室内環境学会調査研究助成について

室内環境学会では室内環境に関わる調査研究等に対する助成を行っております。
室内環境学会員の調査研究活動を活性化し、室内環境に関わる学術および技術の発展に寄与することを目的としています。
現在、「室内環境学会 2020年度 研究助成金」について公募しております。
 
◆室内環境学会 2020年度 研究助成金 応募要項
 
1.趣旨
 一般社団法人室内環境学会は、2019年度に受けた特別寄付を原資とし、わが国における室内環境の向上を図ることを目的に、「室内環境に関する研究」に対して研究助成を行います。
 
2.募集受付期間
 2019年7月17日 (水)~2019年8月19日 (月)
 
3.応募資格
 国内の大学、公的研究機関、あるいは企業に所属しており、本会会員資格を有する研究者で、独創的で新規性があり、かつ、将来の発展性がある研究を行っている個人あるいは研究グループ (学生会員は大学院博士課程・博士課程後期に在籍する者に限る) 。
 
4.助成金額
(1)件数   1件
(2)金額   100万円
(3)返済の義務 ありません (ただし、契約における義務に反した場合や、調査・研究内容を変更又は調査・研究を中止した場合は、助成金の返還を求めることがあります。)
 
5.助成対象期間等
 助成対象は、2019年10月1日~2020年9月30日に係る研究とします。
 (助成金の交付時期は2019年10月末頃を予定しています。全額を一括支給します。)
 
6.研究助成対象者の義務・遵守事項等
 研究助成対象者に選定された方には、次の事項を義務として課し、履行していただきます。
 
(1)研究実績の報告
  1. 研究報告書の提出(義務)
     研究助成対象期間の終了後1カ月以内 (2020年10月末まで) に「研究報告書」を作成して、理事長宛提出する。報告書には、200字程度の研究概要と助成金の内訳収支報告を記載する。
  2. 学会報告(義務)
     助成を受けた研究内容について、室内環境学会 2020年学術大会において、1件以上の発表を行うこと。
  3. 学会誌への投稿(義務)
     助成を受けた研究内容について、学会誌『室内環境』へ1報以上の原著論文を投稿すること(原則として原著論文が望ましい)。
 
(2)助成金の使途制限
  1. 助成金の使途は、調査・研究に直接必要な費用 (学会参加費、出張費、物品費、印刷費等) を原則とします。管理・間接経費や給与などの経費、水道光熱費、通信費等は助成金の使途対象外とする (但し、所属機関の制度上必要な場合は認める場合もあります) 。
    また、他の助成金との併給は支障ありません。
  2. 助成の対象となる経費は、上記に記載された対象経費のうち、助成が決定された日以降に支出した経費とします。助成金の内訳収支報告には、領収書または金融機関による振り込み明細書などの、支払いの事実を証する書類、請求明細書などの、支払いの根拠を証する書類の提出が必要です。
    証票書類は全てコピーによる提出とし、原本は5年間の保存義務があります。
 
(3)変更、異動等の届け
 次に示す事項が生じた場合には、直ちに届け出ること。
  1. 本人の氏名、住所、電子メールアドレス等の連絡手段に変更があったとき
  2. 研究助成を受けた際に所属していた研究機関・大学・企業等を辞め、新たな所属に異動したとき。
  3. 研究助成を受けた際に所属していた部署、役職を移動したとき。
  4. 学生の場合は、休学、転学、留学、留年、停学、退学などがあったとき。
  5. その他、研究の続行に支障の生じる事項が生じたとき。
 以上の義務に反した場合や、調査・研究内容を変更又は調査・研究を中止した場合は、助成金の返還を求めることがあります。
 
7.応募手続
(1)提出書類(研究助成金交付申請書)
 ホームページからダウンロードした研究助成金交付申請書を、原則としてパソコン入力により作成し、メールにてご提出ください。(手書きは不可)
 調査・研究テーマ要旨、研究の目的・計画・方法などの記入欄のスペースが不足する場合は、指定様式のスペースを必要に応じて増やして作成してください。
 研究実績の論文等、添付する書類は、すべて「A4サイズ」に統一してください。
 
