【20-14】

『年予算は年150%10年で3倍で国庫は空。国債で国家破産』


・ユダヤ人が計画した非ユダヤ人の財政制度と原理の改革案は、誰も肝を潰さないように衣をかぶせてある。
・ユダヤ人は、非ユダヤ人がしでかした不始末によって財政に撒き散らした混乱の結果、改革が必要であることを指摘する。
・ユダヤ人が指摘する第一の不始末は、次々と起こる原因で年々膨れ上る年次予算に初めから仕込まれている。
・その予算は、上半期まではダラダラと行われ、それから補正予算を要求し、3ヶ月ぐらいかかって補正予算を作ると、もう清算予算を出さなければならない時期になって終りである。
・だが、翌年の予算は前年の総支出に基くので、経常の必要よりも年間50%にも達し、10年もたつと3倍に膨れ上る。
・非ユダヤ人政府の無頓着なやり方のお蔭で、国庫はついに空になる。
・ここで国債時代が始まるのだが、国債は国庫以外のものまで呑み込み、かくて非ユダヤ人国家全部がご破産となるのである。 
・先刻御承知であろうが、このような財政管理法はユダヤ人が非ユダヤ人に授けた方法であって、ユダヤ人の王の支配下ではこのような施策は適用してはならない。

Comments