【03-05】

『人民は貧困から逃れられず権利は行使できぬ虚構としてのみ存在する』


・総じて人民は、奴隷や農奴として縛り付けられていたかつての時代より更に難儀な、貧困なるがゆえの重い労働の鎖につながれている。
・非ユダヤ人は何とかしてこの束縛から逃れようとするが、この重荷を取り除けず、決して貧困から脱却できない。
・ユダヤ人が憲法に記した大衆に関する権利は虚構であり実際には使えない。いわゆる「人民の権利」は、単なる観念、実際生活では決して実現されない観念としてのみ存在する。

Comments