 
(2)提出方法
 室内環境学会事務局宛にメールにて提出してください。
 件名は、『室内環境学会2020年度研究助成金の応募』としてください。
 
(3)提出期限
 2019年8月19日 (月曜日)
 
(4)提出先
 一般社団法人室内環境学会事務局 info@siej.org
 
8.助成対象者の選考と選考結果の通知
(1)室内環境学会の選考委員会で応募書類を総合的に審査選考のうえ決定します。
 選考の結果は、本人に書面で通知します。所属する大学若しくは研究機関の研究支援部門等を通じて提出された方には、本人のほか取扱研究支援部門宛にも書面で通知します。
 助成対象者に選定された方には、採用通知をお送りします。
 選考結果の通知は、2019年8月末頃の予定です。
 
(2) 選考の経過および決定の理由は公表しません。
 提出いただいた書類は選考結果の如何にかかわらず返却致しません。
 
9.個人情報の取扱い
 当学会がこの研究助成募集に伴い取得する個人情報は、選考業務および選考後の助成金支給等に必要な範囲に限定して使用致します。但し、研究助成対象に選定された方については、助成対象者名、所属研究機関名、研究テーマ、助成金額等の情報等につきましては、室内環境学会のホームページで開示致します。
 【 以上の個人情報の取扱に同意していただけない方は、ご応募お控えください 】
 
10.問合せ先
 本件に関する問合せは、電子メールのみ受付けさせていただきます。
  問合せメールアドレス info@siej.org
  一般社団法人室内環境学会 事務局 宛
  ホームページアドレス http://www.siej.org/
 
 
◆調査研究助成課題
 

年度

 種別

研究課題名

代表者氏名

所属

助成金額

(千円)

報告書

2016

第6回室内環境学会調査研究助成

教育施設における室内空気環境評価方法に関する研究 

井上 満

愛知県立岡崎工業高等学校

100 

-

2016

第6回室内環境学会調査研究助成

 

 地下街における浮遊微生物対策の調査および評価に関する研究

姜 允敬

 北海道大学環境システム工学専攻

100 

-

2016

 柴田科学平成28年度研究助成

 空気中のアクリルアミドの捕集方法及び定量法の検討

 松村 年郎

 日本大学理工学部

100

 -

2015

第5回室内環境学会調査研究助成

 ハウスダスト中鉛の室内汚染源と健康リスクに関する研究

吉永 淳

 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム専攻

310

pdf

2015

柴田科学2015年度研究助成

小型フィルター捕集による家庭内外でのPM2.5濃度測定および成分分析

馬場 優介

 

横浜国立大学環境情報学府環境リスクマネジメント専攻

100

 

pdf

 

2014

第4回室内環境学会調査研究助成

開放型石油暖房器具使用時の室内空気環境調査

安藤 研治

 NPO法人日本健康住宅協会

 80

pdf

2013

第3回室内環境学会調査研究助成

高校通学に利用する交通機関の室内環境中アルデヒドの実態調査および曝露量の推定

池田 絢子

八王子実践中学高等学校

100

pdf

2012

第2回室内環境学会調査研究助成

日常的に曝露する有害物質濃度と低減化策の検討-一般住宅内の二酸化窒素および一酸化炭素-

奥平 純子

千葉大学大学院工学研究科

143

pdf

2011

第1回室内環境学会調査研究助成

放射性物質による環境汚染とその対策技術に関する研究

野﨑 淳夫

東北文化学園大学

100

pdf

 
◆調査研究助成基金に関する募金
 室内環境に関わる調査研究等に対して助成する調査研究助成制度の基金を募金しております。
 
ご寄付いただいた個人・企業・団体(50音順)
  ・(法人)株式会社アイデック 様
  ・(法人)柴田科学株式会社 様