【03-10】

『大衆を階級と身分で分け、権力に服従させ国家の指示を受入れさせる』


・非ユダヤ人は、ユダヤ人の専門家たちの助言なしに物事を考えられない。

・自分で考える習慣を失い、ユダヤ王国が実現しユダヤが採択して譲歩しない施策の必要性が見えない。

・即ち、教育では、唯一単純かつ真実の知識、全知識の基礎を教えることが肝要だ。それは、人間生活の構造の知識、社会存在のあり方の知識、労働には分業が必要なので、人々は階級と身分に分けるということ。

・人間には差があり平等などなく、なんらかの行為で階級全体に悪影響を及ぼす者と、自分自身の名誉を傷つけるだけの者とは、法律の前で平等な筈はない。

・社会構造の真の知識は、身分とかけ離れた仕事をさせないようにすべきこと。

・この知識を完璧に身に付けたら、大衆は進んで権力に服従し国家に指示された仕事を受け入れる。

・大衆は印刷物を鵜呑みにし、誤りの吹き込みと自身の無知により身分に対して憎悪を燃えつのらせる。

・それは各階級に相応しい身分の意味を理解しないからだ。

Comments