【20-19】

『ユダヤ国債無発行。公債発行権を会社に与え国家が債権者』


・ユダヤ人は貨幣の流通になんらの障碍も許さないし、1%利ものを除いては利付き国債は発行しない。
・従って、国家の力を吸い取る吸血の蛭どもに利息を払うことがない。
・利付き公債発行権はもっぱら、利益から利息を払うことが無理でない工業関係の会社に与える。
・国家は、会社のように借りた金で利益を収めるのではない。
・国家は消費のために金を借りるのであって、運用資金として借りるのではない。 
・政府もまた工業公債を買うけれども、政府の立場は現在のように配当を払う債務者ではなく、利息を受ける債権者の立場になるのである。
・この方法ならば、貨幣の流通停滞や奇生資金や遊休資金をなくせる。
・非ユダヤ人政府の借金膨張政策は、非ユダヤ人政府が独立しておりユダヤ人の支配に従う気がない期間に対してユダヤ人が採用した政策であった。
・それは、非ユダヤ人の政府に対する有効な手だてだった。
・ユダヤ人の政府に似るとそういう必要はなくなる。
Comments