【22-03】

『権威は秩序に至福あり人民が平伏し真の力は神に譲歩せぬ』


・ユダヤ人の権威は強力なるがゆえに栄光に満ち、支配し指導し、自分では大真理と思い込んでいるが中味は何もない無意味な言説を声高に上げる夢想家に過ぎない指導者や弁舌家の後塵を拝するのではなく正直に話す。
・ユダヤ人の権威は秩序の王冠であり、その中に人類の至福が宿っている。
・この権威の後光の前では、すべての人民が神秘のあまり平伏し、畏怖の情にとらわれるのである。
・真実の力はいかなる正義にも、神にさえも譲歩しない。
・何びともあえてこの力に近付いて極僅かな隙間たりとも毀損することはできないのである。

Comments