【23-01】

『大衆を服従させ贅沢品縮小個人資本の工業家を倒し酒処罰』


・人民大衆を服従に慣らすためには謙遜ということを教える必要があり、従って贅沢品の生産を縮小すべきである。
・これによって贅沢を張り合う卑しい根性から醸し出される不道徳を防止する。
・ユダヤ人は小さな親方製造業を再編成して、個人資本の工業家を倒すという狙いをもっている。
・大規模の製造業は必ずしも意識的ではないにせよ、政府に反対する考え方を大衆に植えつけるので、この処置は欠かせない。
・小さな親方たちに分割すると罷業(ストライキ)を知らなくなり、既存の秩序にしっかり結び付くようになる。
・罷業は政府にとっては大いに危険な一大問題である。
・ ユダヤ人が時の権力をわれらの手に移す時に、この手を使う。
・酩酊も法律によって禁止し、酒の力で野獣に変わる人間の尊厳性に対する罪として処罰する。
・重ねて繰り返すが、臣民は自分たちとは隔絶した強大な権力を持つ者に対してのみ、盲目的に絶対的に服従する。
・彼らは、その力強い権力こそ自分たちを襲う社会的な鞭から守ってくれる防御の剣と感じるものなのだ。
・彼らは、王に天使のような心を期待してはいない。
・彼らが王求めているのは、力、力の権化なのである。
Comments