【20-18】

『財政理解欠如で国は債務者。ユダヤ労力と多大出費で実現』


・非ユダヤ人の王者たちの国務に対する浅薄な態度、大臣たちの腐敗、国政を預る者たちの財政問題に対する理解の欠如が、彼らの祖国をユダヤ人の金庫に対する払い切れないほどの巨額の債務者にしてしまった。
・今日ではもはやいつまで経っても借金返済が出来ず、ユダヤ人の手から自由になり得ない有り様となった。
・この過程は、ユダヤ人の側の労力と金銭の多大な出費なしには容易にできることではなかった。 
Comments