【03-14】

『攻撃されても支援されるユダヤは、非ユダヤ権力の弱さが存在させた』

・今日ユダヤ人は、多国家にまたがる勢力として無敵である。

・なぜなら、何者かがユダヤ人を攻撃しても、ユダヤ人は他の国家に支援される仕組みだからだ。

・非ユダヤ人民の底無しの無気力さ、且つ権力の前には腹這いになって這いつくばるが、弱者には無慈悲、他人の過失には厳しく罪悪には寛容、自由社会制度の矛盾は認めようとしないが思い切った専制者の強権に対しては殉教者のように耐える、非ユダヤ人のそれらの特徴がユダヤ人を今日に存在させた。

・ユダヤ人はこれに全く助けられたところが多い。現在の首相という専制者の下で非ユダヤ人民は悲しみ嘆くが、かつてならその何分の一かの権力乱用で、王の二十人ぐらいは打ち首にしただろう。

 

Comments