【24-05】

『王が実行する政府計画を理解の為賢人長老達は試験を行う』


・断乎とした意志で自分と人類を律する王の人柄に、万人が神秘の宿命を認めるのである。
・何人も王が何を行おうとしているのかその目的がどこにあるのかを知らぬので、あえて知らぬ小路を遮ろうとする者はいない。 
・王の頭の中には実行すべき政府計画を理解するに足りる知恵が貯えられていなければならない。
・王位に就く前に、前に述べた賢人長老たちが試験を行うのは、そのためである。 
・人民が王を敬愛するのは、王が市場などで人民に意見を述べることを欠かさないからである。
・現在ではユダヤ人が両者の間に恐怖の溝を作って引き離しているが、双方を結びつける必要がこれで満たされる。
・この恐怖は、時が至るまでは、両者をユダヤ人の影響下に置くためには必要欠くべからざるものである。 

Comments