not merely observed visual feedback affects postural sway.

立位姿勢の自発的な揺れをカーソルの動きに換えて呈示すると,姿勢が安定しやすくなります。本論文では,カーソルの動きをただ眺めれば姿勢を安定させ,操作しようと意図すれば姿勢を乱すことを示唆しました。姿勢制御研究と主体感研究の文脈から議論しています。


2018.02.27   Society for Tokyo Young Psychologists

3月18日に早稲田大学戸山キャンパスで第8回Society for Tokyo Young Psychologistsが開催されます。若手中心の研究交流会です。学部生から有職者の方まで,お気軽にご参加ください。基礎・臨床・実務,なんでもありの会になっています。


2018.02.15   New paper out

Imaizumi, S., & Tanno, Y.
Rasch analysis of the Trypophobia Questionnaire.
BMC Research Notes


2018.01.12   New paper out

Imaizumi, S., Koyama, S., & Tanno, Y.
Development of the Japanese version of the Visual Discomfort Scale.

視覚的不快感(例:縞模様や光を見るとまぶしい・痛い・不快)には個人差があります。この個人差を測る質問紙は外国で開発されて広く使われてきましたが,私たちは日本語に翻訳して質問紙としての妥当性を確認しました。


2017.10.04   New paper out

Imaizumi, S., Asai, T., & Koyama, S.
Agency over phantom limb enhanced by short-term mirror therapy.


2017.08.23   日本心理学会第81回大会で公募シンポジウムを開きます

『自己感と身体・空間との相関およびその神経機構』

2017年9月21日 16:30-18:10 会場4G

【代表,話題】今泉  修(東京大学)
【企画,司会】田中 彰吾(東海大学)
【話題提供者】金山 範明(広島大学)
【話題提供者】本間 元康(杏林大学)
【話題提供者】弘光健太郎(中央大学)
【指定討論者】今水  寛(東京大学)


2017.08.23   New papers out

Furuno, M., Imaizumi, S., Maeda, K., Hibino, H., & Koyama, S.
The influence of background objects on unpleasantness evoked by lotus-seed-pods-on-the-living-body images (“Hasu-colla”).
Imaizumi, S., & Asai, T.
My action lasts longer: Potential link between subjective time and agency during voluntary action.
Consciousness and Cognition