【20-15】

『国債は国家脆弱で自己機能無理解。徴税せずユダヤへ乞う』


・国債はどんな種類であろうとも、国家が脆弱であり自らの機能を理解することすら欠如している証拠である。
・国債は支配者の頭の上にぶら下っているダモクレス(註、紀元前四世紀、シュラクサイのディオニシオス一世の臣。抜き身の剣を馬の尻尾で吊るした宴に列なり、常に身に迫る危険を教えられた)の剣のようなもので、いつも支配者の頭上にぶら下がっている。
・支配者は国民から税金を取る代わりに、ユダヤ人の銀行家に掌をさしのばして憐れみを乞うようになる。
Comments