東日本大震災の支援活動



★2014年3月29日 ミシガン大学日本祭りについて★


ご協力 大変ありがとうございました!!


3月29日に、ミシガン大学のJSA(Japanese Student Association)主催で開催された日本文化祭で、雫の会で初めて、バザーとベイクセールを実施することができました。当日は、予想以上にたくさんの方々がご来場くださり、大盛況で、嬉しい悲鳴をあげながら活動できました。これも全て、様々な形での多くの皆様のサポートがあってこそ実現させることができました。

まず、恒例のイベントに共同で活動させていただくことを快諾してくださったJSAのボードメンバーの皆様、そして、バザーの品を提供してくださったり、お菓子やおにぎりを作ってくださったり、当日の会場でのお仕事をしてくださったボランティアの皆様、当日素晴らしいパーフォーマンスで会場を盛り上げてくださった、October Babies & Harumi、コピトンズ、ドリームシンガーズ、LOCUSの皆様、そして、当日会場に足を運んでくださった皆様、全ての皆様に、スタッフ一同 心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

おかげさまで、当日の売り上げはおおよそ2000ドルに達しました。これは全て目に見える形での、ミシガンと東北をつなぐ東北支援プロジェクトに使われます。具体的な内容はまだ検討中です。皆様からのアイディアもどんどん取り入れていきたいと思っておりますので、どうぞお気軽にご意見をお聞かせください。何か有意義な支援活動を皆様とともに考え実施したいと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 雫の会代表 ジョンソン夢路


<3月29日 ミシガン大学日本祭りの会計報告>


         収入      バザー           $1172.64

               Bake Sale      845.35 

            Donation        $121.00         合計 2138.99

         支出      JSAへの寄付   62.99

               謝礼            60.00

               準備費         $102.36          合計 $225.35

                                                                差し引き $1913.64


皆様の貴重な献金として、有効に使わせて頂きます。 



今年もシカゴ会(ミシガン州日本人ゴルフリーグ)より
「雫の会」
への寄付金を頂戴しました。
いただいた寄付金は、今後の私たちの活動に有効に使わせていただきます。
心より御礼申し上げます。




____________________________________



★「ミシガンHOPE」の活動について★




東日本大震災の支援活動は長期戦であり、当初重点の置かれた物的支援に加えて


今後は心身のケアーが特に大切だろうという話になり、


微力ながら幅広い教育活動をめざす自分たちも何か支援活動をしたいという動きにつながっていきました。


さまざまな方々や団体との輪が広がり、ここミシガンを拠点にミシガンだからこそできる


支援活動をしていこうという事で、昨年発足したのが「ミシガンHOPE」です。


私たちは2013年8月に福島県在住の被災青少年を対象とした


「保養キャンプ」プロジェクトをミシガンにて行いました。



Facebookページはこちら→「ミシガンHOPEプロジェクト」


原発の被害を受けた福島に住む中高生を対象にした“保養キャンプ”の実施にあたり、ミシガンに暮らす方々を中心に多くの方々から心温まるご支援をいただきました。資金面はもとより、ESLクラス、食べ物をはじめホームステイ、企画への関与を含めて活動全体への物資・時間・労力の提供といった、さまざまな有形無形のご寄付のおかげで、この初めての試みを成し遂げることができました。関わってくださったボランティアの方々の数も150名に達するほどで、みなさまの日本と大震災復興に対する熱い想いに背中を押されながら活動をさせていただきました。この場をお借りして深く御礼を申し上げるとともに、今後の東北支援の活動を見守ってくださいますようお願い申し上げます。

下記この場をお借りして、会計報告をさせていただきます。

 収入
団体献金                     $16,500.00
個人献金                     $4,679.34
有料参加費                  $1,393.12
合計                                             $22,572.46
 費用
下見団準備                  $2,352.83
キャンプ費                    $11,335.96
事務費                         $511.40
合計                                             $14,200.19

残高                                             $8,372.27

まことにもって微力ですが、今後この活動を新しい運営体制で中長期的な取り組みをもって継続して参りたいと願っております。

何とぞよろしくお願いします。


Michigan HOPE 運営委員会一同



____________________________________





その他にも・・・


Japan Business Society of Detroit(JBSD)の会報「VIEWS」3月号に


ミシガンHOPEについての記事(6&7ページ目)が掲載されました




〜NPO「雫の会」レポート〜
2012年7月「今後の震災ボランティアの道を探る」東北への旅

担当:神保千恵子





↑これらのコンテンツも見たい方はこちらをクリックしてください↑




____________________________________





2012年5月5日、震災時にボランティアとして活動された

3人のゲストをお招きして、お話を聴く会を持ちました。

2012年5月5日『震災ボランティアのお話会」



Comments