【22-01】

『世界支配は神の思召し。法を守る限り平和と秩序を齎す』

・これまで長々と述べてきたことをもって、私は、将来、過去、現在の秘密を注意深く明らかにしようと試みたが、残るは近い将来、洪水のように起こるであろう大いなる事件と、ユダヤ人と非ユダヤ人との関係を律する秘密計画を述べ、その財政策に入ることにしよう。
・が、この件に関しては、私が付け加えることはごく僅かである。 
・ユダヤ人の手中には、現代社会に最も威力を発揮するもの即ち?金?がある。
・ユダヤ人はものの2日間あれば、ユダヤ人は必要なだけの金を貯蔵庫から集め、耳を揃えてお見せすることができる。
・この事以上に、ユダヤ人の世界支配が神の思召しであることを証明する必要があるだろうか。
・かような富があればこそ、何世紀にもわたってユダヤ人が重ねなければならなかった悪がすべて、真実の福利を最終の最終にもたらす。万物に秩序をもたらすために役立つことが疑いもなく明らかであるだろう。
・たとえ暴力を用いたとしても、全く同じ結果となるだろう。
・ユダヤ人が引き裂かれねじ曲げられた地球に、真実の善と個人の自由をも回復する大恩人であることを、ユダヤ人は証明するだろう。
・もちろん、ユダヤ人が確立した法をきびしく遵守する限りにおいてである。
・ユダヤ人は、地上に平和と秩序をもたらすことができるであろう。
Comments