【03-09】

『貴族は労働者に関心を払うがユダヤは生命を奪う飢えで大衆を動かす』


・貴族は、人民の労働から恩恵を貰っていたから、労働者たちがよく食べ、健康で、強壮であるかどうかに関心を払っていた。

・ユダヤ人は全く反対のこと即ち劣化、非ユダヤ人から生命を奪うことに関心を寄せている。

・ユダヤ人の権力は、労働者の慢性食料不足と肉体的虚弱を必要とする。

・まさにそうしてこそ、彼はユダヤ人の意のままに従うようになり、ユダヤ人に敵対する強さも意志もなくなり、自分たちの権力を見い出せなくなる。

・王たちが正当に貴族に与えた権力よりも、さらに確実に労働者を資本の権利に従わせるのが飢えである。

・飢えが引き起こす貧困と嫉妬と憎悪によって、ユダヤ人は大衆を動かし、非ユダヤ人の手を使ってユダヤ人が行く手を阻む者すべてを掃討するであろう。

・全世界王が王冠を戴く時が至れば、同じ方法を用いて障害となるものをことごとく一掃するであろう。

Comments